ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 大気 > 大気環境 > 千葉県の大気環境状況

更新日:平成28(2016)年8月4日

千葉県の大気環境状況

大気環境常時監視測定結果の概要

千葉県及び大気汚染防止法の政令市等では大気汚染防止法に基づき県内の大気の汚染の状況を常時監視しするため、県内に常時監視測定局(平成27年度末で県局39局、政令市等88局)を設置しています。

大気常時監視測定局の位置、測定項目等は以下のページに示しました。

 平成26及び27年度の大気環境常時監視測定結果により求めた環境基準達成率や、年平均等の概要を以下のページに示しました。

光化学スモッグ注意報の発令状況等について

千葉県では「大気汚染防止法」に基づく「千葉県大気汚染緊急時対策実施要綱」を定め、毎年光化学スモッグの発生しやすい4月1日から10月31日までの間、県内を12地域に分けてオキシダント濃度が注意報等の発令基準以上になった場合に「光化学スモッグ注意報」を発令する等の緊急時対策を実施しています。

光化学スモッグとは、自動車や工場からの排気ガスなどに含まれる窒素酸化物(NOx)と、塗料や接着剤などに含まれている揮発性有機化合物(VOC)が、太陽からの紫外線を受けて化学反応を起こすと「光化学オキシダント(Ox)」という物質ができ、この濃度が高くなると、遠くの景色やビルが「もや」がかかったように見えにくくなったりします。この「もや」が「光化学スモッグ」であり、スモッグ(smog)という言葉は、煙(smoke)と霧(fog)から作られた造語です。
「光化学オキシダント」が正式な名称ですが、古くから「光化学スモッグ」の名称で呼ばれ広く認識されていることから、「光化学スモッグ」注意報等の名称で呼んでいます。

平成24年度以降の光化学スモッグ注意報の発令状況等について、以下のページに掲載いたしました。

※光化学スモッグ注意報、警報、重大緊急報の発令については、大気汚染緊急時対策実施要綱に記載されています。

PM2.5の注意喚起について

大気中に気体のように長期間浮遊しているばいじん、粉じん等の微粒子のうち、粒径2.5マイクロメートル以下のものを微小粒子状物質としてPM2.5と呼んでいます。
物の燃焼等により直接発生するほか、大気中での化学反応によって発生する等、発生のメカニズムについては解明されていない点も多くあり、国及び県において現在研究中です。
PM2.5は、粒径が小さいことから、肺の奥深くまで入りやすく、様々な健康影響の可能性が懸念されているため、国は、平成21年9月9日に「微小粒子状物質による大気の汚染に係る環境基準」を設定しました。環境基準は、1年平均値:15マイクログラム/立方メートル以下及び1日平均値:35マイクログラム/立方メートル以下と定められています。

微小粒子状物質(PM2.5)について

微小粒子状物質(PM2.5)については、1日の平均値が1立方メートルあたり70マイクログラムを超えると予想される場合に、県内を2地域に分けその日の微小粒子状物質(PM2.5)の値に注意するよう朝(午前9時頃)と昼(午後1時頃)に情報提供を行います。また、濃度の改善があった場合はその旨の情報提供も行います。

千葉県の大気環境測定データ

千葉県の最新データ

県内の大気環境測定データ及び光化学スモッグ注意報等発令状況について、24時間情報提供しているサイトです。

直近1週間分の県内のオンライン測定局の速報値、過去の全ての測定局の確定値(最新年度のものは速報値)及び光化学スモッグ注意報等の発令状況について確認することができます。

全国の大気環境測定データ

全国の大気汚染状況について、24時間情報提供しているサイトです。

全国における、オンライン測定局の速報値、光化学オキシダントの注意報等の発令状況及び微小粒子状物質(PM2.5)の注意喚起状況を確認することができます。

(各自治体が収集したデータを環境省が再収集して掲載しているため、表示されるまで少し時間が掛かります。また、データは速報値であるため後日修正されることがあります。)

大気の汚染に係る環境基準の達成状況等

大気環境調査報告書

千葉県では、大気環境の常時監視を行うため、国及び大気汚染防止法に基づく政令市等と連携し、二酸化いおう、二酸化窒素、光化学オキシダント、浮遊粒子状物質、微小粒子状物質(PM2.5)、有害大気汚染物質、ダイオキシン類、アスベスト等の各種調査を継続して実施しています。大気環境調査報告書はこれらの調査結果を取りまとめたものです。(平成24年度以降の報告書について掲載しています。)

大気環境常時監視測定結果(月間値、年間値)

大気環境常時監視測定結果に基づき、月平均値、月最高値、月別の環境基準超過状況について算出した結果(月間値)及び年平均、年間最高値98%値、年間の環境基準超過状況などを測定局別に算出した結果(年間値)の提供を行う頁です。平成24年度以降のデータについて提供をしています。

大気環境の状況について(これまでの報道発表資料)

大気環境常時監視測定結果、有害大気汚染物質測定結果に基づき、概要を毎年度報道発表しております。

過去の報道発表資料をまとめているページです。

過年度の測定結果

年度毎に以下の情報等を掲載しています。

  • 大気の汚染に係る環境基準の達成状況
  • 光化学スモッグ注意報等の発令状況

過年度の測定結果

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部大気保全課大気監視班

電話番号:043-223-3857

ファックス番号:043-224-0949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?