サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年11月12日

魅力発見!【県立小見川高等学校】令和元年11月12日

『「福祉のこころ」を育む高校~人の幸せを願うことができる生徒の育成~』『一流の進路多様校~生徒一人一人の進路希望の実現~』この2つは、県立小見川高等学校外部サイトへのリンクが目指している姿です。小見川高等学校では、生徒自身が考え、行動できる機会を大切にしています。福祉・進学・総合の3つのコースに分かれて学習し、福祉コースでは、介護職員初任者研修の修了を目指しており、千葉県高校生介護技術成果発表会にも出場しています。また、ボート部・カヌー部は毎年全国大会で入賞し、世界大会へ出場するなど部活動も盛んな学校です。

魅力発見!【県立小見川高等学校】紹介記事

  • 掲載内容については、更新日時点のものです。

食事介助
介護実習室にて、食事の介助を行います。利用者さんは、麻痺のある方や視覚障がいのある方を想定して、状況に応じた介助を考えます。

多目的トイレでの排泄介助
多目的トイレでの排泄介助では、利用者さん本人の力を使っていただくために、できることは自分で行えるように声かけをしています。

車いすバスケ
オリパラ教育の一環として、全校で車いすバスケ講演会を実施しました。バスケットボール部と福祉コースの生徒が競技用車いすデモンストレーションを行いました。

特別支援学校の先生によるボッチャ体験
「スポーツと福祉」を学びたいという生徒の要望に応え、特別支援学校の特徴とボッチャの体験を行いました。

障がいのある方との交流
共生社会の実現に向けて、障がいのある方との交流を行いました。コミュニケーションは言葉で話すことだけではないことを知ることができます。

03_小見川_入浴介助

入浴介助
実際にお湯を張った浴槽に、入浴用リフトを使って入浴していただく方法を学びます。入浴場面のリスクとリラックス方法を考えながら支援を行います。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部教育政策課高校改革推進室

電話番号:043-223-4026

ファックス番号:043-224-5499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?