ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年5月23日

本場地区

千葉県農林総合研究センターの本場地区には、総務課、検査業務課、病害虫防除課及び以下の10研究室があります。

研究マネジメント室 Research Management Section

試験研究全体にわたる企画・連絡・調整を行い、試験研究の円滑な推進を行います。知的財産の適切な管理、外部研究機関とのコーディネート、広報・情報発信等にも取り組みます。農業に関する経営・経済的分析も行います。

最重点プロジェクト研究室 Priority Research Laboratory

千葉県農林総合研究センターの機能強化に伴い平成26年4月に新設された研究室で、特に重要かつ早急に解決すべき研究課題について、迅速に対応するため、各専門分野に精通した研究員で専従チームとして取り組みます。令和元年度から5年間は、農作物の生育や生育環境等に関する情報について、リモートセンシング技術、情報通信技術等を駆使して、収集・分析し、経営の判断を支援するスマート農業の確立に取り組みます。

ドローンによる画像撮影

[写真]ドローンによる画像撮影

流通加工研究室 Distribution and Food Processing Laboratory

農産物の流通・加工技術、品質評価、産地対応方策に必要な調査分析の研究に栽培研究室と連携して取り組んでいます。

炊き増え評価試験

千葉p120号

クリープメータ試験 焼き芋評価試験

[写真]

(左から)炊き増え評価試験 茹でた極大粒落花生 クリープメータ試験 焼き芋評価試験

~栽培研究室と連携して多品目にわたる農産物を研究課題にしています~

 

野菜研究室 Vegetable Crops Laboratory

トマト、キュウリ、イチゴ、スイカ、エダマメなどの施設野菜の高品質、高収量、低コスト安定生産技術の開発と、イチゴの新品種育成を行っています。

育成品種などの県内生産者に向けた迅速な普及のため、イチゴ、坊主不知ネギ、サツマイモのウイルスフリー株の原原種の増殖・配付を行っています。

チーバベリー チーバベリーロゴ

[写真]イチゴ新品種「チーバベリー」

果樹研究室 Deciduous Fruit Trees Laboratory

全国一を誇るニホンナシを中心とした落葉果樹について、高品質・安定生産技術の確立、オリジナル新品種の育成、後継者が安心して就農できる生産技術の確立、早期成園化・省力化に対応した生産技術の開発などに取り組んでいます。

 

[写真]ニホンナシ新品種の育成

左:育成中の系統、右:関係者による有望系統の検討

花植木研究室 Ornamental Plants and Landscaping Laboratory

シクラメン、ベゴニアなど鉢花類の省エネルギー・低コスト生産技術や植木類の海外輸出に対応するための技術開発を行っています。また、千葉県の県木であるイヌマキ類の育種に取り組んでいます。

[写真]ピートモスに鉢上げした輸出用植木

落花生研究室 Peanut Plant Laboratory

全国唯一の落花生専門の試験研究機関として、良食味・多収・耐病性などの特性を持つ落花生優良品種の育成を中心に、栽培試験や原原種の維持等を行っています。

[写真]ゆで落花生

 左:「おおまさり」 中:「ナカテユタカ」 右:「郷の香」

土壌環境研究室 Soil and Agricultural Environment Conservation Laboratory

農耕地土壌の実態変化に基づいた適切な肥料と堆肥の施用技術を開発し、安全安心な農産物の持続的生産体系を確立します。また、肥料や農薬による環境負荷を小さくする環境にやさしい農業技術を開発し、地域環境の維持・保全を進めます。

/lab-nourin/nourin/honjou/images/soil_and_environment_conservation_laboratory1.jpg

[写真]精密機器による土壌養分の分析風景

病理昆虫研究室 Plant Pathology and Applied Entomology Laboratory

農業生産に支障をきたす病害虫に対する防除技術の開発や、環境にやさしい農業を推進するために、様々な手法を駆使して総合的に病害虫を管理する研究を行っています。また、県内の農業者、農業関係指導機関から依頼される病害虫の診断も行っています。

クリーンベンチでの病理実験

[写真]クリーンベンチでの病理実験

生物工学研究室 Biotechnology Laboratory

水稲、野菜、果樹、花きを対象に組織培養、突然変異、DNA鑑定技術などの生物工学的手法を利用して、新品種の育成を支援する技術を開発しています。また、DNA鑑定技術等を利用した病害虫の簡易で迅速な診断法の開発や、環境への影響の少ない病害虫防除法の開発も行っています。

塩基配列解析装置

[写真]塩基配列解析装置を用いて植物や病原菌のDNA塩基配列を調べているところ

【前のページへ戻る】

【農林総合研究センターTOPへ戻る】

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター研究マネジメント室

電話番号:043-291-0151

ファックス番号:043-291-5319

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?