ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年4月12日

乳腺外科

診療科の紹介

乳腺外科では、「正確な診断・適切な手術、EBM(科学的根拠)に基づいた全身治療、新規抗がん剤の導入、臨床試験への積極的な参加」をモットーとし、より質の高い医療を提供できるよう日々努力しています。より効果が期待でき、QOLを損なわない新しい治療(抗がん剤や手術法など)を開発するために、患者さんのご協力を得て積極的に臨床試験(治験)を行っています。

治療方針

早期診断治療

初めて受診された患者さんは、診察前に乳房のレントゲンを撮って頂き、診察室で医師が乳房の超音波検査を行いますのでその場で直ぐに検査結果の説明が受けられます。必要な場合には細胞診検査(しこりに細い注射針を刺して細胞を採取し、顕微鏡で細胞の良悪性の判定を行う)を行い、一週間以内に結果を説明致します。細胞診でも診断が困難な場合は、MRI検査や針生検を行い、極力患者さんに負担のかからない方法で正確な診断を行います。

診断がついてから手術日まで概ね1ヶ月以内です。手術を受ける患者さんは、クリティカルパス(入院治療計画)に基づき1週間前後の入院となります。手術前に化学療法を行う場合は、外来化学療法室で点滴治療を行いますので、基本的に入院は必要ありません。期間は約6ヶ月です。

手術治療法

早期乳がん(しこりが2cm以下・リンパ節転移なし)の患者さんに対しては、積極的に乳房温存療法を行っています。乳房温存療法は、乳房の部分切除と術後の温存乳房に対する放射線治療から成り立っている治療法で放射線治療部と協力して行っています。しこりの大きな患者さんに対して、手術前に抗がん剤を投与してしこりを小さくしてから乳房温存療法を行う場合もあります。

また、手術中にセンチネルリンパ節生検を行い、リンパ節の切除を必要最小限にすることでリンパ浮腫など、手術後の合併症の予防にも努めています。

薬物療法

乳がんの薬物療法には、抗がん剤による化学療法、ホルモン製剤による内分泌療法および分子標的治療があります。腫瘍の縮小や、再発予防、再発がんの治療に効果をあげています。それぞれの患者さんの病状に応じて科学的に再発予防効果が証明されている化学内分泌療法を行うことによって一人でも多くの患者さんが完治されることを目指しています。術後補助化学療法は、腫瘍・血液内科が担当し、患者さんは外来に通院しながら外来化学療法室で日帰りで治療を受けていただきます。

患者さんの病状に適した治療法を提案し、患者さんやご家族と相談の上選択できるよう密に関わっています。

主な治療のご案内

治療案内

乳房部分切除+センチネルリンパ節生検

入院

5~7日
(術前2日+術後2~4日)

乳房全摘+腋窩リンパ節郭清

入院

8~10日
(術前2日+術後6~8日)

診療実績

 医師のご紹介

乳腺外科部長

 

山本 尚人(やまもと なおひと) 昭和60年三重大学医学部卒

指導医、専門医、認定医など:

  • 日本外科学会認定医・専門医・指導医
  • 日本乳癌学会認定医・専門医・指導医・評議員   
  • 日本乳癌学会専門医制度委員会新専門医制度小委員会委員 / 医療安全委員会委員
  • 乳癌診療ガイドライン薬物療法小委員(2013年度版)
  • 日本臨床細胞学会専門医
  • マンモグラフィー検診精度管理中央委員会認定読影医

専門分野/得意分野:

  • 専門は乳癌の診断、治療

主任医長

 

中村 力也(なかむら りきや) 平成11年広島大学医学部卒

指導医、専門医、認定医など:

  • 日本外科学会認定医・専門医・指導医
  • 日本乳癌学会認定医・専門医・指導医・評議員
  • 日本臨床細胞学会専門医・評議員
  • JBCRG診療アルゴリズム委員
  • 日本乳腺甲状腺超音波医学会 幹事
  • 乳癌診療ガイドライン 小委員会委員
  • マンモグラフィー検診精度管理中央委員会認定読影医

専門分野/得意分野:

  • 専門は乳癌の診断、治療

医長

 

味八木 寿子(みやき としこ) 平成16年聖マリアンナ医大医学部卒

指導医、専門医、認定医など:

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • 日本がん治療認定機構 がん治療認定医
  • 日本乳癌学会認定医・専門医
  • 日本産科婦人科学会専門医
  • マンモグラフィー検診精度管理中央委員会認定読影医

専門分野/得意分野:

  • 専門は乳癌の薬物治療