ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年11月12日

魅力発見!県立学校履歴一覧(令和元年度)

  • 掲載内容については、掲載日時点のものです。

魅力発見!【県立千葉大宮高等学校】令和元年11月12日

県立千葉大宮高等学校外部サイトへのリンクは、平成14年11月に県教育委員会において県立学校再編計画及び第1期プログラムが策定され、平成18年4月1日に千葉県内初の公立通信制独立校として誕生しました。全県一区制にともない、全県的に通学者がおり、在籍生徒1,036名(令和元年5月1日現在)を数え、15歳~19歳が約75%、20歳以上の成人の生徒も25%程度在籍しています。最年長の生徒は79歳(昭和14年生まれ)と年齢層も幅広く、仕事と学業を両立させながら学習を進めている生徒、妊娠・出産・育児を経験し、学業と両立させながら学ぶ生徒、不登校を経験しつつも今の自分と戦いながら学ぶ生徒等、年齢層・居住地のみならず、入学するまでの学習歴や生活環境等はさまざまです。

魅力発見!【県立小見川高等学校】令和元年11月12日

『「福祉のこころ」を育む高校~人の幸せを願うことができる生徒の育成~』『一流の進路多様校~生徒一人一人の進路希望の実現~』この2つは、県立小見川高等学校外部サイトへのリンクが目指している姿です。小見川高等学校では、生徒自身が考え、行動できる機会を大切にしています。福祉・進学・総合の3つのコースに分かれて学習し、福祉コースでは、介護職員初任者研修の修了を目指しており、千葉県高校生介護技術成果発表会にも出場しています。また、ボート部・カヌー部は毎年全国大会で入賞し、世界大会へ出場するなど部活動も盛んな学校です。

魅力発見!【県立天羽高等学校】令和元年10月8日

県立天羽高等学校外部サイトへのリンクは、創立118年目を迎える伝統校で、校訓は「真剣努力 愛汗親土」(「土に親しみ汗を流す心構えで何事にも真剣に努力しよう」という意味)です。本校は、地域連携アクティブスクールとして8年目を迎え、地域の教育力をお借りしながら、将来社会に貢献できる心身共に健康な生徒の育成を図っています。学習面では、「ステップアップ」という「学び直し」の授業を展開しています。生徒指導では、「ダメなものはダメ」といった厳しい指導と平行して、カウンセラーとソーシャルワーカーを週2日迎えて、教育相談体制の充実を図っています。また、令和2年度から「工業基礎コース」が設置され、新たな学びがスタートします

【工業基礎コースチラシ】(PDF:2,727KB)

魅力発見!【県立千葉工業高等学校(定時制課程)】令和元年10月8日

県立千葉工業高等学校(定時制課程)外部サイトへのリンクは、県内に2校ある夜間定時制工業系専門高等学校の1校です。本校では、令和2年度から機械科、電気科を工業科に再構成します。工業科では、2年次より「機械」「電気」のコースに分かれ、工業高校ならではの「ものづくりの心」と、基礎・基本となる学力を4年間かけて身に付けます。電気主任技術者の国家資格が、経済産業省による認定校に指定されているなど、数々の資格取得にも有利な学習をすることができます。作ることが好き、中学校で「技術」が好きだった、もう一度基礎から学びたい、仕事をしながら学業の両立を図りたい方々を、全力で応援する学校です。

魅力発見!【県立姉崎高等学校】令和元年9月10日

県立姉崎高等学校外部サイトへのリンクは、昭和53年4月に開校した創立42年目を迎える学校です。本校では「きめ細やかな学習指導」と「いつでも進学・就職面接に行ける姉高生」をモットーとした生徒指導に取り組んでいます。夢を語り、夢を育み、夢を実現する学習・進路指導を目指し、基礎・基本の徹底と進学に対応した補習等の充実とともに、学校斡旋就職内定率100%などの就職支援に取り組んでいます。

また、令和2年度より『ものづくりコース』を設置します。工業の科目を学び、連携企業等でインターンシップを体験し、地元企業への就職を目指します。

魅力発見!【県立犢橋高等学校】令和元年9月10日

県立犢橋高等学校外部サイトへのリンクは、今まさに旬な学校です。教育目標は『生徒一人一人を大切にし、社会の一員として生きる力を育む』です。この教育目標達成に向け、<1>基本的生活習慣の確立を図る。<2>基礎学力の充実を図る。<3>自己を大切にし、人を思いやり、人に感謝する豊かな心の育成を図る。<4>地域・家庭との連携を推進する。<5>職員研修を充実し、不祥事防止に努め、個々の教職員の授業・進路指導の能力向上を図る。以上<1>~<5>の教育を実践しています。

また、令和2年度より福祉コースを開設することで、新たに『犢橋高等学校をとりまく地域や千葉県全体の福祉教育の充実』を教育目標に加えて実践します。

魅力発見!【県立木更津東高等学校(定時制課程)】令和元年8月13日

県立木更津東高等学校は、JR木更津駅から徒歩5分程度に位置する学校です。定時制の課程は、昭和24年に設置され、男女共学・単位制の夜間定時制です。全日制と比べ、少人数ですが、一人一人が自分の個性を発揮しながら学習しています。現在、普通科と商業科があり、普通科では選択科目を多くし、生徒自身の進路や興味に合った学習ができます。また商業科では、簿記やコンピュータ関係の科目を多くし、技能習得や資格取得ができるようにしています。令和2年度から商業科が募集停止になり、新たに普通科の中に商業コースが設置されます。商業コースでは、現在、商業科で行っている技能習得や資格取得の学びを引継ぎ、簿記、情報処理といった、生徒の進路実現に役立つカリキュラムを取り入れます。

魅力発見!【県立成田北高等学校】令和元年8月13日

県立成田北高等学校外部サイトへのリンクは、令和元年で創立40年目を迎える全日制の普通高校です。成田ニュータウンの北端に位置する本校の校地からは、太古の海に堆積した貝殻などが化石として大量に出土したことから、貝殻が校章のデザインに取り入れられています。「自ら考え、行動する生徒」、「コミュニケーション力豊かな生徒」、「くじけない底力のある生徒」の育成を目指し、生徒・職員一同、学校生活を過ごしています。また、令和2年度から、普通科の中に医療コースが開設されます。成北は、創立40周年の節目の年に大きく変わります。

魅力発見!【県立市川工業高等学校(定時制課程)】令和元年7月9日

県立市川工業高等学校(定時制課程)外部サイトへのリンクは県内に2校ある夜間定時制工業系専門高等学校のうちの1校であり、社会に役立つ優秀なものづくり技術者を育成することを学校教育目標として、日々教育活動に取り組んでいます。令和2年度から「機械」「電気」「建築」の3コースからなる工業科として生まれ変わります。授業は、基礎となる「工業技術基礎」から発展的・創造的な内容の「課題研究」まで、多種多様な工業系専門科目があり、経済産業省や国土交通省の認定を受け、電気主任技術者や建築士などの国家資格取得に大変有利なカリキュラムを実施しています。定通体育大会や総合技術コンクールでは上位に入賞するなど部活動やコンクール等の活動も活発です。市工定時ではこれからも地域社会から必要とされ貢献できる人材育成を進めていきます。

魅力発見!【県立四街道北高等学校】令和元年7月9日

県立四街道北高等学校外部サイトへのリンクは、昭和60年に開設された、創立35年目を迎える全日制普通科の高校です。「求全」「協和」「自強」の校訓のもと、本校生徒は、真面目で礼儀正しく、落ち着いた雰囲気の中で、授業や学校行事、部活動に熱心に取り組んでいます。学力向上のサポート、自分探しのサポート、自分磨きのサポートに力を入れ、生徒の夢の実現を支援しています。令和2年度入学生からは、保育基礎コースが開設されます。将来保育士や幼稚園の先生を目指す生徒が素養を身に付け、夢や意欲・職業意識を育むためのコースです。

魅力発見!【県立大網高等学校】令和元年6月11日

県立大網高等学校外部サイトへのリンクは、平成20年に山武農業高校と白里高校が統合し、12年目を迎える学校です。平成30年度から、生産技術科と農業経済科を農業科、食品工業科を食品科学科に学科改編し、従来の生物工学科・普通科2クラスと合わせて、農業系学科3クラスと普通科2クラスの併置校となりました。「協調」「創造」を校訓に掲げ、明るく素直な生徒が多いです。中正農場や食品科学科棟・生物工学科棟などの施設設備を生かした農業学科ならではの実践的な学習を通して、地域社会で活躍できる生徒の育成を目指し、地域から信頼され愛される学校づくりを行っています。

魅力発見!【県立安房高等学校】令和元年6月11日

県立安房高等学校外部サイトへのリンクは、明治34年の創立以来、118年の歴史を刻んできた県下有数の伝統校です。平成20年には女子教育の拠点であった県立安房南高校と統合し、新たなスタートを切りました。「質実剛健」「文武両道」の校訓のもと、生徒は学力向上と人間力向上を目指して日々切磋琢磨しています。平成19年に進学指導重点校の指定を受け、国公立大学や難関私立大の合格に向けた進学指導に取り組んでいます。また、平成26年には県下初の教員基礎コースが設置され、平成30年度入学生からは単位制も導入されました。「認める・褒める・励ます・そして鍛える」をモットーに、生徒一人ひとりの夢の実現に向け、充実した指導を行っています。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部教育政策課高校改革推進室

電話番号:043-223-4026

ファックス番号:043-224-5499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?