ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 自然・生物保護 > 鳥獣対策 > 野生鳥獣の保護管理 > イノシシに出会った場合の対応について

更新日:令和5(2023)年11月2日

ページ番号:558188

イノシシに出会った場合の対応について

近年、本県ではイノシシの分布が拡大しており、これまで生息していなかった地域での出没が増加し、都市部においても出没しています。
イノシシに出会った場合の対処法をまとめましたので、万が一出会った場合に襲われて怪我をしないためにも、よくご確認ください。

※令和5年10月には、千葉市中央区で出没しました(捕獲済み)。

イノシシに出会ったら

刺激しない

イノシシは本来、臆病でおとなしい動物です。イノシシと出会っ
ても、普通はイノシシが逃げるので慌てる必要はありませんが、興奮していたり、至近距離で突然出会ったりした場合は注意が必要です。イノシシを見かけても刺激せず、興奮させないことが大切です。

静かにその場を離れる

イノシシに出会ったら、静かにその場を離れるようにしましょう。急に走り出してイノシシを興奮させてはいけません。イノシシがこちらに気づいていない時や、イノシシとの距離が十分ある場合は、静かにその場を立ち去りましょう。

ゆっくりと後ずさり

もし、イノシシが近づいてきても、慌てずにゆっくりと後ずさりして離れましょう。また、建物や車などに入ったり、物陰に身を隠す、木に登るなどして、安全を確保しましょう 。犬を連れている と、襲って くる場合があるので、イノシシが向かって来たら犬は放しましょう。

してはいけない行動

  • イノシシの進行方向をふさぐ
  • 大きな声を出す
  • 急に動く

棒を振り上げたり、石などを投げる

 

襲われたら

急所を守る

イノシシに正面から突進されると、牙が当たりやすい太もも内側には太い血管があり、大変危険です。体をかがめ、足を閉じて防御の姿勢を。

むやみに反撃はしない

反撃するとさらに攻撃してきます。必要以上に興奮させず、なるべく怪我をしないように体を守りましょう。
 
※野生動物に咬まれると感染症にかかる危険性があります。咬まれた場合は必ず受診しましょう。

 

 

お問い合わせ

所属課室:環境生活部自然保護課鳥獣対策班

電話番号:043-223-2936

ファックス番号:043-225-1630

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?