• 病院紹介
  • 病院ご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月17日

医療技術部門

各職種と業務内容の紹介

当院では、様々な分野の資格をもつスタッフが、医療技術員として働いています。

 

 

 

2017年10月改訂

 理学療法士

理学療法では運動機能や呼吸機能に問題を持つお子さんに対して、問題を改善するために主に動作や姿勢、運動機能に関する治療を行います。いろいろな運動経験を積み重ね、全体的な発達や成長を手助け、生活におけるアドバイスを行います。

 

どんなことをするの?

1.運動発達の援助

発達の遅れのあるお子さんに対して、基本的な運動発達(くびのすわり、寝返り、お座り、ハイハイ、歩く)の練習、日常生活動作(靴を脱ぎ履き、車いすに乗り移る)、筋力トレーニング、ストレッチの指導等を行います

リハビリ1

2.呼吸の援助(呼吸理学療法)

呼吸に問題がある場合、または、心臓の病気により肺の合併症のあるお子さんに、痰を出しやすくしたり楽に呼吸ができるように援助します。

3.運動指導(運動療法)

外傷や手術後、または先天性の疾患に伴う運動機能の低下や長期入院により運動機能の改善を図る必要があるお子さんにストレッチや筋力トレーニング、いろいろな動作や歩いたり階段練習を行います。

リハビリ2

4.哺乳、食事指導

哺乳や食事がうまくとれない新生児から幼児、学童以上児へ姿勢や飲ませ方、食べさせ方の工夫、口、顔の体操を指導します。

5.補装具、車いす、座位保持椅子等の作製、情報提供等の支援

必要に応じて座ることが難しい、または姿勢の崩れが生じてしまうの子の為の椅子(坐位保持椅子)や移動の為、学校生活を送るためのバギーや車椅子や、立つ練習や歩く為の補装具の作製を医師と相談して行います。

リハビリ3

 

対象は?

  • 先天性または後天性の運動発達の遅れ(脳性麻痺など)
  • 生まれつきや生まれたて(周産期)から発達の支援が必要な赤ちゃん
  • 先天性または後天性の疾患に伴う麻痺や運動機能の低下、手術後の運動機能の低下(整形骨系統疾患、二分脊椎など)
  • 呼吸疾患や手術後等の合併症での呼吸障害
  • 治療や手術等で長期安静に伴う筋力低下、関節拘縮、体力低下(廃用症候群)
  • 哺乳や食べる事が上手く出来ない(摂食嚥下障害)

 

どうしたらPTを受けられるの?

理学療法(PT)は医師の処方がないと訓練が受けられません。外来PT希望の方は、まず先に当院の外来を受診し主治医に相談し処方を受けてください。その後外来PTの予約をし訓練へという流れです。PTの外来は予約制です。入院のお子さんも医師の処方によりPT訓練を行います。

実施時間:外来患者様は全予約制で9時00分~13時40分
入院患者様は上記(外来患者様)の時間以外

 作業療法士

作業療法では主として上肢機能、精神面、感覚・知覚の発達を促します。遊びを中心としたいろいろな作業活動を行い生活全般の問題や機能障害を考慮した支援を行います。

お子さんの持つ能力、可能性を最大限に引き出し、家庭、学校、社会で生き生き生活出来るように指導、援助を行います。

 

どんな事をするの?

  • 運動発達、運動機能の援助
  • 認知、遊びの援助(おもちゃ操作、コミュニケーションなど)
  • 食べる、着る、排泄トイレ動作などの動作の獲得援助(スプーン、箸の操作、着替え練習)
  • 注意、集中、落ち着き行為の獲得援助
  • 学習の援助指導(はさみ、書字、笛、縄跳び、定規など)
  • 様々な操作や動作がやりやすくなるように道具の紹介や自助具の作製

対象は?

  • 発達の遅れや偏りを持つお子さん(精神発達遅滞、自閉症など)
  • 手、腕の先天性異常や脳の障害などによる身体機能障害(脳性麻痺、分娩麻痺など)
  • 長期入院などによる経験不足や認知不足などによる発達の遅れ(廃用症候群)
  • 「食べる」ことに問題あるお子さん(摂食嚥下障害)

リハビリ4

 言語聴覚士

当院の言語聴覚士は、耳鼻科、形成外科など関連各科と連携し、4名で業務を行っております。ことばやきこえについての評価を行い、必要な場合は訓練を行っていきます。
また、お子様のことばときこえに関して、保護者の皆様からのご相談も承っております。

主な業務内容

  • (1)検査:聴力検査(乳幼児の聴力検査や、脳波による聴力検査も行っています)、各種言語検査、構音検査、発達検査を必要に応じて行っていきます。
  • (2)言語訓練:それぞれのお子様に合った訓練プログラムに沿って、週に1回~月に1回程度の割合で行っています。うまく発音できない(構音障害)、ことばがなかなか増えない(言語発達遅滞)、などに対する訓練がほとんどですが、その他のことばに関するご相談(吃音、音声障害など)も承っております。
  • (3)口唇・口蓋裂に関する言語・発達相談:口唇・口蓋裂を持つお子様の保護者の皆様が不安に思われることのひとつとして、ことばの問題が挙げられると思います。当院言語室ではチーム医療の一環として、乳幼児期の哺乳・摂食の様子から発声・発音についてまで、形成外科受診と並行して関わっていきます。

 心理判定員

心理判定員は、精神科医師の指示のもとに、心理検査と心理療法を行っています。

  • 心理検査は、発達検査や性格検査等を行っています。
  • 心理療法は、外来受診中の患者様と入院している患者様を対象に、定期的にプレイセラピー・カウンセリングを行っています。

心理検査・心理療法ともに全予約制となっております。

 視能訓練士

視能訓練士(4名)は眼科医の指示のもとに視機能検査を行うとともに斜視や弱視の訓練治療にもたずさわっております。

当院では以下のような業務を行っております。

  1. 眼科一般検査:視力検査(ランドルト環を用いて)、乳幼児視力検査(縞指標を用いて)、視野検査(見える範囲の検査)、屈折検査(遠視や近視の程度を調べる検査)、眼鏡検査(眼鏡の度数を合わせる検査)などを行っております。
  2. 斜視弱視検査:斜視、弱視のお子様に両眼視機能検査(右眼と左眼をどのように使っているのかを調べる検査)、膜プリズム検査(斜視のずれの角度を膜プリズムで補正する検査)などを行っております。
  3. 視能矯正訓練:斜視訓練は主にシノプトフォアという器械を用いて両眼視機能(右眼と左眼を上手に使う機能)の獲得、回復を目指します。弱視訓練は弱視訓練機器やパズル、ぬり絵などをとおし、視力や家庭での訓練状況のチェックを行い、今後の訓練方法を検討します。また当院ではまだ始めたばかりではありますが、低視力(ロービジョン)のお子様に対する補助具の紹介も行っております。

乳幼児期はお子様の目の成長にとって、とても大切な期間です。私たちは目に異常をもったお子様の治療のお役に少しでも立ちたいという思いで検査、訓練を行っております。眼鏡装用、アイパッチによる遮蔽訓練など、はじめは抵抗があるかと思いますが保護者様のご理解、ご協力をお願いいたします。

 

 歯科衛生士

当歯科室は、重篤な全身疾患を有する患者さまが多く来院されます。

外来診療においては、障害に対する患者さま個々に合わせた歯科治療への導入は歯科衛生士の役目であり、診療中事故が起きないよう細心の注意を払います。

当歯科室では、障害児の治療には不可欠な「ラバーダム防湿法」を100%行います。

ラバーダムとは歯に装着するゴム状シートのマスクで、ラバーシートの上に治療する歯だけを露出させ、シートの上で作業を進めます。

歯科1

頬粘膜や舌はシートの下にあり、歯を切削するときに体動の激しい小児に対し頬粘膜や舌を傷つけたりしないよう防御するためです。

また、小さい器具の誤嚥や薬剤・粉塵などの咽頭への流れ込みを防ぐ役目もあります。

小児は唾液が多いので患歯を唾液から隔離し、乾燥された清潔な術野を維持することもできます。

小児の安全で快適な歯科治療のため手助けできるよう努めています。

外来歯科診療補助のほか、病棟の口腔ケアの関わりも重要です。

特に取り組みとして、誤嚥性肺炎・化学療法・感染性心内膜炎・重症心身障害児の口腔ケアに力を入れています。

 

乳幼児期における口腔衛生に関する動機付けは非常に大切であり、ブラッシング技術の習得と習慣性を定着していただくことを目指し日々子供たちと関わっております