千葉県Chiba Prefectural Government

~ 千葉県にオリンピック・パラリンピックがやってくる ~

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > NPO・ボランティア > 東京2020に向けたボランティア関連情報 > 都市ボランティア City Cast Chiba > City Cast Chibaがおくる「ボランティア活動ニュースレター」 > 【創刊号】(2021年7月16日発行)City Cast Chibaがおくる「ボランティア活動ニュースレター」

更新日:令和3(2021)年8月24日

ページ番号:451468

ここから本文です。

【創刊号】(2021年7月16日発行)City Cast Chibaがおくる「ボランティア活動ニュースレター」


 

2021年7月16日(金曜日)発行

newsletter Vol.1

創刊号PDF版(A4サイズカラー5ページ)こちらからダウンロード(PDF:1,379.2KB)

「ボランティアの視点から活動を紹介したい!」 

そんな想いから始まった今回のプロジェクト。

オリンピックが無観客開催となり、先の読めない中でスタートを切ることになるとは、誰も予測できないことでした。

先の見えない不安の中で活動を続ける東京2020オリンピック・パラリンピック都市ボランティアである「City Cast Chiba」。

そのような困難の中でも、動き出しているボランティアの姿があります。

創刊号の今号を含め、7月から10月に渡り、全5回、ボランティアの視点から現場の「生の声」をお届けします。

【1面】リモート活動で幕開け~現場に立つことができない間も、クリエイティブに東京大会を盛り上げるオリジナルな活動が進んでいます~

 

バーチャルツアー

メッタケンさんの写真バーチャルツアーの企画グループ(英語)のリーダー、メッタケンです!千葉の魅力が詰まったツアーを、国内外の外国人の方に紹介します!

Online Virtual Tours by City Cast Chiba~英語/中国語/スペイン語の様々なテーマでお届け~

  • 対象:海外のゲスト、国内在住外国人の方
  • 開催日:2021年8月4日から9月5日まで
  • 各回定員:15名
  • 申込受付:2021年7月23日から(先着順)

バーチャルツアーについての詳細はこちら(Online Virtual Tours by City Cast Chiba

広報

ゆかりんさんの写真

広報チーム編集長のゆかりんです。本ニュースレターの企画や執筆作業をしています!ボランティア目線での生の情報をお伝えしたいです!

翻訳

トミーさんの写真翻訳活動に取り組んでいるトミーです。サイトやSNSに掲載する情報などを翻訳しています。世界中の方にCity Castの活動を届けていきます!

 

グッズメッセージ作成

さっちーさんの写真さっちーです。県民の皆さんから集められた数万点の手作りの「おもてなしグッズ」。ご近所さんや家族、友人などたくさんの方々のご協力に元気をもらいながら、メッセージカードを添える活動をしています!

 

ロボット操作

ロボットの写真自宅などから遠隔でゲストをご案内&千葉の魅力紹介するロボットの操作者(パイロット)を絶賛トレーニングしています!

【2面】今やれることを!成田空港エリアで直前研修

『いよいよ本番まで3週間を切り、空港ボランティアのエリア別研修2回目(現地研修)が始まりました。』そう書く予定でしたが、残念ながら緊急事態宣言中のボランティア活動の中止が決定しました。オリンピックの多くの会場が無観客開催を決定。成田空港エリアでの活動は今後も先行き不透明の状況ではありますが、今伝えられることを伝えたいと思います。

今回のエリア別研修2回目は活動エリアや空港施設確認のため第2・3ターミナルを隅から隅まで半日かけて歩き回りました。ご案内カウンターやバスの乗降場所、多機能トイレなど切羽詰まったゲストの案内、成田アニメデッキやキャラクターショップなど余裕を持ったゲストの案内などシチュエーションを想像しながら施設をまわりました。私は空港内での仕事が多いのですが、通いなれた空港も案内されると新たな気づきがたくさんあり、改めて成田国際空港の広さを実感する半日でした。

空港での直前研修風景

City Cast ChibaではWebでの動画視聴という形で感染対策の研修も並行して行われています。知識を身につけルールを守り、少しでも感染リスクを下げる。このこともボランティア一人ひとりができるおもてなしではないでしょうか。

yamada-san

空港ボランティア以外にバーチャルツアーにもエントリーしている山田明さんに話を伺いました。山田さんは普段空港に勤務しながら空港案内ボランティアの経験も10年以上のまさに空港スペシャリスト。

「(10年以上の空港案内ボランティアの経験から)困っている人を見つける嗅覚が備わってる。その嗅覚を活かして積極的に声をかけていきたい」

そう語る山田さんからは確かに不安など微塵も感じません。ちなみに山田さんは普段から”変顔笑いヨガ”で免疫力を高めているそうです。早くマスクを外した変顔の山田さんも見てみたいですね。(執筆:きたざわ)

【3面】「ほんとにボランティア、やるの?」City Cast Chibaの感染症対策動画研修を見て、聖火ランナーインタビュー

「ほんとにボランティア、やるの?」City Cast Chibaの感染症対策動画研修

「ほんとにボランティア参加して大丈夫かな…?」コロナ禍の中で迎えることになった東京2020オリンピック・パラリンピック。「安心・安全」な大会となるようボランティアの1人1人がどのように行動していく必要があるのかE-Learningを通して学びました。動画の構成は、基本的なコロナ禍でのボランティア活動の方法や注意点、さらに各エリア別の研修など多岐にわたるもの。どのような感想が見られたのでしょうか。

  • 基本的な対策方法から実際に想像される場面ごとの対処方法など非常に細かく説明があり、漠然としていたコロナ禍でのボランティア活動について改めてかなり明確なイメージをもつことができる内容だった。
  • ボランティアが抱えているだろう不安に答える内容で活動に対する不安が少し軽減した。

改めて、コロナ禍でのボランティアの在り方を考えるきっかけとなった今回の研修。もどかしさもあるボランティア活動ではありますが、1人1人が無理をせず、何より楽しめる活動にしたいですね。「しっかり対策をして、活動に取り組む」“新しいボランティアのかたち”で、千葉、そして日本が笑顔に包まれることに期待が広がります。(執筆:琴)

感染症対策動画研修画面キャプチャ画像

感染症対策動画(画面キャプチャ)

聖火ランナー都築さんに聞きました(インタビュー前編)

都築さん(写真右)

都築則彦さん(Earth Light Project代表/NPO法人おりがみ理事長)※写真右。

千葉大学大学院生。2014年「学生団体おりがみ」設立。TOKYO2020に関連したイベントや、パラリンピック競技の普及活動を企画運営。ボランティアに夢を吹き込んでいきたいと考えている。

Q.7月3日に行われた点火セレモニーの感想は?

A.僕は炎への思い入れが強かったので、炎が付く瞬間。ずっと聖火のことを考えていたので、色々な複雑な気持ちが出てくる感じでした。今回は走れなかったけれど、これはこれで一生の思い出が残るな。と。コロナの状況でやったという、何十年も経ったらそういう思い出し方をするだろうと。「こんなことがあってね。」っていうひとつの象徴的な回だったな。と思います。

Q.炎への思い入れのある都築さん。その気持ちとは?

A.炎って、人と人を繋ぐ力があると思うんですよね。誕生日ケーキとか。花火とか。炎の

周りに人が集まることって、ずっと遥か昔から人々がやってきたことだし。オリパラもその中の一つだと思うんです。だから、炎には人の心を動かす意味合いがあるだろうなと。聖火には本当に特別な技術が使われているということを聞いていたので、これがその炎か!という思いで見ていたんです。雨の中でも消えない特殊な炎。こだわり抜かれた炎。話を戻すと、炎は人を繋ぐ力もあるし、何かを思い起こす力がある。要は、人の感情を揺さぶる力が炎にはあると思う。そこに、特別な思いを込めるという聖火リレーは、素敵な行事だな、というふうに思います。(次号につづく)

(インタビュー:ゆかりん・Toshi、執筆:ゆかりん) 

【4面】最新情報はこちらでチェック!

”Tokyo 2020 Chiba City Volunteers” 公式Twitter & Instagram

大会にまつわること、都市ボランティアの活動、バーチャルツアー情報など、楽しめる内容盛りだくさんでお送りします!多言語配信もおこなっていく予定です。

Instagram(Tokyo 2020 Chiba City Volunteers )外部サイトへのリンク

URL( https://www.instagram.com/2020chibavlntr/ )

Twitter(Tokyo 2020 Chiba City Volunteers)外部サイトへのリンク

URL( https://twitter.com/2020chibavlntr/ )
 

東京2020オリンピック・パラリンピック関連公式Facebook

Facebookでも最新情報が公開されています!

“千葉県にオリンピック・パラリンピックがやってくる!”では、「ALL CHIBAで盛り上がろう!」というモットーのもと関連情報が、“ちばボランティア情報局”では、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた千葉県内のボランティア関連情報が発信されています!

千葉県にオリンピック・パラリンピックがやってくる!外部サイトへのリンク

URL( https://www.facebook.com/chibaoripara2020/ )

ちばボランティア情報局外部サイトへのリンク

URL( https://www.facebook.com/chibavola2020/ )

東京2020オリンピック・パラリンピック関連千葉県ホームページ

千葉県内でのオリンピック・パラリンピックや関連イベントの情報を詳しく知りたい方におすすめです!

City Cast Chiba の活動はこちら外部サイトへのリンク

URL( https://www.pref.chiba.lg.jp/kkbunka/volunteer2020/ )

千葉県大会に関する情報をまとめて掲載中!外部サイトへのリンク

URL( https://www.pref.chiba.lg.jp/oripara/2020olympic.html  )

ボランティアによるブログサイト

City Cast Chibaの有志の皆さんによるブログサイトです!

“Come to Chiba Venue”では、東京オリンピック・パラリンピックの会場やその周辺、成田空港エリアに関する情報から、日本や千葉の文化・観光エリアなどが紹介されています。

”Team Nexus”では、千葉県内の観光スポットに加え、City Cast Chibaの活動に使えるお役立ち情報も紹介されています!

どちらのサイトも新たな発見ばかり!

Come to Chiba Venue外部サイトへのリンク

URL( https://www.tokyo2020chiba.com/ )

Team Nexus(チームネクサス)外部サイトへのリンク

URL( https://nexus.sp-c.co.jp/ )

【5面】ニュースレータークイズ、編集後記

ニュースレタークイズ

毎号、千葉の「ためになる」「楽しい」クイズを掲載します!

第1号の今回は、いよいよ始まる東京2020オリンピックから千葉県で行われる競技について3問出題します!(答えは次号掲載予定です。)

(第1問)千葉県で開催されるオリンピック・パラリンピックの競技は合わせていくつあるでしょうか?

  1. 5競技
  2. 8競技
  3. 15競技

千葉県の一宮町は東京2020大会で正式競技として採用された競技の会場です。その競技とは何でしょうか?

  1. スケートボード
  2. サーフィン
  3. セーリング

千葉県で行われるパラリンピック競技はどれでしょうか? 

  1. カヌー
  2. 車いすフェンシング
  3. ボッチャ

創刊号特別企画!

present

クイズに正解した人の中から抽選で、10名様にCity Cast Chibaオリジナルピンバッジをプレゼント!

  1. こちら(ちば電子申請サービス)の回答フォーム外部サイトへのリンクにアクセス(「利用者登録せずに申し込む方はこちら」のボタンをクリック)
  2. フォームに回答及び必要事項を入力して送信

※クイズ回答送信締め切りは2021年8月15日(23時59分)までとなります。

 ※当選者には8月中に千葉県都市ボランティア事務局(千葉県庁県民生活・文化課)からプレゼント発送いたします。

たくさんのご応募、お待ちしています!

編集後記

新しいことに挑戦するときの「わくわく感」と「達成感」。コロナ禍で新しい形のボランティアを模索するCity Cast Chibaの皆さんの熱意を目の当たりにし、まさにこの想いが沸き上がりました。これからも挑戦し続ける多くの人々の取り組みをお届けします。(琴)

 

 

【発行元】

千葉県環境生活部県民生活・文化課(千葉県都市ボランティア事務局)

TEL : 043-223-4147

MAIL: chibavola2020@pref.chiba.lg.jp

 

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班

電話番号:043-223-4147

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?