ここから本文です。

更新日:令和4(2022)年6月30日

臨床研究に関するお知らせ(オプトアウト)

千葉県がんセンター単独で行う観察研究は、関連する法令・指針に従い2022年4月から原則としてオプトインで実施しています。ただし、以下の場合で倫理審査委員会が承認した課題は、病院長がオプトアウトでの運用を許可しています。

  •  既に同意を得ている過去の研究の目的と相当の関連性がある場合
  •  社会的重要性の高い研究の場合
  • 公衆衛生の向上に特に必要がある場合
  • 学術研究機関に学術研究目的で個人データを提供する場合

以下の観察研究の対象になっているかもしれないと感じ、かつその研究への組み入れに不安を感じられる方は、以下までご連絡ください。

代表番号 043-264-5431 臨床研究事務局(医事経営課)

  • 観察研究:診療目的で集めた試料(血液などのサンプル)や情報(CT画像、カルテなど)を使って新しい医学知識を得る研究です。医学的な介入(新薬の使用など)は行いません。
  • オプトイン:文書もしくは口頭で説明を行い、患者さんからの同意を得ること。
  • オプトアウト:ホームページ等で研究の情報を公開し、研究組み入れ拒否の機会を可能な限り保障すること。

当院で胃がん治療のためニボルマブと化学療法の併用治療を受けた患者さんへ研究のお願い

研究番号 :C-03-31 CA209-6HP

課題名 :未治療進行又は再発胃がんを対象としたニボルマブ+化学療法の実臨床下における有効性と安全性に関する観察研究

未治療進行又は再発胃がんを対象としたニボルマブ+化学療法の実臨床下における有効性と安全性に関する観察研究(PDF:216.5KB)

慢性肝疾患の研究協力に関するお願い

研究番号 :R04-121 C-CUBE study

課題名 :本邦の慢性肝疾患患者の多施設共同前向き長期観察研究(C-CUBE study)

本邦の慢性肝疾患患者の多施設共同前向き長期観察研究(C-CUBE study)(PDF:174.6KB)

iPS細胞における新規合成化合物の変異型ミトコンドリアDNAを標的とした創薬開発研究への協力のお願い

研究番号 :H30-006

課題名 :iPS細胞における新規合成化合物の変異型ミトコンドリアDNAを標的とした創薬開発

iPS細胞における新規合成化合物の変異型ミトコンドリアDNAを標的とした創薬開発(PDF:162.3KB)

当センターで婦人科腫瘍に対する治療を受けた患者さんへの研究協力のお願い

研究番号 :R03-213

課題名 :千葉県がんセンター婦人科包括的観察研究

千葉県がんセンター婦人科包括的観察研究(PDF:171.6KB)

「頭頸部腫瘍の免疫解析研究」への協力のお願い

研究番号 :M04-002

課題名 :頭頸部腫瘍の免疫解析研究

頭頸部腫瘍の免疫解析研究(PDF:165.4KB)

「子宮体がんの統合的ゲノム解析による病態解明を目指した多機関共同観察研究」への協力のお願い

研究番号 :M04-001

課題名 :子宮体がんの統合的ゲノム解析による病態解明を目指した多機関共同観察研究

子宮体がんの統合的ゲノム解析による病態解明を目指した多機関共同観察研究(PDF:193.3KB)

当院にて脊椎転移性骨腫瘍の手術後にリハビリテーションを受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号 :R01-132

課題名 :脊椎転移性骨腫瘍による脊髄麻痺者の術後の運動機能と歩行予後

脊椎転移性骨腫瘍による脊髄麻痺者の術後の運動機能と歩行予後(PDF:151.4KB)

膵臓癌に対して化学療法による治療を行った患者さんへ

研究番号 :C-04-2

課題名 :局所進行膵癌に対する化学療法施行における治療効果予測AI 開発

局所進行膵癌に対する化学療法施行における治療効果予測AI 開発(PDF:147.3KB)

当センターで肝門部領域胆管癌手術を受けた患者さんへ研究協力のお願い。

研究番号 :C-04-7

課題名 :実臨床データを用いた肝門部領域胆管癌の術前ドレナージ法別の有効性と手術に及ぼす影響に関する多施設共同検討

実臨床データを用いた肝門部領域胆管癌の術前ドレナージ法別の有効性と手術に及ぼす影響に関する多施設共同検討(PDF:359.3KB)

治癒切除不能な固形悪性腫瘍における血液循環腫瘍DNAのがん関連遺伝子異常及び腸内細菌叢のプロファイリング・モニタリングの多施設共同研究(SCRUM-Japan MONSTAR-SCREEN)に対するご協力のお願い

研究番号 :R01-016 SCRUM-Japan MONSTAR-SCREEN

課題名 :治癒切除不能な固形悪性腫瘍における血液循環腫瘍DNAのがん関連遺伝子異常及び腸内細菌叢のプロファイリング・モニタリングの多施設共同研究(SCRUM-Japan MONSTER-SCREEN)

治癒切除不能な固形悪性腫瘍における血液循環腫瘍DNAのがん関連遺伝子異常及び腸内細菌叢のプロファイリング・モニタリングの多施設共同研究(SCRUM-Japan MONSTER-SCREEN)(PDF:681KB)

SCRUM-Japan疾患レジストリを活用した新薬承認審査時の治験対照群データ作成のための前向き多施設共同研究(SCRUM-JapanRegistry)に対するご協力のお願い

研究番号 :C-29-2 (SCRUM-JAPAN Registry)

課題名 :SCRUM-Japan疾患レジストリを活用した新薬承認審査時の治験対照群データ作成のための前向き多施設共同研究(SCRUM-JAPAN Registry)

SCRUM-Japan疾患レジストリを活用した新薬承認審査時の治験対照群データ作成のための前向き多施設共同研究(SCRUM-JAPAN Registry)(PDF:262.5KB)

日本多施設共同コーホート研究において他研究での調査資料および試料利用にご協力いただいた皆様へ

研究番号 :C-03-25

課題名 :多因子疾患のリスク検証に向けた別集団のジャポニカアレイ解析

多因子疾患のリスク検証に向けた別集団のジャポニカアレイ解析(PDF:196.9KB)

当センターで強度変調放射線治療を受けた患者さんへの研究協力のお願い

研究番号 :R04-105

  1. 課題名 :三次元線量計算ソフトウェアを用いたIMRT線量検証法に関する研究

三次元線量計算ソフトウェアを用いたIMRT線量検証法に関する研究(PDF:187.7KB)

メラノーマの研究協力に関するお願い

研究番号 :R01-196

課題名 :抗PD-1抗体治療に抵抗するメラノーマ病変の腫瘍細胞と浸潤リンパ球の解析

抗PD-1抗体治療に抵抗するメラノーマ病変の腫瘍細胞と浸潤リンパ球の解析(PDF:159KB)

当センターで食道癌、胃癌の化学療法を受けた患者さんへの研究協力のお願い

研究番号 :R02-233

課題名 :当センターにおける食道癌、胃癌の化学療法の治療成績

当センターにおける食道癌、胃癌の化学療法の治療成績(PDF:146.2KB)

『神経芽腫のミトコンドリア異常と予後に関する後方視的観察研究』のお知らせ

研究番号:R02-003

課題名:神経芽腫のミトコンドリア異常と予後に関する後方視的観察研究

神経芽腫のミトコンドリア異常と予後に関する後方視的観察研究(PDF:125.5KB)

当センターで治療を受けた節外性NK/T細胞リンパ腫・鼻型の患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:C-04-01

課題名:「再発・治療抵抗性の造血器悪性腫瘍患者を対象とする、Nivolumab単剤療法の安全性・有効性を検討する多施設共同第II相臨床試験」に附随するバイオマーカーの探索研究

「再発・治療抵抗性の造血器悪性腫瘍患者を対象とする、Nivolumab単剤療法の安全性・有効性を検討する多施設共同第II相臨床試験」に附随するバイオマーカーの探索研究(PDF:180.2KB)

当センターで遺伝性腫瘍が疑われ生殖細胞系列の遺伝学的検査を受けた方へ研究協力のお願い

研究番号:C-03-38 BRANCHstudy

課題名:固形がん患者及び血縁者における生殖細胞系列遺伝子変異同定の有用性を評価する観察研究(BRANCH study)

固形がん患者及び血縁者における生殖細胞系列遺伝子変異同定の有用性を評価する観察研究(BRANCH study)(PDF:350.1KB)

血清中の元素含有量を用いた新たながんスクリーニング法の開発に関する研究へのご協力のお願い

研究番号:H26-020

課題名:血清中の元素含有量を用いた新たながんスクリーニング法の開発に関する研究

血清中の元素含有量を用いた新たながんスクリーニング法の開発に関する研究(PDF:183KB)

日本多施設共同コーホート調査(J-MICC研究)千葉地区研究に基づくがんリスク解析に対するご協力のお願い

研究番号:H24-032

課題名:日本多施設共同コーホート調査(J-MICC研究)千葉地区研究に基づくがんリスク解析

日本多施設共同コーホート調査(J-MICC研究)千葉地区研究に基づくがんリスク解析(PDF:189.2KB)

日本多施設共同コーホート研究―千葉地区―に対するご協力のお願い

研究番号:H18-019

課題名:日本多施設共同コーホート研究-千葉地区-

日本多施設共同コーホート研究-千葉地区-(PDF:188.4KB)

2005年~2020年に日本多施設共同コーホート研究において他研究での調査資料および試料利用にご協力いただいた皆様へ

研究番号:R02-249

課題名:大規模ゲノムコホート連携による疾患発症や中間表現型等にかかわる遺伝的素因の解明と遺伝環境相互作用解析

大規模ゲノムコホート連携による疾患発症や中間表現型等にかかわる遺伝的素因の解明と遺伝環境相互作用解析(PDF:202.7KB)

当センターで人工肛門造設手術および人工肛門閉鎖手術を受けられた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R01-164

課題名:人工肛門造設と閉鎖に関する研究

人工肛門造設と閉鎖に関する研究(PDF:131.2KB)

当センターで胃がんの治療を受けられた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R01-163

課題名:胃がん集学的治療の研究

胃がん集学的治療の研究(PDF:131.9KB)

2000年1月1日~2021年5月31日までに当センターで胃がんの外科手術を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:H29-228

課題名:胃がん手術術式と手術成績に関する研究

胃がん手術術式と手術成績に関する研究(PDF:127.5KB)

2000年1月1日~2021年5月31日までに当センターで大腸がんの治療を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:H29-227

課題名:大腸がんの集学的治療に関する研究

大腸がんの集学的治療に関する研究(PDF:129.5KB)

2000年1月1日~2021年5月31日までに当センターで大腸がんの外科手術を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:H29-226

課題名:大腸がんの手術術式における研究

大腸がんの手術術式における研究(PDF:127.4KB)

2013年1月から2020年12月に当センターにて未分化型早期癌に対する内視鏡治療または外科的切除を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:C-03-33

課題名:未分化型早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術の更なる適応拡大に関する多機関共同遡及的観察研究

未分化型早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術の更なる適応拡大に関する多機関共同遡及的観察研究(PDF:431.8KB)

当センターで乳房血管肉腫の治療を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R03-178

課題名:乳房血管肉腫の分子病理学的検索を目的とした多施設共同研究

乳房血管肉腫の分子病理学的検索を目的とした多施設共同研究(PDF:162.6KB)

2012年 4月 1日から 2020年 12月 31日に上部消化管内視鏡検査を受け、胃の組織診断で腫瘍か非腫瘍性かの判断が困難とされた患者さんへの研究に対するご協力のお願い

研究番号:R01-172

課題名:胃Group2病変に対する検討

胃Group2病変に対する検討(PDF:121.1KB)

当院で胃がんの治療においてニボルマブまたはイリノテカンを受けられた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R01-131

課題名:胃癌三次治療におけるNivolumabとIrinotecanの臨床成績比較を目的とした多施設後方視的研究

胃癌三次治療におけるNivolumabとIrinotecanの臨床成績比較を目的とした多施設後方視的研究(PDF:600.5KB)

消化管がんの手術を受けた75歳以上の患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R03-013

課題名:全身麻酔手術高齢消化管がん患者の術前準備への取り組み状況に関する調査

全身麻酔手術高齢消化管がん患者の術前準備への取り組み状況に関する調査(PDF:617.8KB)

切除不能消化器・原発不明神経内分泌腫瘍グレード3と診断され、2011年1月1日から2019年12月31日の間に薬物療法を実施した患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R02-231 JOSC-2001

課題名:切除不能消化器 ・ 原発不明 NET G3に対する薬物療法の治療成績に関する多施設共同後ろ向き観察研究(JOSC-2001)

切除不能消化器 ・ 原発不明 NET G3に対する薬物療法の治療成績に関する多施設共同後ろ向き観察研究(JOSC-2001)(PDF:178.5KB)

膵癌に対する根治切除後にS-1による術後補助療法を開始し、その内服中または内服終了後6ヵ月以内に再発を認め、2013年12月20日から2018年12月31日の間に再発後の初回治療としてFOLFIRINOX(フルオロウラシル、ロイコボリン、イリノテカン、オキサリプラチン)療法またはgemcitabine+nab-paclitaxel(ゲムシタビン+ナブパクリタキセル)療法を開始した患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R02-115

課題名:S-1術後補助療法中または終了後6ヵ月以内の再発膵癌に対するFOLFIRINOX療法またはgemcitabine+nab-paclitaxel療法の多施設共同後ろ向き観察研究

S-1術後補助療法中または終了後6ヵ月以内の再発膵癌に対するFOLFIRINOX 療法またはgemcitabine+nab-paclitaxel療法の多施設共同後ろ向き観察研究(PDF:198.5KB)

日本多施設共同コホート調査(J-MICC研究)にご協力いただいた皆様へ、膵臓がんの診断マーカー探索に対する研究協力のお願い

研究番号:R03-214

課題名:セルフリーDNA解析による膵臓がん超早期診断に関する開発研究

セルフリーDNA解析による膵臓がん超早期診断に関する開発研究(PDF:387.9KB)

プラチナ製剤を含む1次治療を受け、2015年3月~2022年6月までの間に2次治療を受けた胃・大腸原発神経内分泌癌の患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:WJOG13420G

課題名:WJOG13420G:プラチナ製剤不応・不耐の消化管原発神経内分泌癌に対するラムシルマブ併用療法の多施設共同後ろ向き観察研究

WJOG13420G:プラチナ製剤不応・不耐の消化管原発神経内分泌癌に対するラムシルマブ併用療法の多施設共同後ろ向き観察研究(PDF:119.6KB)

「悪性腫瘍のゲノム・エピゲノム解析による病態解明」研究について

研究番号:R03-209

課題名:悪性腫瘍のゲノム・エピゲノム解析による病態解明

悪性腫瘍のゲノム・エピゲノム解析による病態解明(PDF:362.8KB)

ミトコンドリア病の生化学診断、責任遺伝子解析、病態解明、患者レジストリと治療法の開発に関する研究

研究番号:C-03-24

課題名:ミトコンドリア病の生化学診断、責任遺伝子解析、病態解明、患者レジストリと治療法の開発に関する研究

ミトコンドリア病の生化学診断、責任遺伝子解析、病態解明、患者レジストリと治療法の開発に関する研究(PDF:189.3KB)

「患者由来腫瘍異種移植を用いた悪性腫瘍のゲノム・エピゲノム解析による病態解明」研究について

研究番号:R03-208

課題名:患者由来腫瘍異種移植を用いた悪性腫瘍のゲノム・エピゲノム解析による病態解明

患者由来腫瘍異種移植を用いた悪性腫瘍のゲノム・エピゲノム解析による病態解明(PDF:262.6KB)

「脳脊髄腫瘍のバイオマーカーの探索と標的治療開発に向けた遺伝子解析及びヒト由来脳脊髄腫瘍細胞株を用いた前臨床研究」に対するご協力のお願い

研究番号:R03-207

課題名:脳脊髄腫瘍のバイオマーカーの探索と標的治療開発に向けた遺伝子解析及びヒト由来脳脊髄腫瘍細胞株を用いた前臨床研究

脳脊髄腫瘍のバイオマーカーの探索と標的治療開発に向けた遺伝子解析及びヒト由来脳脊髄腫瘍細胞株を用いた前臨床研究(PDF:703.3KB)

当センター肝胆膵外科で検査や治療を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R03-198

課題名:千葉県がんセンター肝胆膵外科包括的観察研究

千葉県がんセンター肝胆膵外科包括的観察研究(PDF:176.6KB)

当センターで術前診断未確定の肺結節に対する手術を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R03-194

課題名:病理学的診断未確定肺結節手術例における、診断予測・予後因子マーカーの探索

病理学的診断未確定肺結節手術例における、診断予測・予後因子マーカーの探索(PDF:413.8KB)

1972年11月~2021年10月に当センターにて「骨軟部肉腫」と診断され、手術、化学療法および放射線治療を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R03-177

課題名:骨軟部肉腫患者における手術および集学的治療前後での身体機能・QOLの評価

骨軟部肉腫患者における手術および集学的治療前後での身体機能・QOLの評価(PDF:131.6KB)

当センターで肺癌の手術を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R03-106

課題名:原発性肺癌手術症例の予後因子についての研究

原発性肺癌手術症例の予後因子についての研究(PDF:418.3KB)

当センターで転移性肺腫瘍の手術を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R03-105

課題名:転移性肺腫瘍手術症例の予後因子についての研究

転移性肺腫瘍手術症例の予後因子についての研究(PDF:417.2KB)

当センターで縦隔腫瘍・胸膜腫瘍・胸壁腫瘍の手術を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R03-104

課題名:縦隔・胸膜/胸壁腫瘍手術症例の予後因子についての研究

縦隔・胸膜/胸壁腫瘍手術症例の予後因子についての研究(PDF:434.2KB)

生体試料からの遺伝子発現プロファイルを用いた食道がんサブタイプ分類と治療効果との関連に関する臨床評価試験に参加いただいた患者さんへ、外科治療研究のお願い

研究番号:iACT-14010付外科

課題名:生体試料からの遺伝子発現プロファイルを用いた食道がんサブタイプ分類と治療効果との関連に関する臨床評価試験 付随研究 ~外科治療成績との関連についての解析~

生体試料からの遺伝子発現プロファイルを用いた食道がんサブタイプ分類と治療効果との関連に関する臨床評価試験 付随研究 ~外科治療成績との関連についての解析~(PDF:145.3KB)

生体試料からの遺伝子発現プロファイルを用いた食道がんサブタイプ分類と治療効果との関連に関する臨床評価試験に参加いただいた患者さんへ、統合解析研究のお願い

研究番号:iACT-14010付統合

課題名:生体試料からの遺伝子発現プロファイルを用いた食道がんサブタイプ分類と治療効果との関連に関する臨床評価試験 付随研究 ~先行研究とSUCCESS試験との統合解析~

生体試料からの遺伝子発現プロファイルを用いた食道がんサブタイプ分類と治療効果との関連に関する臨床評価試験 付随研究 ~先行研究とSUCCESS試験との統合解析~(PDF:116KB)

生体試料からの遺伝子発現プロファイルを用いた食道がんサブタイプ分類と治療効果との関連に関する臨床評価試験に参加いただいた患者さんへ

研究番号:iACT-14010

課題名:生体試料からの遺伝子発現プロファイルを用いた食道がんサブタイプ分類と治療効果との関連に関する臨床評価試験 付随研究 ~先行研究とSUCCESS試験との統合解析~

生体試料からの遺伝子発現プロファイルを用いた食道がんサブタイプ分類と治療効果との関連に関する臨床評価試験 付随研究 ~先行研究とSUCCESS試験との統合解析~(PDF:138.5KB)

神経芽腫の血中の元素含有量を用いた診断技術開発に関する研究へのご協力へのお願い

研究番号:R02-177

課題名:神経芽腫における血中の微量元素測定によるリスク診断技術の開発

神経芽腫における血中の微量元素測定によるリスク診断技術の開発(PDF:159.5KB)

食道癌に対して化学放射線療法を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:JCOG2106A

課題名:JCOG2106A:食道癌に対して化学放射線療法を受けた患者の経過観察において腫瘍マーカー測定の有用性を探索的に評価する統合解析研[JCOG0502:臨床病期I(clinical-T1N0M0)食道癌に対する食道切除術と化学放射線療法同時併用療法(CDDP+5FU+RT)のランダム化比較試験・JCOG0909:臨床病期II/III(T4を除く)食道癌に対する根治的化学放射線療法+/- 救済治療の検証的非ランダム化試験 の附随研究]

JCOG2106A:食道癌に対して化学放射線療法を受けた患者の経過観察において腫瘍マーカー測定の有用性を探索的に評価する統合解析研[JCOG0502:臨床病期I(clinical-T1N0M0)食道癌に対する食道切除術と化学放射線療法同時併用療法(CDDP+5FU+RT)のランダム化比較試験・JCOG0909:臨床病期II/III(T4を除く)食道癌に対する根治的化学放射線療法+/- 救済治療の検証的非ランダム化試験 の附随研究](PDF:217KB)

 

2006年1月1日から2015年12月31日までに食道癌の内視鏡的切除術を受け、その病理所見結果に基づいて追加治療(外科切除術、化学放射線療法)を行った患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:C-03-10

課題名:食道扁平上皮癌の内視鏡的切除後非治癒症例に対する追加外科手術と追加化学放射線療法の長期予後に関する多施設共同後ろ向き観察研究

食道扁平上皮癌の内視鏡的切除後非治癒症例に対する追加外科手術と追加化学放射線療法の長期予後に関する多施設共同後ろ向き観察研究(PDF:656.7KB)

消化器がんをはじめとした固形がん患者さんにおける血中にあるがん細胞由来の遺伝子を解析する研究へご協力のお願い

研究番号:H29-222(GOZILA_Study)

課題名:結腸・直腸癌を含む消化器・腹部悪性腫瘍患者を対象としたリキッドバイオプシーに関する研究

結腸・直腸癌を含む消化器・腹部悪性腫瘍患者を対象としたリキッドバイオプシーに関する研究(PDF:120.5KB)

当センターでゾーフィゴによる治療を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号 :R03-167

課題名 :骨転移を有する去勢抵抗性前立腺癌患者を対象とした塩化ラジウム(223Ra)治療におけるイメージングバイオマーカーとしての骨シンチグラフィBSIの有効性評価-国内多施設共同研究

骨転移を有する去勢抵抗性前立腺癌患者を対象とした塩化ラジウム(223Ra)治療におけるイメージングバイオマーカーとしての骨シンチグラフィBSIの有効性評価-国内多施設共同研究(PDF:317.4KB)

JCOG1919E医師主導治験に参加され、「アテゾリズマブの効果予測因子及び有害事象に関する探索的研究」に同意された乳癌患者さんへ

研究番号 :JCOG1919EA1

課題名 :JCOG1919EA1: アテゾリズマブの効果予測因子および有害事象に関する探索的研究[ホルモン受容体陽性HER2 陰性進行再発乳癌に対するパクリタキセル+ベバシズマブ+アテゾリズマブのランダム化比較第III相医師主導治験(JCOG1919E)の附随研究 ]

JCOG1919EA1: アテゾリズマブの効果予測因子および有害事象に関する探索的研究[ホルモン受容体陽性HER2 陰性進行再発乳癌に対するパクリタキセル+ベバシズマブ+アテゾリズマブのランダム化比較第III相医師主導治験(JCOG1919E)の附随研究 ](PDF:191KB)

当センターでがん薬物療法を受けた後に予定外入院した患者さんへ研究協力のお願い

研究番号 :R03-164

課題名 :がん薬物療法中に生じた重篤な有害事象(Serious Adverse Event;SAE)の後方視的解析

がん薬物療法中に生じた重篤な有害事象(Serious Adverse Event;SAE)の後方視的解析(PDF:155.9KB)

2019年4月から2019年6月に当センターでがんと診断された患者さんへがん関連血栓症に関する研究協力のお願い

研究番号 :R03-157

課題名 :日本人におけるがん関連静脈血栓症に関連する因子を探索する多施設共同臨床試験

日本人におけるがん関連静脈血栓症に関連する因子を探索する多施設共同臨床試験(PDF:159.1KB)

当センターで2000年1月以降に膵癌に対し手術を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号 :R03-156

課題名 :膵臓癌手術症例の予後因子についての研究

膵臓癌手術症例の予後因子についての研究(PDF:96.5KB)

当センターで過去に進行・再発食道癌に対する2次治療のニボルマブ治験に参加された方へ研究協力のお願い

研究番号 :R1036-NIV-10

課題名 :日本人進行・再発食道癌患者を対象とした、ニボルマブ治療中止後のタキサン系薬剤治療の有効性、安全性に関する後ろ向き観察研究(AFTER NIVO ESO study)

日本人進行・再発食道癌患者を対象とした、ニボルマブ治療中止後のタキサン系薬剤治療の有効性、安全性に関する後ろ向き観察研究(AFTER NIVO ESO study)(PDF:224.4KB)

当センターで2016年4月以降に膵癌に対し抗がん剤、放射線治療を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号 :R03-151

課題名 :ハイパーサーミア導入による膵癌の治療効果の検討

ハイパーサーミア導入による膵癌の治療効果の検討(PDF:125.8KB)

2017年2月~2017年6月に当センターで非小細胞肺癌に対するキイトルーダによる治療を開始された患者さんへの研究に対する協力のお願い

研究番号 :R02-155

課題名 :免疫チェックポイント阻害療法を受けた非小細胞肺癌患者の観察研究

免疫チェックポイント阻害療法を受けた非小細胞肺癌患者の観察研究(PDF:164.7KB)

当センターで幽門側胃切除に膵体尾部切除術を受けた患者さんへの研究協力のお願い

研究番号 :R03-127

課題名 :幽門側胃切除後の尾側膵切除の安全性に関する検討

幽門側胃切除後の尾側膵切除の安全性に関する検討(PDF:509.1KB)

悪性胸膜中皮腫に対してプラチナ製剤(シスプラチン、カルボプラチン)+アリムタの投与を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号 :R03-115

課題名 :切除不能悪性胸膜中皮腫に対するニボルマブの有効性に関する多施設後方視観察研究

切除不能悪性胸膜中皮腫に対するニボルマブの有効性に関する多施設後方視観察研究(PDF:168.9KB)

1999年から2020年に当院にて肺癌や胸腺腫などの胸部腫瘍と診断治療を受けた方へ研究協力のお願い

研究番号 :R03-120

課題名 :胸部腫瘍の免疫解析研究

胸部腫瘍の免疫解析研究(PDF:158.9KB)

日本多施設共同コーホート研究ー千葉地区ーの研究にご参加いただいている方へのご協力のお願い

研究番号 :R02-256

課題名 :血漿タンパク質多項目測定による健常者のがんリスク予測モデルの日本人検体による評価

血漿タンパク質多項目測定による健常者のがんリスク予測モデルの日本人検体による評価(PDF:189.6KB)

遺伝子パネルの研究に対するご協力のお願い

研究番号 :R03-117

課題名 :遺伝子パネル検査を用いた悪性脳腫瘍治療の実態把握

遺伝子パネル検査を用いた悪性脳腫瘍治療の実態把握(PDF:119.8KB)

2007年1月~2020年9月に当センターで「大腿骨転移性骨腫瘍」と診断され手術を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号 :R03-116

課題名 :大腿骨近位部転移性骨腫瘍の手術成績

大腿骨近位部転移性骨腫瘍の手術成績(PDF:126KB)

「膵がん切除後の補助化学療法における塩酸ゲムシタビン療法とS-1(エスワン)療法の第III相比較試験(JASPAC 01)」に参加いただいた方へ研究協力のお願い

研究番号 :H27-J135

課題名 :膵がん切除例における補助化学療法の効果予測因子および予後予測因子に関する研究

[「膵がん切除後の補助化学療法における塩酸ゲムシタビン療法とS-1療法の第III相比較試験(JASPAC 01)」の付随研究]

膵がん切除例における補助化学療法の効果予測因子および予後予測因子に関する研究 [「膵がん切除後の補助化学療法における塩酸ゲムシタビン療法とS-1療法の第III相比較試験(JASPAC 01)」の付随研究](PDF:210.8KB)

悪性腫瘍を有する患者を対象とした免疫モニタリング研究(R01-021)の不随研究としての腫瘍浸潤リンパ球を用いた薬剤の最適化研究へのご協力のお願い

研究番号 :R01-229

課題名 :腫瘍浸潤リンパ球を用いた薬剤の最適化研究

[悪性腫瘍を有する患者を対象とした免疫モニタリング研究(R01-021)の付随研究1]

腫瘍浸潤リンパ球を用いた薬剤の最適化研究  [悪性腫瘍を有する患者を対象とした免疫モニタリング研究(R01-021)の付随研究1](PDF:216.5KB)

当センターで子宮癌からの転移性肺腫瘍に対する手術を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号 :R3-103

課題名 :子宮癌による転移性肺腫瘍の組織学的特徴が生存率に与える影響の究明

子宮癌による転移性肺腫瘍の組織学的特徴が生存率に与える影響の究明(PDF:617.8KB)

2013年から2014年までに当センターでJCOG1302A「ステージIII胃癌に対する術前診断の妥当性についての研究」に参加して治療を受けられた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号 :JCOG1302A2

課題名 :JCOG1302A2:進行胃癌に対する術前病期診断による予後予測能についての附随研究

JCOG1302A2:進行胃癌に対する術前病期診断による予後予測能についての附随研究(PDF:160.4KB)

2018年1月~2019年12月に当院にて食道がんの手術を受け、術後に腸瘻管理指導を受けられた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号 :R02-248

課題名 :食道がんの手術を受ける患者に対する術前からの腸瘻管理指導の現状と課題

食道がんの手術を受ける患者に対する術前からの腸瘻管理指導の現状と課題(PDF:205.7KB)

レセプト等を用いた脳神経外科疾患診療の疫学調査に対するご協力のお願い

研究番号 :H28-J162

課題名 :レセプト等情報を用いた脳卒中・脳神経外科医療疫学調査

                                        J-ASPECT study (Nationwide survey of Acute Stroke care capacity

                                        for Proper dEsignation of Comprehensive stroke CenTer in Japan)

レセプト等情報を用いた脳卒中・脳神経外科医療疫学調査(PDF:164KB)

婦人科腫瘍に関する製薬企業との共同研究へのご協力のお願い

研究番号 :R02-018

課題名 :患者由来婦人科腫瘍オルガノイドを用いた革新的評価系による創薬開発の推進

患者由来婦人科腫瘍オルガノイドを用いた革新的評価系による創薬開発の推進(PDF:241.7KB)

高悪性度非円形細胞肉腫における予後因子および補助化学療法の 治療効果予測因子となる遺伝子変異の探索的研究に 対するご協力のお願い

研究番号 :JCOG1306A1

課題名 :JCOG1306:高悪性度非円形細胞肉腫に対するadriamycin, ifosfamideによる 補助化学療法とgemcitabine,docetaxelによる補助化学療法とのランダム化 第II/III相試験」の附随研究

JCOG1306A1:高悪性度非円形細胞肉腫における予後因子および補助化学療法の 治療効果予測因子となる遺伝子変異の探索的研究

JCOG1306A1:高悪性度非円形細胞肉腫における予後因子および補助化学療法の 治療効果予測因子となる遺伝子変異の探索的研究(PDF:166.6KB)

化学療法を施行した進行胃癌におけるバイオマーカーに関する研究に対するご協力のお願い

研究番号 :JCOG1013A1

課題名 :JCOG1013:切除不能進行・再発胃癌を対象としたS-1/シスプラチン併用(CS)療法とドセタキセル/シスプラチン/S-1併用(DCS)療法のランダム化第III相試験の附随研究

 JCOG1013A1:化学療法を施行した進行胃癌におけるバイオマーカーに関する研究

JCOG1013A1:化学療法を施行した進行胃癌におけるバイオマーカーに関する研究(PDF:167.6KB)

2008年以降に当センターで胃粘膜下層剥離術(胃ESD)を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R01-219

課題名 :胃ESD後の再発率についての検討

胃ESD後の再発率についての検討(PDF:120.3KB)

2010年1月~2019年12月に当センターで髄膜癌腫症を伴う非小細胞肺癌と診断された患者さんへ研究協力のお願い

研究番号 :NEJ049

課題名 :髄膜癌腫症を伴う非小細胞肺癌患者に対する全脳照射 と 免疫チェックポイント阻害剤 の有効性を検討する多施設共同後ろ向き観察研究 NEJ049試験

髄膜癌腫症を伴う非小細胞肺癌患者に対する全脳照射 と 免疫チェックポイント阻害剤 の有効性を検討する多施設共同後ろ向き観察研究 NEJ049試験(PDF:182KB)

孤発性線維性腫瘍に関する多施設共同研究 について

研究番号:H30-164 HOPES012

課題名:HOPES012「孤発性線維性腫瘍に関する多施設共同研究」

HOPES012「孤発性線維性腫瘍に関する多施設共同研究」(PDF:140.6KB)

当センターでイブランスの国内第2相試験に参加された患者さんとそのご家族へ研究協力のお願い

研究番号:R02-013

課題名:HR陽性/HER2陰性進行乳癌の日本人患者を対象にパルボシクリブとレトロゾールを併用投与した際の全生存期間を評価する,後向き,多施設共同,観察研究

HR陽性/HER2陰性進行乳癌の日本人患者を対象にパルボシクリブとレトロゾールを併用投与した際の全生存期間を評価する、後向き、多施設共同、観察研究(PDF:327.9KB)

当センターで胃癌を対象とした化学療法の臨床試験(JCOG1013)に参加された患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R02-218

課題名:切除不能進行・再発胃癌を対象としたS-1/シスプラチン併用(CS)療法とドセタキセル/シスプラチン/S-1併用(DCS)療法のランダム化第III相試験予後因子解析に関する附随研究

切除不能進行・再発胃癌を対象としたS-1/シスプラチン併用(CS)療法とドセタキセル/シスプラチン/S-1併用(DCS)療法のランダム化第III相試験予後因子解析に関する附随研究(PDF:215.8KB)

食道がんのオプジーボ治療で免疫モニタリング研究に参加された方へ付随研究ご協力のお願い

研究番号:R02-162

課題名:悪性腫瘍を有する患者を対象とした免疫モニタリング研究(R01-021)の付随研究2

             食道がんにおける抗PD-1抗体使用後の腫瘍微小環境免疫状態と抗がん剤治療効果の関係解明

悪性腫瘍を有する患者を対象とした免疫モニタリング研究(R01-021)の付随研究2  食道がんにおける抗PD-1抗体使用後の腫瘍微小環境免疫状態と抗がん剤治療効果の関係解明(PDF:198.8KB)

膵管内粘液産生腫瘍・および膵がんにおける網羅的ゲノム・遺伝子解析によるバイオマーカー探索に関する研究への協力のお願い

研究番号:26-63

課題名:膵管内粘液産生腫瘍・および膵がんにおける網羅的ゲノム・遺伝子解析によるバイオマーカー探索に関する研究

膵管内粘液産生腫瘍・および膵がんにおける網羅的ゲノム・遺伝子解析によるバイオマーカー探索に関する研究(PDF:140KB)

肝胆膵腫瘍におけるゲノム変化と臨床因子に関する観察研究への協力のお願い

研究番号:R01-018

課題名:肝胆膵腫瘍におけるゲノム変化と臨床因子に関する観察研究

肝胆膵腫瘍におけるゲノム変化と臨床因子に関する観察研究(PDF:152KB)

進行膵がん・膵神経内分泌腫瘍における網羅的ゲノム・遺伝子解析による個別化治療法の確立に関する研究にご同意を頂いた患者さんへの研究協力のお願い

研究番号:H27-J093

課題名:進行膵がん・膵神経内分泌腫瘍における網羅的ゲノム・遺伝子解析による個別化治療法の確立に関する研究

進行膵がん・膵神経内分泌腫瘍における網羅的ゲノム・遺伝子解析による個別化治療法の確立に関する研究(PDF:137KB)

QST病院で膵がんの治療を受けた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R02-186

課題名:リキッドバイオプシーによるがんゲノム解析基盤の検討

リキッドバイオプシーによるがんゲノム解析基盤の検討(PDF:441KB)

脳腫瘍の免疫解析研究へのご協力のお願い

研究番号:R02-163

課題名:脳腫瘍の免疫解析研究

脳腫瘍の免疫解析研究(PDF:139KB)

胆道腫瘍における3次元培養に関する研究へのご協力のお願い

研究番号:H28-008

課題名:胆道がん検体を用いた3次元培養法およびゲノム・遺伝子解析に関する研究

胆道がん検体を用いた3次元培養法およびゲノム・遺伝子解析に関する研究(PDF:474KB)

膵腫瘍における3次元培養に関する研究へのご協力のお願い

研究番号:H27-J120

課題名:超音波内視鏡下穿刺吸引法等で得られた膵腫瘍検体の3次元培養および、抗がん剤感受性試験に関する検討

超音波内視鏡下穿刺吸引法等で得られた膵腫瘍検体の3次元培養および、抗がん剤感受性試験に関する検討(PDF:155KB)

低悪性度神経膠腫の病態把握に対するご協力のお願い

研究番号:R02-148

課題名:低悪性度神経膠腫の病態把握

低悪性度神経膠腫の病態把握(PDF:125KB)

神経膠腫患者におけるMSIスクリーニング検査の確立に関する研究協力のお願い

研究番号:R01-227

課題名:神経膠腫患者におけるMSIスクリーニング検査の確立

神経膠腫患者におけるMSIスクリーニング検査の確立(PDF:148KB)

当センターで膵癌の外科的切除を受けた患者さんへの研究協力のお願い

研究番号:R02-134

課題名:ピロールイミダゾール含有ポリアミドによる膵癌患者血液由来のKRAS変異アレル濃縮法の検討

ピロールイミダゾール含有ポリアミドによる膵癌患者血液由来のKRAS変異アレル濃縮法の検討(PDF:140KB)

当センターで脳腫瘍の診断・治療を受けられた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:H30-230

課題名:脳腫瘍の画像診断に関する研究

脳腫瘍の画像診断に関する研究(PDF:119KB)

当センターで髄膜癌腫症の診断・治療を受けられた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:H29-246

課題名:髄膜癌腫症に関する研究

髄膜癌腫症に関する研究(PDF:123KB)

千葉県がんセンターにおいて遺伝子パネル検査を受けた患者さんへの研究協力のお願い

研究番号:R01-208

課題名:千葉県がんセンターにおけるがんゲノム医療の実際

千葉県がんセンターにおけるがんゲノム医療の実際(PDF:91KB)

高齢者Stage III大腸癌に対する術後補助化学療法の現状調査の研究に対するご協力のお願い

研究番号:R01-211

課題名:高齢者Stage III大腸癌に対する術後補助化学療法の現状調査

高齢者Stage III大腸癌に対する術後補助化学療法の現状調査(PDF:585KB)

食道癌の手術を受けられた患者さんへ:周術期管理を含む集学的治療の成績向上を目的とした研究へのご協力のお願い

研究番号:H29-262

課題名:食道がんの周術期管理を含む集学的治療の成績向上を目指した研究

食道がんの周術期管理を含む集学的治療の成績向上を目指した研究(PDF:133KB)

入院中の脳腫瘍患者さんにおける不眠の状況、睡眠剤の使用状況の調査に対するご協力のお願い

研究番号:H30-102

課題名:入院中の脳腫瘍患者における不眠状況および睡眠剤使用状況の後方視的実態調査

入院中の脳腫瘍患者における不眠状況および睡眠剤使用状況の後方視的実態調査(PDF:165KB)

難治性消化器癌を対象とした治療効果予測、予後予測のためのRadiogenomics理論の創出への研究協力のお願い

研究番号:H29-006

課題名:難治性消化器癌を対象とした治療効果予測、予後予測のためのRadiogenomics理論の創出

難治性消化器癌を対象とした治療効果予測、予後予測のためのRadiogenomics理論の創出(PDF:337KB)

フッ化ピリミジンとプラチナ系薬剤に不応不耐進行胃癌患者に対するパクリタキセル+ラムシルマブ+ニボルマブ併用療法の第I/II相多施設共同試験(付随研究)に同意いただいた患者さんへのご協力のお願い(治験)

整理番号:2817

課題名:フッ化ピリミジンとプラチナ系薬剤に不応不耐進行胃癌患者に対するパクリタキセル+ラムシルマブ+ニボルマブ併用療法の第I/II相多施設共同試験(付随研究)

フッ化ピリミジンとプラチナ系薬剤に不応不耐進行胃癌患者に対するパクリタキセル+ラムシルマブ+ニボルマブ併用療法の第I/II相多施設共同試験(付随研究)(PDF:219KB)

当院で胃がんの治療においてニボルマブを受けられた患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:H31-104

課題名:切除不能進行・再発胃癌に対するNivolumab単剤療法におけるHyperprogressive disease(HPD)の後方視的検討

切除不能進行・再発胃癌に対するNivolumab単剤療法におけるHyperprogressive disease(HPD)の後方視的検討(PDF:164KB)

2014年1月~2019年3月に当センター遺伝子診断部遺伝子診療科外来で「家族性・若年性のがん及び遺伝性腫瘍に関する診断と研究」にご同意頂いた方への研究期間延長のお知らせ

研究番号:H28-024

課題名:家族性・若年性のがん及び遺伝性腫瘍に関する診断と研究

家族性・若年性のがん及び遺伝性腫瘍に関する診断と研究(PDF:132KB)

当センターで免疫チェックポイント阻害剤を用いた治療を受けられた、脳転移を有する肺癌の患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:R01-113

課題名:脳転移を有する肺癌患者に対する免疫チェックポイント阻害剤治療の有効性と安全性に関する研究

脳転移を有する肺癌患者に対する免疫チェックポイント阻害剤治療の有効性と安全性に関する研究(PDF:124KB)

当院で大腸癌の治療を受けた患者さんへの研究協力のお願い

研究番号:H30-256

課題名:診療録を用いた大腸癌の集学的治療に関する後方視的観察研究

診療録を用いた大腸癌の集学的治療に関する後方視的観察研究(PDF:135KB)

小児下肢荷重骨に発生した悪性骨腫瘍の治療のため、当院に入院・通院された患者さんの診療情報を用いた医学系研究に対するご協力のお願い

研究番号:H30-258

課題名:小児下肢荷重骨に発生した悪性骨腫瘍の治療成績に関する多施設共同研究

小児下肢荷重骨に発生した悪性骨腫瘍の治療成績に関する多施設共同研究(PDF:183KB)

「胆膵腫瘍における臨床病理・分子生物学的検討による新規バイオマーカー探索」研究に対するご協力のお願い

研究番号:H30-243

課題名:胆膵腫瘍における臨床病理・分子生物学的検討による新規バイオマーカー探索

胆膵腫瘍における臨床病理・分子生物学的検討による新規バイオマーカー探索(PDF:130KB)

骨軟部腫瘍のゲノムコンソーシアム運営とマルチオミックス解析研究に対するご協力のお願い

研究番号:C-30-4

課題名:骨軟部腫瘍のゲノムコンソーシアム運営とマルチオミックス解析研究

骨軟部腫瘍のゲノムコンソーシアム運営とマルチオミックス解析研究(PDF:230KB)

当センターでがん関連血栓症を疑われ検査を受けられた事のある患者さんへ研究協力のお願い

研究番号:H30-239

課題名:がん関連血栓症の探索

がん関連血栓症の探索(PDF:128KB)

2010年以降に当院で胃腫瘍に対して粘膜下層剥離術(ESD)を受けている方への研究協力のお願い

研究番号:H30-232

課題名:胃ESD後出血の危険因子についての検討

胃ESD後出血の危険因子についての検討(PDF:116.5KB)

JCOG1202「根治切除後胆道癌に対する術後補助療法としてのS-1療法の第III相試験」に参加された方への研究協力のお願い

研究番号:H30-213

課題名:JCOG1202A1「胆道癌の術後補助療法における薬剤感受性予測因子に関する探索的研究」・JCOG1202「根治切除後胆道癌に対する術後補助療法としてのS-1療法の第III相試験」の附随研究

JCOG1202A1「胆道癌の術後補助療法における薬剤感受性予測因子に関する探索的研究」JCOG1202「根治切除後胆道癌に対する術後補助療法としてのS-1療法の第III相試験」の附随研究(PDF:180KB)

一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業に対するご協力のお願い

研究番号:H29-243

課題名:一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業(JapanNeurosurgicalDatabase:JND)

一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事(PDF:365KB)

※本研究はデータベース構築のため継続した情報の集積が必要となる事から期限の定めのない研究となります。

全国骨・軟部腫瘍登録の実施についてのご協力のお願い

臨床研究承認番号:H29-211

研究課題名:全国骨・軟部腫瘍登録の実施について

全国骨・軟部腫瘍登録の実施について(PDF:116KB)

※本研究はデータベース構築のため継続した情報の集積が必要となる事から期限の定めのない研究となります。

食道癌手術患者さんにおける血液中p53抗体の臨床病理学的意義に関する多施設共同研究に対するご協力のお願い

臨床研究承認番号:H29-201

研究課題名:食道癌切除症例における血清p53抗体の臨床病理学的意義に関する多施設後ろ向き解析研究

食道癌切除症例における血清p53抗体の臨床病理学的意義に関する多施設後ろ向き解析研究(PDF:128KB)