ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > 難病対策 > 小児慢性特定疾病医療費助成制度について

更新日:平成30(2018)年11月8日

小児慢性特定疾病医療費助成制度について

お知らせ

申請時に添付する医療意見書の様式が変更されました。

平成30年10月1日以降は変更後の医療意見書(新医療意見書)を御使用ください。

※新規申請と更新・転入申請で様式が異なりますので御注意ください。

医療意見書に係る様式の移行について(厚生労働省事務連絡)(PDF:119KB)

平成30年9月1日から「寡婦(夫)控除のみなし適用」が実施されます。

要件を満たす方について、寡婦控除が適用されたものとみなして算出した市町村民税(その結果、非課税となる場合を含む)を基礎として、医療費の自己負担上限額を算定するため、より自己負担の少ない階層区分に決定されることがあります。詳しくは、リーフレット(PDF:157KB)を御確認の上、申請様式のページを御覧ください。

新たな小児慢性特定疾病医療費助成制度について

申請様式について

  • 小児慢性特定疾病医療費助成制度の申請様式については、申請様式のページをご覧ください。

重要なお知らせ

小児慢性特定疾病医療給付受給者・家族の実態調査の集計結果について

平成26年5月30日に児童福祉法の一部を改正する法律が公布され、平成27年1月1日より児童福祉法に基づく小児慢性特定疾病医療支援制度が施行されました。

それに併せ、小児慢性特定疾病児童等自立支援事業に取り組むこととなりましたが、県では慢性的な疾病にかかり、長期療養を必要とする児童等の健全育成及び自立支援を図るため、まずは受給者及び家族の状況やニーズの把握を行うこととし、平成26年度にすべての受給者及び家族を対象に調査を実施いたしました。

この度、調査結果がまとまりましたので、下記のとおりお知らせいたします。

お子様の看護を行いながらも本調査に協力してくださった保護者及び受給者の皆様ならびに、調査に協力してくださった関係者の皆様に、厚くお礼申し上げます。

小児慢性特定疾病医療給付受給者・家族の実態調査の集計結果(PDF:2,014KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課難病審査班

電話番号:043-223-2575

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?