ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > 難病対策 > 小児慢性特定疾病医療費助成制度について > 指定医療機関について(小児慢性特定疾病医療費助成制度)

更新日:令和3(2021)年6月28日

ページ番号:4839

指定医療機関について(小児慢性特定疾病医療費助成制度)

【重要なお知らせ】受給者証等の有効期間が令和3年3月1日以降に満了する方は更新申請が必要です

受給者証等の有効期間が令和3年3月1日以降に満了する方の更新申請等の手続きは、公費負担医療の適正な給付を確保する必要があることを踏まえ、通常の手続きにより行うこととします。有効期間は自動で延長されないので、御注意ください。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響から医療機関を受診できず、受給者証等の有効期限満了までに更新申請を行えない場合は、管轄の保健所又は千葉県疾病対策課に御相談ください。

 

(参考)受給者証等の有効期間が令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に満了する方は、受給者証等の有効期間を1年間延長する措置が取られました。対象となる方へは、新しい受給者証等を既にお届けしています。

1.受給者証記載の疾病名について

千葉県の小児慢性特定疾病医療受給者証の疾病名欄に記載の番号に対応する疾病名は「疾病コード一覧(令和元年7月1日時点)」(PDF:1,248KB)をご覧ください。

2.指定医療機関の指定申請について

  • 平成27年1月1日から新たな小児慢性特定疾病医療費助成制度が実施されていますが、新制度では、都道府県等が指定した医療機関(病院・診療所・薬局・訪問看護ステーション、以下「指定医療機関」と言います。)が行う医療に限り、小児慢性特定疾病児童等が助成を受けることができます。

3.指定医療機関の指定状況

4.申請手続

5.変更等の手続

  • 指定申請の内容に変更がある場合は、下記の様式4変更届出書を提出してください。
  • 業務を休止又は廃止する場合は、下記の様式5業務休止等届出書を提出してください。
  • 事業形態の変更(個人開設から法人化、法人から個人開設)については、現在の指定に係る指定辞退届出書(下記の様式6)を提出し、別途新規申請(下記の様式1)が必要です。
  • 医療機関の名称、所在地が変更となる場合は、指定を受けた指定医療機関の通知書(様式2)の原本を併せて提出してください。

6.申請書等の様式

7.申請書等の提出先

〒260-8667

千葉市中央区市場町1-1

千葉県健康福祉部疾病対策課難病審査班

8.小児慢性特定疾病情報センターについて

  • 小児慢性特定疾病の患者さんの治療・療養生活の改善等に役立つさまざまな情報の一元化を図り、小児慢性特定疾病の患者さんやご家族、患者団体等の支援団体及び関係学会等の小児慢性特定疾病に関わる皆さまに、できるだけわかりやすく情報提供する目的で、構築されたポータルサイト「小児慢性特定疾病情報センター」が立ち上げられたのでご覧ください。
  • 小児慢性特定疾病情報センター外部サイトへのリンク
  • なお、新制度では、疾病毎に医療意見書の様式が違います。作成する医療意見書もこのサイトからダウンロードでき、また、各疾病の特徴、診断の手引き等も確認できますので、ご活用ください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課難病審査班

電話番号:043-223-2575

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?