ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > 難病対策 > 小児慢性特定疾病医療費助成制度について

更新日:令和4(2022)年7月11日

ページ番号:4837

小児慢性特定疾病医療費助成制度について

お知らせ(18歳以上の成年患者の申請手続について)

令和4年4月1日から施行される改正民法に基づき成年年齢が20歳から18歳に引き下げられることに伴い、18歳以上の小児慢性特定疾病医療費助成制度の患者は成年患者として規定されます。成年患者に係る申請者は患者本人となるため、令和4年度以降の申請手続では、申請者欄に患者本人の名前を記載してください。

令和4年4月1日以降、階層区分が低I又は低IIである18歳以上の患者については、自己負担上限額に変更が生じる場合があります。自己負担上限額の変更を希望する場合は、申請者の住所地を管轄する健康福祉センターへ変更申請をいただくようお願いいたします。有効期間開始日は申請受付日の翌月初日から(申請受付日が月の初日の場合、その日)となります。

なお、現在交付済の受給者証の保護者欄の書き換えは行わず、読み替えで対応いたします。(自己負担額に変更がない場合、変更手続は不要です。)

7月1日以降の申請は当該年度の(非)課税証明書(更新申請を除く4月1日から6月30日までの申請は前年度の(非)課税証明書)が必要になります。市町村民税が非課税世帯である場合、申請者の合計所得(合計所得金額、公的年金等の収入、特別児童扶養手当等の給付等の合計額)により階層区分が低I又は低IIに決定されます。なお非課税であることから税制上の申告をしていない場合であっても、収入・所得金額等の確認が必要な場合がありますので、原則として申告した上で非課税証明書を取得して提出するようお願いします。

  • 成年患者が国民健康保険又は国民健康保険組合に加入している場合は、同じ保険に加入している被保険者全員の所得状況を確認します。(18歳未満の場合の取扱いと変更ありません。)
  • 成年患者が社会保険の被保険者である場合、患者本人の(非)課税証明書で低I又は低IIの算定を行います。
  • 社会保険に加入する親等の扶養に成年患者が入っている場合、親等被保険者の課税証明書で算定を行いますが、非課税の場合は患者本人の(非)課税証明書で低I又は低IIの算定を行いますので被保険者と患者本人の(非)課税証明書の提出が必要です。

必要書類の確認等、申請手続については、管轄の健康福祉センターにお問合せください。

お知らせ

申請時に添付する医療意見書は最新の様式を使用してください。

平成30年10月1日以降は変更後の医療意見書(新医療意見書)を御使用ください。

※新規申請と更新・転入申請で様式が異なりますので御注意ください。

医療意見書に係る様式の移行について(厚生労働省事務連絡)(PDF:119KB)

医療意見書ダウンロード(小児慢性特定疾病情報センターのホームページ)外部サイトへのリンク

新たな小児慢性特定疾病医療費助成制度について

申請様式について

  • 小児慢性特定疾病医療費助成制度の申請様式については、申請様式のページをご覧ください。

重要なお知らせ

小児慢性特定疾病医療給付受給者・家族の実態調査の集計結果について

平成26年5月30日に児童福祉法の一部を改正する法律が公布され、平成27年1月1日より児童福祉法に基づく小児慢性特定疾病医療支援制度が施行されました。

それに併せ、小児慢性特定疾病児童等自立支援事業に取り組むこととなりましたが、県では慢性的な疾病にかかり、長期療養を必要とする児童等の健全育成及び自立支援を図るため、まずは受給者及び家族の状況やニーズの把握を行うこととし、平成26年度にすべての受給者及び家族を対象に調査を実施いたしました。

この度、調査結果がまとまりましたので、下記のとおりお知らせいたします。

お子様の看護を行いながらも本調査に協力してくださった保護者及び受給者の皆様ならびに、調査に協力してくださった関係者の皆様に、厚くお礼申し上げます。

小児慢性特定疾病医療給付受給者・家族の実態調査の集計結果(PDF:2,014KB)

千葉県小児慢性特定疾病審査会について

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課難病審査班

電話番号:043-223-2575

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?