ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月12日

手術等の待ち期間について

千葉県がんセンターを受診されて、手術の方針が決定してから手術までにお待ちいただくおおよその期間(※)です。

あくまでも基準日現在の目安ですので、諸条件により変動があることをご了承ください。
データは1ヶ月に1度更新予定です。

※手術待ち期間について

通常、手術治療が適切かどうかを判断するための検査を行った後、手術まで待機していただくことになります。
例えば、胃がんの手術の場合、他院からの紹介により当院を初めて受診されたのち約1~2週間、病状把握と手術のための検査として、上部消化管内視鏡検査、腹部超音波検査、CT検査、上部消化管造影(バリウム)検査や、胸部レントゲン、呼吸機能検査、心電図検査、下肢静脈超音波検査などを行います。
そして、治療方針決定となりますが、そこから手術までの期間が、手術等待ち期間となります。
もちろん、ご病状に応じて調整することがあります。

手術待ち期間

診療科等

対象疾患等

待ち期間※(治療方針決定~手術(あるいはその他の治療)まで

コメント

食道・胃腸外科

食道がん

手術あるいは術前化学療法・放射線治療まで2-4週間

 

胃がん

手術あるいは術前化学療法まで2-3週間

 

結腸がん・
直腸がん

手術まで2-3週間

術前治療・処置を行う場合もあります

肝胆膵外科

肝がん

手術まで2週間

術前治療・処置を行う場合もあります

胆道がん

手術まで2週間

術前治療・処置を行う場合もあります

膵臓がん

手術まで2週間

術前治療・処置を行う場合もあります

消化器内科

食道がん

治療開始まで1-2週間

癌治療の前に胃瘻造設などの処置を行ったり、放射線治療を併用する場合があります。

胃がん

治療開始まで1-2週間

内科治療の前にバイパス手術などを行う場合があります。

結腸がん・
直腸がん

治療開始まで1-2週間

内科治療の前にバイパス手術、人工肛門増設術などを行う場合があります。

膵臓癌

治療開始まで1-2週間

癌治療の前に黄疸の処置を行ったり、放射線治療を併用する場合があります。

胆管癌、
胆嚢癌

治療開始まで1-2週間

癌治療の前に黄疸の処置を行う場合があります。

肝臓癌

治療開始まで1-2週間

 

呼吸器外科

肺がん

手術治療まで1-2週間

初診から手術までは3-4週間を要します。

縦隔腫瘍

手術治療まで1-2週間

初診から手術までは3週間程度を要します。

呼吸器内科

肺がん

抗癌剤治療開始まで1-3週間

 

乳腺外科

乳がん

手術まで1-2週間

同時乳房再建の場合は2-3週間

形成外科

リンパ浮腫

手術まで2-3週間

 

乳がん(自家組織,による再建・人工乳房による再建)

手術まで2-3週間

 

婦人科

子宮頸がん

手術まで5-6週間

左記の期間は初診から検査を含めて手術開始までの期間であり、手術方針決定後からだと待ち期間は
2-3週となります。

子宮体がん

手術まで5-6週間

卵巣がん

手術まで4-5週間

良性卵巣腫瘍(腹腔鏡下手術)

随時

 

泌尿器科

前立腺がん

ロボット手術3-6週間

前立腺生検まで2週間

腎癌

腹腔鏡手術3-4週間
開腹手術3-4週間

ロボット手術(部分切除)4-6週間

 

膀胱癌

経尿道的(TUR)手術2-3週間
膀胱全摘(開腹)6-8週間

 

その他の癌

腎盂尿管癌:腹腔鏡手術4-5週間
開腹手術3-4週間

精巣癌は手術まで1週間以内で対応

脳神経外科

脳腫瘍

手術治療まで1から3週間

緊急の場合は即日に対応

頭頸科

喉頭癌・
下咽頭癌

手術、放射線治療まで4-6週間

左記の期間は初診から検査を含めて手術開始までの期間であり、手術方針決定後からだと待ち期間は
2-3週となります。

口腔癌(舌癌、歯肉がんなど)

手術まで4-6週間

甲状腺癌

手術まで4−8週間

その他の癌

手術まで4-8週間

整形外科

骨肉腫/ユーイング肉腫

治療開始まで1週間以内

検査入院は即日から数日以内です

癌の骨転移疑い

骨折や麻痺がある場合は緊急対応

検査は1-2週以内に入院、緩和治療はなるべく早く開始

軟部肉腫

手術治療までは3-4週間

検査入院は1-2週以内

内視鏡科

粘膜下層剥離術(ESD)

手術治療まで2-4週間

 

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

手術治療まで1-3週間

 

核医学診療部

甲状腺癌のヨード治療

治療開始まで4-5ヶ月