サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年9月18日

千葉県感染症情報センター

千葉県感染症情報センターとは、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」による施策として位置づけられた感染症発生動向調査により得られた情報を集計・分析するとともに、情報提供・開示するため、千葉県衛生研究所に設置されています。

週報月報報告数腸管出血性大腸菌感染症インフルエンザ感染性胃腸炎麻しん風しんリンク

週報

2019年37週(2019年9月9日~2019年9月15日)(PDF:1,525KB)

※過去の注目疾患:2015年2016年2017年2018年2019年

※過去の週報:2012年~2016年週報2017年週報2018年週報2019年週報

今週の注目疾患

侵襲性髄膜炎菌感染症

2019年第37週に侵襲性髄膜炎菌感染症の届出が1例あった。本年県内では初の事例となる。本感染症は飛沫感染する疾患である。発症すると急速に症状が悪化し死に至ることもあるため、発生時には患者に対する迅速な抗菌薬治療が重要である。衣食住を共にするような集団生活が本菌の感染伝播のリスクを高めることが知られており、家族内や保育園、幼稚園や寮生活者などの発症者が過去に報告されている。よって、呼吸器分泌物に曝露した家族および同居者、寮生活者や医療従事者などの濃厚接触者に対しても曝露後は可能な限り早期に抗菌薬の予防投薬が推奨される。曝露後予防には下表のとおりリファンピシン、シプロフロキサシンもしくはセフトリアキソンが用いられ、検討は少ないもののアジスロマイシンが第二次選択薬となる可能性がある。国内では4価の結合型ワクチン(MCV4)が接種可能であり、特に無脾症や脾臓摘出者、補体欠損症(特にC3,C5-C9の欠損)、免疫抑制患者やHIV感染者などのハイリスク者や流行地への渡航者に対して、髄膜炎菌ワクチンの接種が推奨されている。

侵襲性髄膜炎菌感染症

腸管出血性大腸菌感染症

2019年第37週に3例の腸管出血性大腸菌感染症の届出があり、2019年の累計は120例となった(下図)。第37週に届出られた3例は全て無症状病原体保有者であり、O血清群別ベロ毒素型別O157VT1VT2(1例)、O103VT1(1例)、O不明VT1(1例)であった。県では第30週~第35週にかけて発生が多い状況が続いていたが、第36週からは比較的落ち着いてきている。しかしながら依然として外気温が高く、細菌の活動が活発な時期であり、県では食中毒の予防対策を徹底するべく、2019年7月29日から食中毒警報を発令している。また台風15号の影響で被災地では停電の発生等により冷蔵庫・冷凍庫内温度が上昇し、食品に付着している菌が増殖して、食中毒の危険性が高まるため、食品の取り扱いに十分注意が必要である。また、食事や調理の前、トイレ使用後等の手洗いも重要である。流水及び石鹸を用いた手洗いができない場合には、アルコール手指消毒薬による手洗いが推奨される。手を拭く際はタオルの共用は避け、個人のタオルか可能であればペーパータオルを使用する。

腸管出血性大腸菌感染症

疾患別・保健所別5週グラフ

疾患別・保健所別5週グラフ(2019年33週~2019年37週)(PDF:202KB)

月報

2019年8月分(PDF:779KB)(2019年第36週週報に含む)

報告数

腸管出血性大腸菌感染症情報

千葉県では、2019年37週に3例の届出があった(2019年9月18日現在)。2019年の累計は120例となった。

インフルエンザ情報

2019年37週の県全体の定点当たり報告数は、2019年36週の0.83から増加し0.94となった。

感染性胃腸炎情報

2019年37週の県全体の定点当たり報告数は、2019年36週の3.01から減少し2.62となった。

麻しん情報

千葉県では、2019年37週に届出はなかった(2019年9月18日現在)。2019年の累計は24例のままである。

風しん情報

千葉県では、2019年37週に2例の届出があった(2019年9月18日現在)。2019年の累計は195例となった。

リンク

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部千葉県衛生研究所感染疫学研究室

電話番号:043-266-6723

ファックス番号:043-265-5544

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?