ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月29日

継続教育システム

千葉県がんセンター看護局 継続教育

看護局の理念にそった看護師の育成に向けて、クリニカルラダーを用いて段階的に継続教育を進めています。
また、院内研修もクリニカルラダーに併せて展開し、看護師の学び続ける姿勢、実践力の向上を応援しています。
看護師それぞれが主体的に取り組み、ステップアップしていけるよう目標管理制を導入し、チャレンジシートを活用しています。

看護局の理念

  1. 【生きる力と看護】
    がん患者さんの治癒力を引き出し、生きる力と希望を支えます。
  2. 【自己決定の尊重】
    がん患者さんとご家族の方々の自己決定を尊重し支えます。
  3. 【QOLの向上】
    がん患者さんとご家族の方々の苦痛を緩和し、生活の質の向上を支えます。
  4. 【人間性豊かな看護】
    専門技術と生命(いのち)の尊厳が調和する人間性豊かな看護を提供します。

看護局教育目標

  1. 主体的に看護を探求する心や看護観を育てながら看護実践能力を高める。
  2. 人間や社会変化への理解を深め視野を広げることにより自己の成長をめざす。
  3. がん看護を実践するための理論と方法を学ぶ姿勢を養い、がん看護の専門性を高める。
  4. 看護管理者、指導者の人材育成能力を高める。

目標管理図(JPG:29KB)

看護師継続教育プログラム

レベル1 基礎:基礎的な看護知識・技術を取得する専門:・がん治療、がん看護の基礎知識を学び、助言を得て看護ができる・緩和ケアの概レベル2 基礎:看護計画の立案・実施・評価が助言を得て実施できる専門:・患者と家族が抱える問題を、指導を受けてアセスメントでき、レベル3 基礎:専門的な知識や技術を統合した看護実践が行える専門:・患者と家族が抱える問題の特徴を捉え、がん看護が実践できる・全レベル4 基礎:個別性を踏まえた看護実践ができ、後輩指導が行える専門:・看護理論を基に現象をアセスメントし、看護実践ができる・家その結果:スペシャリストコース、看護管理コース

職員以外の教育・研修の受け入れも行っています

院内研修

看護局は、看護大学等からの委託を受け、専門領域に特化した、各種専門・認定看護師資格取得を目的とした研修をはじめ、訪問看護師再教育研修や緩和ケアに関する研修を実施しています。更には、当センター開設時から、将来看護師を目指している看護学生の実習を受け入れ、多くの看護師輩出に寄与しています。最近では、中学生の職場体験学習も受け入れ、医療現場での関心を深め、将来の医療従事者の発掘に努めています。職員は、米国を中心とした海外研修を実施しています。

新採用者研修風景、新採用者研修風景