ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年11月15日

千葉県感染症情報センター

千葉県感染症情報センターとは、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」による施策として位置づけられた感染症発生動向調査により得られた情報を集計・分析するとともに、情報提供・開示するため、千葉県衛生研究所に設置されています。

週報月報報告数腸管出血性大腸菌感染症インフルエンザ感染性胃腸炎麻しん風しんリンク

週報

2017年45週(2017年11月6日~2017年11月12日)(PDF:1,050KB)

※過去の注目疾患:2014年2015年2016年2017年

※過去の週報:2012年~2015年週報2016年週報2017年週報

今週の注目疾患

梅毒

2017年第45週に県内医療機関から4例の梅毒の届出があり、2017年の累計は122例となった。梅毒の届出は、全国において2010年以降増加傾向が続いており、2010年では年間621例であった届出が、2016年にはその7倍以上の約4500例の届出を認めている。2017年はさらに届出が多く、既に2016年の届出数を超えている。千葉県においても、2017年第45週時点での届出数122例は、昨年同時期(114例)を上回り、より一層の梅毒対策が必要である。性別では男女ともに届出数の増加が見られており、第45週時点の届出は男性78例(昨年同時期73例)、女性44例(昨年同時期41例)である(図1)。

梅毒1

年齢群別では、男性は20代~50代の幅広い年齢群のピークを示し、女性は20代に明らかなピークを持つ。10代では女性の届出が男性より多い(図2)。

梅毒2

 

梅毒の届出において、先天梅毒を除いては

(1)カルジオリピンを抗原に用いる方法

(2)Treponema pallidumを抗原に用いる方法

上記(1)と(2)の両方の検査において陽性を示した症例が届出対象となっている。また、無症状病原体保有者の届出にあたっては、(2)の検査法における陽性の確認と、(1)カルジオリピンを抗原とする抗体検査において、倍数希釈法では16倍以上、自動化法では概ね16.0R.U.、16.0Uもしくは16.0SU/ml以上を示した症例が届出の対象である。

検査結果における解釈の注意点として、(1)カルジオリピンを抗原に用いる検査では、他の感染症(HIV等)、自己免疫疾患、免疫不全、妊娠や加齢といった要因により生物学的擬陽性となる場合があることが報告されている((2)T. pallidumを抗原に用いる方法は特異度が高いものの、頻度は低いが他の感染症等による擬陽性がある)。検査法によっては感染から極初期の患者では、(1)と(2)の検査結果が一致しないことがあり、また通常(1)の検査による抗体価は疾患の活動と相関するため、適切な治療により減少するが、一部には長期に陽性となるserofast reactionが報告されている。一方で未治療の既感染者において、長期経過後に(1)の検査で陰性と判定されることもある。これらは宿主因子の他、検査法の特性(測定原理等)も影響すると考えられる。周知のとおり、感染症法における梅毒の届出基準はあくまでも「届出」の基準であり、この基準に満たない症例において梅毒感染、治療の必要性を否定するものではない。使用した検査法の特性を考慮し(必要に応じて他の検査法や再検査を実施)、患者の既往歴や治療歴といった経過等と合わせての診断が求められる。

 

参考・引用

厚生労働省:梅毒外部サイトへのリンク

CDC:Syphilis外部サイトへのリンク

 

疾患別・保健所別5週グラフ

疾患別・保健所別5週グラフ(2017年41週~2017年45週)(PDF:210KB)

月報

2017年10月分(PDF:1,212KB)(2017年44週週報に含む)

報告数

腸管出血性大腸菌感染症情報

千葉県では、2017年45週に3例の届出があった(2017年11月15日現在)。2017年1~45週の累計は173例となった。

インフルエンザ情報

2017年45週の県全体の定点当たり報告数は、44週の0.68から減少し0.65となった。

感染性胃腸炎情報

2017年45週の県全体の定点当たり報告数は、44週の2.80から増加し3.59となった。

麻しん情報

千葉県では、2017年45週に届出はなかった(2017年11月15日現在)。2017年1~45週の累計は3例のままである。

風しん情報

千葉県では、2017年45週に届出はなかった(2017年11月15日現在)。2017年1~45週の累計は6例のままである。

リンク

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部千葉県衛生研究所感染疫学研究室

電話番号:043-266-6723

ファックス番号:043-265-5544

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?