• 病院紹介
  • 病院ご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年5月23日

栄養科

入院中の食事について: 栄養管理: 栄養指導: 食育

栄養科の業務

私たちは安全で心のこもった食事の提供につとめ、よりよい食事をめざしています。

スタッフ紹介

栄養科部長:櫻井 美夏子

管理栄養士:5名

委託:25名

栄養や食事に関してご質問のある方は、お気軽に声をかけてください。

 入院中の食事について

食事時間

朝食

7時30分

おやつ(幼児のみ)

10時00分

昼食

12時00分

おやつ

15時00分

夕食

18時00分

食事の種類

月齢や年齢により「一般食」としてミルク、離乳食、幼児前期・後期食、学童前期・後期食、青年期食、成人期食、産科食に分けています。
疾患により「特別食」として治療乳、エネルギーコントロール食、たんぱく制限食、減塩食、アレルギー食、脂肪制限食、潰瘍食等を主治医の指示に従い、きめ細かく対応しています。

選択食

毎週木・金・日曜日に学童期以上の一般食を食べている患者さまに、昼食と夕食の主菜が選べる選択食を実施しています。

行事食

季節ごとの行事に合わせて季節の新鮮な食材を使用し行事食を実施しています。

季節の新鮮な食材を使用し、変化に富んだ食事の提供を行っています。
アレルギーなど制限があるときの食事にきめ細かく対応しています。
主食は米飯、軟飯、全粥、パン、麺類、おにぎりを選択できます。
摂食嚥下能力に応じた調整(一口大、きざみ食、ペーストなど)をしています。
食欲がなく食べられないときはご相談ください。

 栄養管理

患者さま一人ひとりに栄養管理計画書を作成しています。
多職種による栄養サポートチーム(NST)等、チーム医療の一員として活動しています。
外来、入院で患者さまの栄養サポートを行っています。

 栄養指導・相談

医師により栄養相談が必要と判断された患者さま、または患者さまがご希望された際に個別で患者さまの栄養相談を行っています。相談をうけるには主治医からの予約が必要になります。相談を希望される方はお申し出ください。

 食育

長期入院の患者さまが多い病棟で、入院患者さまに食育を実施しています。

≪目的≫

  • 病院食をもっと理解してもらうために
  • 長期入院のため食育を受ける機会のない患者さまの心身の健全な育成のために

≪内容≫

  • 「料理カードでバイキング」
  • 「おやつバイキング」
  • 「献立を考えよう」
  • 「給食室訪問」
  • 「簡単調理実習」等