ここから本文です。

更新日:平成26(2014)年11月7日

浄化槽保守点検業者の登録手続

「千葉県浄化槽保守点検業者の登録に関する条例」(以下、「登録条例」)の規定により、千葉市、船橋市及び柏市を除く県内市町村において浄化槽保守点検業を営もうとする者は千葉県知事の登録を受けなくてはならないととされています。

また、千葉市、船橋市及び柏市において浄化槽保守点検業を営もうとする場合は、各市の条例に基づき市長の登録を受ける必要があります。詳細は各市担当課にお問い合わせください。

なお、登録期限は登録日から5年と定めており、期限満了日までに登録更新手続を行わないと登録は効力を失いますので、期限には十分御注意ください。

登録申請の窓口は、営業しようとする市町村によって異なります。
詳しくは、浄化槽保守点検業者登録の手続先一覧をご覧ください。

1浄化槽保守点検業者の登録要件

(1)営業所ごとに浄化槽管理士を置いていること。

(2)営業所ごとに次に掲げる器具を備えていること。

No.

器具名

備考

1

水素イオン濃度指数測定器具

 

2

汚泥沈殿試験器具

 

3

透視度計

 

4

亜硝酸性窒素測定器具

 

5

塩素イオン濃度測定器具

 

6

温度計

 

7

スカム測定器具

 

8

汚泥厚測定器具

 

9

残留塩素測定器具

 

10

溶存酸素計

 

11

混合浮遊物質濃度計

 

12

顕微鏡

 

(3)登録条例第6条各号(欠格要件)のいずれにも該当しないこと。

2浄化槽保守点検業者の登録及び変更等の手続に必要となる書類等

(1)新規登録・更新登録の場合

<1>申請様式

第1号様式

浄化槽保守点検業者(登録更新)申請書

PDF(PDF:11KB)
Word(ワード:27KB)

第2号様式

誓約書

PDF(PDF:26KB)
Word(ワード:29KB)

第3号様式

器具明細書

PDF(PDF:8KB)
Word(ワード:33KB)

第4号様式

浄化槽の保守点検の業務に従事する者の名簿

PDF(PDF:40KB)
Word(ワード:36KB)

※申請様式第1号様式の記載欄に書ききれない場合は、別紙として添付してください。(別紙の様式は問いません)。

<2>添付書類等

申請者が法人の場合

申請者が個人の場合

法人の登記事項証明書
(3ヶ月以内のもの)

住民票抄本(3ヶ月以内のもの)

県内に住所を有する方については必要ありません。

営業所の位置図
最寄の駅、バスの停留場など、目印となるものを明記してください。(市販地図の写しの利用も可)

浄化槽管理士免状の写し
ただし、原本確認を行う必要がありますので、申請書提出時に免状を持参してください。

登録手数料(県収入証紙)

  • 新規登録手数料:30,000円
  • 更新登録手数料:28,000円

<3>提出部数

1部(控え1部を作製して保管しておくことをお薦めします。)

<4>申請先

申請先は、営業しようとする市町村によって異なります。
詳しくは、浄化槽保守点検業者登録の手続先一覧をご覧ください。

※申請書の内容をもとに「浄化槽保守点検業者登録簿」(A4両面厚紙)を作成しています。
「浄化槽保守点検業者登録簿」については第5号様式により請求することで閲覧及び謄本の交付を受けることが可能です。
(第5号様式は下記の3の(4)登録簿の閲覧、謄本交付の請求を参照ください)。

(2)登録内容の変更の場合

登録を受けている浄化槽保守点検業者は、その登録内容に変更があった場合、変更のあった日から30日以内に届出しなくてはなりません。

<1>届出様式

第6号様式

浄化槽保守点検業者変更届出書

PDF(PDF:12KB)

Word(ワード:32KB)

<2>添付書類

No.

変更事項

添付書類

法人の場合

個人の場合

1

氏名又は名称

登記事項証明書※1

住民票抄本※2

2

住所又は所在地

登記事項証明書※1

住民票抄本※2

3

代表者の氏名

登記事項証明書※1

住民票抄本※2

4

営業所の名称

なし

5

営業所の所在地

  • 器具明細書(様式第3号、新規更新と同じ)
  • 従業者名簿(様式第4号、新規更新と同じ)
  • 所在地の地図(登録・更新時に準ずる。)
  • 浄化槽管理士免状の写し
    ※原本確認を行う必要がありますので、届出書提出時に免状を持参してください。

6

役員の氏名

(法人のみ)

  • 登記事項証明書※1
  • 誓約書(第7号様式)※3

7

営業所が所在する市町村の名称

なし

8

営業所ごとに置かれる浄化槽管理士の氏名及びその者が交付を受けた浄化槽管理士免状の交付番号

新たに置かれた浄化槽管理士の免状の写し
※原本確認を行う必要がありますので、届出書提出時に免状の現物を持参してください。

9

浄化槽管理士が担当する区域の市町村の名称

なし

※1変更前後の内容が確認出来るものにしてください。

※2県内に住所を有する方については必要ありません。

※3単に減員する場合は不要

<3>提出部数

1部(控え1部を作製して保管しておくことをお薦めします。)

<4>届出先

届出先は、営業している市町村区域によって異なります。
詳しくは、浄化槽保守点検業者登録の手続先一覧をご覧ください。

(3)廃業等の届出

浄化槽保守点検業者が次のいずれかに該当することとなった場合、30日以内に届出する必要があります。

<1>廃業等の届出を行う場合の該当事由と届出義務者

No.

該当事由

届出義務者

1

死亡した場合

その相続人

2

法人が合併により消滅した場合

その役員であった者

3

法人が破産手続開始の決定により解散した場合

その破産管財人

4

法人が合併又は破産手続開始の決定以外の事由により解散した場合

その清算人

5

浄化槽保守点検業者を廃止した場合

浄化槽保守点検業者であった個人又は浄化槽保守点検業者であった法人の役員

<2>届出様式

第8号様式

浄化槽保守点検業者廃業等届出書

PDF(PDF:56KB)

Word(ワード:27KB)

<3>提出部数

1部(控え1部を作製して保管しておくことをお薦めします。)

<4>届出先

届出先は、営業している市町村区域によって異なります。
詳しくは、浄化槽保守点検業者登録の手続先一覧をご覧ください。

3その他浄化槽保守点検業者の責務等

(1)浄化槽管理士等の設置等

  • 営業所ごとに浄化槽管理士を置くこと。
  • 営業所ごとに規則で定める器具を備えること。
  • 浄化槽の保守点検業を行うときは、これを浄化槽管理士に行わせ、若しくは実地に監督させ、又は資格を有する浄化槽保守点検業者が自ら行い、若しくは実地に監督しなければならない。
  • 浄化槽の保守点検の技術上の基準に従って浄化槽の保守点検を行うこととし、その結果、当該浄化槽について清掃が必要であると認められたときは、速やかに、その旨を当該浄化槽の浄化槽管理者及びその者が当該浄化槽の清掃について連絡をとっている浄化槽清掃業者がある場合にあっては当該浄化槽清掃業者に通知すること。

(2)標識の備え付け等

営業所ごとに、その見やすい場所に、規則で定める次の事項を記載した標識を掲げなくてはならない。

  • 氏名・又は名称
  • 営業区域が所在する市町村の名称
  • 登録番号
  • 登録の有効期間
  • 営業所に置かれている浄化槽管理士の氏名

第9号様式 浄化槽保守点検業者登録票

PDF(PDF:19KB)

Word(ワード:27KB)

(3)帳簿の備え付け等

営業所ごとに、その業務に関する帳簿を備え、次に掲げる事項を記載し、記載した日から3年間保存しなければならない。

  • 浄化槽管理士の氏名又は名称及び住所
  • 浄化槽の設置場所、処理対象人員及び処理方式
  • 浄化槽管理者から浄化槽の保守点検の委託を受けた年月日(委託契約に委託期間の定めがある場合にあっては、当該年月日及びその期間)

(4)登録簿の閲覧、謄本交付の請求

請求書の様式

第5号様式

浄化槽保守点検業者登録簿閲覧(謄本交付)請求書

PDF(PDF:23KB)

Word(ワード:29KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部水質保全課浄化槽班

電話番号:043-223-3813

ファックス番号:043-222-5991

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?