ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 県立病院・県内医療機関 > 千葉県がんセンター > センター紹介 > 「ここがつよい!」千葉県がんセンターの医療サービス

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月29日

医療サービスここがつよい

千葉県がんセンターが誇る施設・体制

当センターは「心と体にやさしく、希望の持てるがん医療」の基本理念のもと、最先端で高度な医療を提供します。

ダ・ヴィンチサージカルシステム

ロボット手術とは

これまでの鏡視下手術にロボットの機能を組み合わせて発展させた術式です。全てをロボットが行うわけでなく、術者がロボットの手を遠隔操作することで手術を行います。

ロボット手術装置ダヴィンチ

ロボット手術のメリットとデメリット

拡大視野で手ぶれのない手術を行うことができるため出血が少なく安全性の高い手術です。傷も小さいため術後の痛みも少なく早期の社会復帰が可能です。

費用その他

保険対象であり入院費、手術費は健康保険の適応となります。当センターでは2011年9月より2014年3月までの間に341例の患者様に行っており全国でも有数の手術件数となっております。

詳細ページへ

IMRT(強度変調放射線治療)

千葉県がんセンターはIMRTのパイオニア

前立腺がん・頭頚部がんを中心に12年以上の実績!!(年間約140例、合計1,350例)。高精度で副作用の少ない治療を提供しています。

IMRT1

患者さんの思いを大切にした安心サポート体制

経験豊富な専門スタッフがあなたに最適な医療を提供します。(放射線治療専門医、医学物理士、がん放射線療法専門看護師、放射線治療専門技師)

最新の放射線治療システムを備えています

バリアン社トゥールビーム(TrueBeam)など最新の放射線治療装置やCTを導入し、ミリ単位の安全で正確な治療を実現しています。

詳細ページへ

PET/CT

全身検索

微量の放射性薬剤を用い約20分で全身を検査し、がんの転移の有無やがんの拡がりを正確に調べることができます。

PET装置

活動評価

がん病巣に放射性薬剤がどれくらい取り込まれているか測定することで、がんの活動性の有無や悪性度が分かります。

治療効果測定に役立ちます

がんの活動性を評価することにより、治療が効いているかどうか判定し、最適な治療法を選択するのに役立ちます。

詳細ページへ

ここが強い研究所

がんを克服するため、研究は必須です。研究所は開院以来、臨床とともに新しい治療・診断・予防法の開発に取り組み、特許等成果を挙げています。

がん相談支援センター

「がんになったらまず相談!」

相談室がん相談支援センターでは、がんに関するよろずの相談をお受けしています。患者さんやご家族、どなたでもご利用いただけます。相談は無料です。

「どうしたらいいのかわからない」「誰に相談すれば良いのかわからない」「誰かに話を聞いてほしい」など、不安なお気持ちや戸惑いなど、どんなことでも構いません。私たちと話してみませんか?

 

化学療法の進歩は著しく、優れた治療を通院で受けることができます。それを可能にするため、専門的な副作用・安全管理を行っています。

がん看護専門看護師4名と8領域13名の認定看護師が活動時間を設け、組織横断的に活躍しています。

千葉県がんセンターでは、専門的かつ高度な医療を提供するため様々な医療機器を整備しています。

 

その他の診療科・部門を見る