ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年8月9日

臨床研究に関するお知らせ(オプトアウト)(平成30年8月8日現在)

2011年4月から2014年2月まで、大腸がんでWJOG6210の臨床試験に参加しFOLFIRI+アバスチンまたはFOLFIRI+ベクティビックスの化学療法を受けた患者さんへの研究協力のお願い

オキサリプラチン、ベバシズマブを含む初回化学療法治療に不応のKRAS野生型進行・再発結腸/直腸癌に対するFOLFIRI+パニツムマブ併用療法 対 FOLFIRI+ベバシズマブ併用療法のランダム化第Ⅱ相試験(WJOG6210G)における各群での治療効果と生存期間の関連の後方視的検討 (PDF:177KB)

該当する臨床研究

研究番号:H30-153

課題名:オキサリプラチン、ベバシズマブを含む初回化学療法治療に不応のKRAS野生型進行・再発結腸/直腸癌に対するFOLFIRI+パニツムマブ併用療法 対 FOLFIRI+ベバシズマブ併用療法のランダム化第Ⅱ相試験(WJOG6210G)における各群での治療効果と生存期間の関連の後方視的検討

研究期間:2018年7月11日~2019年9月1日

胸部食道がんの治療のため当院に入院・通院されていた患者さんの診療情報を用いた医学系研究に対するご協力のお願い

「高齢(65歳以上)の切除可能胸部食道扁平上皮がんに対する治療成績に関する後ろ向き多施設共同観察研究」(PDF:246KB)

該当する臨床研究

研究番号:H29-J005

課題名:高齢(65歳以上)の切除可能胸部食道扁平上皮がんに対する治療成績に関する後ろ向き多施設共同観察研究

研究期間:2017年8月8日~2020年12月31日

前立腺癌に対してロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術を施行された患者さんの研究への協力のお願い

千葉県がんセンターにおける、Parallel side dockingによるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術の治療成績(PDF:96KB)

該当する臨床研究

研究番号:H29-J126

課題名:千葉県がんセンターにおける、Parallel side dockingによるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術の治療成績

研究期間:2018年5月31日~2018年12月31日

食道がんの周術期管理を含む集学的治療の成績向上を目的とした研究へのご協力のお願い

食道がんの周術期管理を含む集学的治療の成績向上を目指した研究(PDF:99KB)

該当する臨床研究

研究番号:H29-262

課題名:食道がんの周術期管理を含む集学的治療の成績向上を目的とした研究

研究期間:2018年5月11日~2021年12月31日

転移性腎細胞癌治療のため当院でニボルマブをご使用されていた患者さんの診療情報を用いた臨床研究への ご協力のお願い

観察研究実施計画書CA209-8D3(PDF:626KB)

該当する臨床研究

研究番号:H30-109

課題名:転移性腎細胞癌患者を対象としたニボルマブの有効性と安全性の検討

研究期間:2018年5月17日~2020年12月31日

 

千葉県がんセンター整形外科にて骨巨細胞腫の治療を受けた患者さんへの研究へのご協力のお願い

HOPES010 骨巨細胞腫に関する多施設共同レトロスペクティブ研究(PDF:130KB)

該当する臨床研究

研究番号:H30-117

課題名:HOPES010「骨巨細胞腫に関する多施設共同レトロスペクティブ研究」

研究期間:2018年5月11日~2020年11月24日

 

当院にて骨巨細胞腫でご加療中の方およびご家族の方へ 研究へのご協力のお願い

当院にて骨巨細胞腫でご加療中の方へおよびご家族の方へ(PDF:799KB)

該当する臨床研究

研究番号:H29-267

課題名:製造販売後調査データを用いた骨巨細胞に対するランマークの治療効果に関する後ろ向き観察研究

研究期間:2018年4月13日~2020年3月31日

多施設共同ランダム化比較試験に参加したStageII/III進行大腸癌患者を対象とした予後予測および術後補助療法の適正化を目的とした大規模バイオマーカー研究へのお願い

多施設共同ランダム化比較試験に参加したStageII/III進行大腸癌患者を対象とした予後予測および術後補助療法の適正化を目的とした大規模バイオマーカー研究(PDF:196KB)

該当する臨床研究

研究番号:JCOG1506A1

課題名:多施設共同ランダム化比較試験に参加したStageII/III進行大腸癌患者を対象とした予後予測および術後補助療法の適正化を目的とした大規模バイオマーカー研究

研究期間:2016年1月13日~2022年1月12日

直腸癌側方リンパ節転移の術前診断能の妥当性に関する観察研究へのご協力のお願い

直腸癌側方リンパ節転移の術前診断能の妥当性に関する観察研究(PDF:247KB)

該当する臨床研究

研究番号:JCOG1410A

課題名:直腸癌側方リンパ節転移の術前診断能の妥当性に関する観察研究

研究期間:平成27年4月14日~平成32年9月30日

一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業に対するご協力のお願い

一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事(PDF:365KB)

※本研究はデータベース構築のため継続した情報の集積が必要となる事から期限の定めのない研究となります。

該当する臨床研究

研究番号:H29-243

課題名:一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND)

研究期間:2018年2月23日~(期限の定め無し)

2017年4月1日~2017年9月30日までに当院で亡くなられた患者さんのご家族の皆様へ 研究協力のお願い

看取りを迎えた症例における緩和ケア提供の実態~緩和ケアチーム未介入事例の緩和ケアの質と課題~(PDF:136KB)

該当する臨床研究

臨床研究承認番号:H29-J120

研究課題名:看取りを迎えた症例における緩和ケア提供の実態~緩和ケアチーム未介入事例の緩和ケアの質と課題~

実施期間:平成29年11月22日~平成31年3月31日

胃癌による胃出口狭窄症に対する治療法の実態調査研究へのご協力のお願い

胃癌による胃出口狭窄症に対する治療法の実態調査 ERGO-J study(PDF:133KB)

該当する臨床研究

臨床研究承認番号:H29-219

研究課題名:胃癌による胃出口狭窄症に対する治療法の実態調査 ERGO-J study

実施期間:2018年2月15日~2018年6月30日

全国骨・軟部腫瘍登録の実施についてのご協力のお願い

全国骨・軟部腫瘍登録の実施について(PDF:116KB)

※本研究はデータベース構築のため継続した情報の集積が必要となる事から期限の定めのない研究となります。

該当する臨床研究

臨床研究承認番号:H29-211

研究課題名:全国骨・軟部腫瘍登録の実施について

実施期間:2018年1月4日~(期限の定め無し)

整形外科における進行期の軟部肉腫に対するエリブリンおよびトラベクテジンの治療成績の検討へのご協力のお願い

当科における進行期の軟部肉腫に対するエリブリンおよびトラベクテジンの治療成績の検討(PDF:163KB)

該当する臨床研究

臨床研究承認番号:H29-J127

研究課題名:当科における進行期の軟部肉腫に対するエリブリンおよびトラベクテジンの治療成績の検討

実施期間:2017年12月18日~2020年8月31日

当院にて骨軟部腫瘍でご加療中の方へおよびご家族の方へのお願い

日本人における軟部肉腫に対するトラベクテジンの有用性と安全性:骨軟部肉腫治療研究会(JMOG)多施設共同研究(PDF:178KB)

該当する臨床研究

臨床研究承認番号:H29-J128

研究課題名:日本人における軟部肉腫に対するトラベクテジンの有用性と安全性:骨軟部肉腫治療研究会(JMOG)多施設共同研究

実施期間:2017年11月27日~2022年6月30日

「難治性消化器癌を対象とした治療効果予測、予後予測のためのRadiogenomics 理論の創出」へのご協力のお願い

難治性消化器癌を対象とした治療効果予測、予後予測のためのRadiogenomics理論の創出(PDF:163KB)

該当する臨床研究

臨床研究承認番号:H29-006

研究課題名:難治性消化器癌を対象とした治療効果予測、予後予測のためのRadiogenomics理論の創出

実施期間:2018年2月6日~2021年3月31日

食道癌切除症例における血清p53抗体の臨床病理学的意義に関する多施設後ろ向き解析研究へのご協力のお願い

食道癌切除症例における血清p53抗体の臨床病理学的意義に関する多施設後ろ向き解析研究(PDF:106KB)

該当する臨床研究

臨床研究承認番号:H29-201

研究課題名:食道癌切除症例における血清p53抗体の臨床病理学的意義に関する多施設後ろ向き解析研究

実施期間:2017年12月21日~2019年3月31日

「Borderline resectable 膵癌に対する術前S-1併用放射線療法後のCT検査における切除可能性診断法の検討 -JASPAC05付随研究-」へのご協力のお願い

「Borderline resectable 膵癌に対する術前S-1併用放射線療法後のCT検査における切除可能性診断法の検討 -JASPAC05付随研究-」(PDF:192KB)

該当する臨床研究

臨床研究承認番号:迅-29-137

研究課題名:Borderline resectable 膵癌に対する術前S-1併用放射線療法後のCT検査における切除可能性診断法の検討 -JASPAC05付随研究-

実施期間:平成29年3月28日~平成31年3月27日

「抗血栓療法施工中の肺悪性腫瘍手術例の検討」へのご協力のお願い

抗血栓療法施工中の肺悪性腫瘍手術例の検討へのご協力のお願い(PDF:71KB)

該当する臨床研究

臨床研究承認番号:迅-29-112

研究課題名:抗血栓療法施工中の肺悪性腫瘍手術例の検討

実施期間:平成29年10月30日~平成30年8月31日

「食道癌特異的エピゲノム異常を標的とする新規診断・治療法の開発」へのご協力のお願い

食道癌の精査・加療のため当院にかかられていた患者さんの保存試料および診療情報を用いた臨床研究に対するご協力のお願い(PDF:128KB)

該当する臨床研究

臨床研究承認番号:迅-29-52

研究課題名:食道癌特異的エピゲノム異常を標的とする新規診断・治療法の開発

実施期間:2016年2月1日〜2019年3月31日(予定)

生体試料からの遺伝子発現プロファイルを用いた食道がんサブタイプ分類と治療効果との関連に関する臨床評価試験に参加いただいた患者さんへ【長期追跡調査に伴う臨床データ使用のお願い】

生体試料からの遺伝子発現プロファイルを用いた食道がんサブタイプ分類と治療効果との関連に関する臨床評価試験に参加いただいた患者さんへ【長期追跡調査に伴う臨床データ使用のお願い】(PDF:135KB)

該当する臨床研究

臨床研究承認番号:迅-29-65

研究課題名:生体試料からの遺伝子発現プロファイルを用いた食道がんサブタイプ分類と治療効果との関連に関する臨床評価試験

実施期間:平成27年1月15日~平成35年1月14日

「切除不能大腸癌1次治療におけるTS-1、irinotecan、bevacizumab併用療法の有用性を検証する臨床第III相試験(TRICOLORE study)」に参加した方への余剰検体の保管期間延長に関するお知らせ

該当する臨床研究

臨床研究承認番号:迅-29-66

研究課題名:切除不能大腸癌1次治療におけるTS-1、irinotecan、bevacizumab併用療法の有用性を検証する臨床第III相試験(TRICOLORE study)

実施期間:2012年6月~2018年5月

「大腸癌を対象としたRASKET-B(BRAF及びRAS遺伝子変異検出試薬)の臨床性能試験」へのご協力のお願い

該当する臨床研究

臨床研究承認番号:28-3

研究課題名:大腸癌を対象としたRASKET-B(BRAF及びRAS遺伝子変異検出試薬)の臨床性能試験

実施期間:平成28年7月4日から平成30年3月31日

「中高齢者骨肉腫における化学療法の奏効性に関する多施設共同レトロスペクティブ研究」へのご協力のお願い

該当する臨床研究

臨床研究承認番号:迅-27-99

研究課題名:中高齢者骨肉腫における化学療法の奏効性に関する多施設共同レトロスペクティブ研究

実施期間:平成28年1月から平成30年12月

HER2陽性乳癌におけるペルツズマブとトラスツズマブエムタンシンを用いた術前療法の検討(ランダム化第II試験:Neo-peaks試験)にご協力いただいた患者さんへのお願い

該当する臨床研究

  • 臨床研究承認番号:迅-28-106
  • 研究課題名:HER2陽性乳癌におけるペルツズマブとトラスツズマブ エムタンシンを用いた術前療法の検討(ランダム化第II相試験:Neo-peaks試験)附随研究 長期予後観察研究(JBCRG-20Follow)
  • 実施期間:手術後約5年間(2016年12月~2021年11月)

食道原発神経内分泌細胞癌(小細胞癌)の手術を受けられた患者さん及びご家族の皆様への臨床研究に対するご協力のお願い

該当する臨床研究

  • 倫理審査承認番号:迅28-99
  • 研究課題名:食道原発神経内分泌癌(NEC)におけるマイクロRNA発現プロファイルを用いた分子生物学的サブクラスの同定と治療効果予測分子マーカーセットの探索
  • 実施期間:2016年7月1日〜2019年3月31日(予定)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。