ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > しごと・雇用 > 資格・試験 > くらし・福祉・健康関連の資格・試験 > 保育士となるには > 幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例制度について

更新日:平成27(2015)年12月16日

幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例制度について

幼保連携型認定こども園への円滑な移行を促進するため、幼稚園教諭免許状又は保育士資格のいずれかを有する者に対する幼稚園教諭免許状・保育士資格の併有を促進するための特例制度が施行されました。

特例制度を利用するためには、幼稚園免許を有する者としての実務年数が、下記の対象施設で3年かつ4320時間必要(実労働時間)となります。複数施設における合算でも可能です。

なお、詳細につきましては厚生労働省のホームページ外部サイトへのリンクでご確認ください。

1対象施設

(1)幼稚園

(2)認定こども園

(3)保育所

(4)公立の認可外保育施設

(5)へき地保育所

(6)幼稚園併設型認可外保育施設

(7)認可外指導監督基準を満たす旨の証明書が交付された認可外保育施設※

※1認可外保育施設については、証明書が交付された施設・期間が対象となります。勤務施設が対象施設であるかの確認等は下記までお問い合わせください。

※2千葉市・船橋市・柏市の施設に勤務している場合は、証明書は各市において発行することとなります。勤務施設が対象施設であるかの確認についても、各市へとお問い合わせください。

2特例制度における保育士試験申請までに必要な手続について

保育士試験申請時までに、上記(7)の施設における勤務実績を含めて3年以上かつ4320時間以上の勤務実績を満たす場合、指定保育士養成施設(以下、養成施設という。)での履修後に発行される専修証明書とあわせて、対象施設での実務証明書と特例制度対象施設証明書(以下、施設証明書という。)も保育士試験の申し込み時に添付する必要があります。

したがって、施設証明書発行依頼を千葉県児童家庭課まで郵送で依頼し、保育士試験申請締め切り前までに施設証明書の発行を受けてください。その発行依頼の際には、返信用の封筒(長3型程度)及び切手も同封してください。受講可能施設につきましては、順次、厚生労働省のホームページで公開される予定です。

様式

「特例制度について」(ページ下の実務証明書の様式が欲しい)を参照してください外部サイトへのリンク

特例制度対象施設証明書(PDF:39KB)

※保育士資格を有する者の幼稚園教諭免許状取得の特例制度につきましては、県教育委員会教職員課免許班にご確認ください。(電話:043-223-4064)

(社)全国保育士養成協議会(保育士試験事務センター)外部サイトへのリンク

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部子育て支援課子育て支援班

電話番号:043-223-2317

ファックス番号:043-224-4085

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?