ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月29日

ICT(感染対策チーム)

当センターでは、院内の感染症発生状況を把握し、組織横断的に院内感染対策を行う、院内感染対策チーム(Infection Control  Team;以下ICTと記す。)を設置しています。ICTは、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師をメンバーとし、感染対策の実働組織として活動しています。

主な活動内容は、抗菌薬の適正な使用のため、特定の抗菌薬を使用する場合にはICTに使用届を提出してもらい、使用状況の把握に努めています。また、抗菌薬を有効に使用するため、血中濃度測定を実施し、治療に最適な薬剤投与量や間隔などの情報を主治医に提供しています。さらに、各種の感染症、薬の効かない菌(耐性菌)の検出の動向、病院環境の整備状況、医療器具使用にともなう感染発生の状況などの監視を行い、メンバーの職種の専門性を発揮し、院内感染から患者を守る努力をしています。