ここから本文です。

昔(むかし)の千葉(ちば)

~いろんなことがありました~

千葉県(ちばけん)のなりたち

良質(りょうしつ)な麻(あさ)が育(そだ)った総(ふさ)の国(くに)【国名(こくめい)の由来(ゆらい)】

国名の由来イメージ

はるか昔に、四国の阿波(あわ)から豊(ゆた)かな土地を求めて黒潮(くろしお)に乗ってやってきた人々(ひとびと)が房総半島(ぼうそうはんとう)に上陸。阿波(あわ)の国で栽培(さいばい)されていた麻(あさ)を植えたところ良質(りょうしつ)な麻(あさ)が育ったので、この地を総(ふさ)(麻(あさ)の古語)の国とし、人々(ひとびと)が住んだところを同じ安房(あわ)と名づけたと伝(つた)えられています。

のちに都に近いほうが上総(かずさ)、遠いほうが下総(しもうさ)と呼(よ)ばれるようになり、安房(あわ)、上総(かずさ)、下総(しもうさ)の三国に分かれました。

地方文化(ちほうぶんか)の中心(ちゅうしん) 国分寺(こくぶんじ)の建立(けんりゅう)【古代(こだい)】

古代イメージ

大化の改新ののち、それぞれの国に地方の行政(ぎょうせい)をつかさどる役所である国府(こくふ)が置かれましたが、奈良時代(ならじだい)になるとこの三国にそれぞれ国分寺が建立され、地方文化の中心となっていきます。

平安に入り、地方政治(ちほうせいじ)が乱(みだ)れ、平将門(たいらのまさかど)や平忠常(たいらただつね)の乱(らん)が起こり、房総(ぼうそう)の地は戦場になりました。のちに忠常(ただつね)の子孫から千葉氏や上総氏(かずさし)がおこり、房総(ぼうそう)を舞台(ぶたい)に活躍(かつやく)しました。

頼朝(よりとも)に尽力(じんりょく) 勢力(せいりょく)伸(の)ばす千葉氏(ちばし)【中世(ちゅうせい)】

源頼朝(みなもとのよりとも)が鎌倉(かまくら)に幕府(ばくふ)を開く際(さい)に千葉常胤(ちばつねたね)は非常(ひじょう)に貢献(こうけん)し、房総(ぼうそう)に大きな勢力(せいりょく)を占(し)めました。のちに室町、戦国時代になると中央政権(ちゅうおうせいけん)の争(あらそ)いは房総(ぼうそう)の地にもおよびました。

幕府(ばくふ)の重要(じゅうよう)な土地(とち)【江戸時代(えどじだい)】

豊臣秀吉(とよとみひでよし)が天下を統一(とういつ)すると、関東の地を家康(いえやす)に与(あた)えています。家康(いえやす)が江戸(えど)に幕府(ばくふ)を開くと、房総(ぼうそう)はそのおひざ元として、経済的(けいざいてき)にも軍事的にも重要な地となりました。そのため、大名が治める藩(はん)もいくつか置かれましたがいずれも小さく、佐倉藩(さくらはん)がいちばん大きな藩(はん)でした。

廃藩置県(はいはんちけん)と千葉県(ちばけん)の誕生(たんじょう)【近代(きんだい)】

近代イメージ

明治4年7月の廃藩置県(はいはんちけん)ののち、同年11月に安房(あわ)4郡(ぐん)と上総(かずさ)9郡(ぐん)をもって木更津県(きさらづけん)が、下総(しもうさ)9郡(ぐん)をもって印旛県(いんばけん)が、下総(しもうさ)3郡(ぐん)と常陸(ひたち)6郡(ぐん)をもって新治県(にいはりけん)ができました。
明治6年6月15日に木更津(きさらづ)と印旛(いんば)の両県をあわせて千葉県が誕生(たんじょう)。県庁(けんちょう)を当時の千葉町に置きました。

千葉県(ちばけん)のあゆみ

明治 4
(1871)

廃藩置県(はいはんちけん) 木更津(きさらづ)、印旛(いんば)、新治(にいはり)県誕生(たんじょう)

明治 6(1873)

木更津(きさらづ)、印旛(いんば)両県を廃(はい)し、千葉県を置き、県庁(けんちょう)を千葉町に

明治 8(1875)

新治県(にいはりけん)の香取(かとり)、海上、匝瑳(そうさ)(ぐん)を千葉県に編入(へんにゅう)

明治27(1894)

市川~佐倉(さくら)間に鉄道開通

大正10(1921)

千葉町で市制施行(しせいしこう)

大正12(1923)

関東大震災(かんとうだいしんさい)で安房(あわ)、君津(きみつ)地方に大被害(だいひがい)

昭和10(1935)

 

大利根用水起工

国鉄総武線(こくてつそうぶせん)電化、千葉まで開通

 

昭和22(1947)

初代(しょだい)公選知事(こうせんちじ)に川口為之助(かわぐちためのすけ)当選(とうせん)

昭和26(1951)

千葉県総合開発(そうごうかいはつ)計画策定(けいかくさくてい)

昭和28(1953)

川崎製鉄(かわさきせいてつ)千葉製鉄所(ちばせいてつじょ)の溶鉱炉(ようこうろ)火入れ

昭和29(1954)

千葉港正式開港

昭和33(1958)

京葉工業地帯造成計画(ぞうせいけいかく)策定(さくてい)

南房総(みなみぼうそう)国定公園誕生(たんじょう)

昭和35(1960)

京葉有料道路完成

昭和46

(1971)

千葉テレビ放送開設(かいせつ)

昭和48(1973)

 

千葉県政(けんせい)百年記念事業実施(じっし)

第28回国民体育大会(若潮国体(わかしおこくたい))開催(かいさい)

 

昭和53(1978)

成田空港開港

成田空港イメージ

昭和59(1984)

県民の日(6月15日)制定(せいてい)

平成 元(1989)

東京湾(とうきょうわん)横断道路(おうだんどうろ)建設着工(けんせつちゃっこう)

幕張(まくはり)メッセオープン

平成 4(1992)

千葉市が政令(せいれい)指定都市に移行(いこう)

平成 5
(1993)

千葉県生誕(せいたん)120周年記念事業実施(じっし)

平成 8(1996)

現県庁舎(げんけんちょうしゃ)(本庁舎(ほんちょうしゃ))完成

平成 9(1997)

東京湾(とうきょうわん)アクアライン開通

平成14(2002)

県人口600万人突破(とっぱ)

平成19(2007)

館山(たてやま)道全線開通

平成21(2009) 森田健作(もりたけんさく)当選
平成22(2010) 第65回国民体育大会・第10回全国障害者(しょうがいしゃ)スポーツ大会(ゆめ半島千葉国体・ゆめ半島千葉大会)開催(かいさい)
平成23(2011) 東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)で、本県にも大きな被害(ひがい)
平成24(2012) ちばアクアラインマラソン開催(かいさい)
平成25(2013) 首都圏(しゅとけん)中央連絡自動車道(圏央道(けんおうどう))の東金JCT~木更津東IC間が開通
平成26
(2014)
ちばアクアラインマラソン2014開催(かいさい)

平成27

(2015)

成田国際(こくさい)空港の第3旅客ターミナルビル供用(きょうよう)開始

平成28

(2016)

ちばアクアラインマラソン2016開催(かいさい)

平成29

(2017)

東京湾(とうきょうわん)アクアライン開通20周年

平成30

(2018)

ちばアクアラインマラソン2018開催(かいさい)

県育成落花生(らっかせい)「Q(キュー)なっつ」がデビュー