ここから本文です。

ページ番号:310514

県の予算

~県の財布(さいふ)をのぞいてみよう~

県は、県民のくらしに役立ついろいろな仕事をしていますが、仕事を進めるためにはお金が必要(ひつよう)になります。そのため、県民の皆(みな)さんが納(おさ)める税金(ぜいきん)や国からの補助金(ほじょきん)、交付税(こうふぜい)などの収入(しゅうにゅう)(歳入(さいにゅう)といいます)が1年の間にどれだけあって、それをどのような仕事にどれだけ支出(ししゅつ)(歳出(さいしゅつ)といいます)するかを計画します。これを予算といい、県民の代表が集まる県議会で決められます。

令和(れいわ)3年度予算(よさん)

歳入(さいにゅう) 1兆(ちょう)9,898億円(おくえん)

歳入の円グラフ 県税8146(40.9%) 地方交付税1960(9.9%) 国庫支出金1921(9.7%)県債2142(10.8%) そのほか5729(28.7%)

歳出(さいしゅつ) 1兆(ちょう)9,898億円(おくえん)

歳出の円グラフ 県が仕事を総合的に進めていくために951(4.8%) 保険・福祉や環境のために4306(21.7%) 農林水産業のために444(2.2%) 商業や工業を盛んにするために4063(20.4%) 道路・河川や公園を整備するために964(4.8%) 治安を守るために1461(7.3%) 教育のために3702(18.6%) 県が借りたお金を返すために2290(11.5%) そのほか1717(8.6%)

  • ※ 単位:億円(おくえん)
  • ※ 端数調整(はすうちょうせい)の関係で、合計や割合(わりあい)が
    一致(いっち)しない場合があります。