ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月1日

パスポートの新規申請

初めての申請、前回取得パスポートの期限切れ

申請に必要な書類(次の1-5が必要です。)

1.一般旅券発給申請書1通〔記入例〕(PDF:1,667KB)

  • 申請時20歳以上:5年用又は10年用
  • 申請時20歳未満:5年用

※申請書は旅券事務所・地域振興事務所及び市区町村役場にあります。

2.戸籍謄(抄)本1通(記載内容が最新で、発行の日から6か月以内のもの)

戸籍謄(抄)本は、本籍のある市区町村の役所で入手できます。詳しくは本籍のある市区町村の戸籍係にお問い合わせください。
また、戸籍が同じご家族の方が同時に申請する場合は、申請者全員の記載された戸籍謄本1通の提出で結構です。

3.写真1枚(6か月以内に撮影したもの)

 

写真規格

 

  • 申請書に貼らずにそのままお持ちください。
  • 縦45ミリメートル×横35ミリメートル
  • 申請者本人のみが正面を向いて撮影されたもの
  • 提出の日前6か月内に撮影されたもの
  • ふちなしで、左図の各寸法を満たしたもの
  • 無帽であるもの(宗教上又は医療上の理由により顔の輪郭がわかる範囲で頭部を布などで覆うことを認められた場合を除く)
  • 目や顔、頭の輪郭がはっきり分かるもの
  • 背景(影を含む)がないもの

※顔の大きさは左の図をご覧ください。

※眼鏡をはずしての撮影をお勧めいたします。

(色つき眼鏡、レンズの反射、目にかかるフレーム、太いフレームなど申請を受理できない場合があります。)

【注意事項】

  • 乳幼児など丸顔の場合に、顔の長さを最小である32mmとしても写真の横幅内に顔が収まらない場合には、耳を含めた顔全体を写真に収めてください。この場合、縦方向が32mmに満たなくともかまいません。(ただし、耳の横の余白は2mm以上)
  • デジタル写真の場合、網状のドットや階段状のギザギザ模様のシャギー、インクのにじみのあるものなどは受付できません。ボックス写真やデジタルカメラを利用する場合は、ご注意ください。

【パスポートの写真としてふさわしくないもの】

✖顔や頭の輪郭が隠れているもの

(例:幅の広いヘアバンド、アクセサリー、マスクなど)

✖目の輪郭や色が明瞭に確認しにくいもの

(例:カラーコンタクトや色つき眼鏡の着用、前髪が目にかかっているもの、眼鏡のレンズが反射しているもの、眼鏡のフレームが目にかかっているものなど)

✖画質が粗悪なもの、汚れ・キズのあるもの

✖不鮮明なもの、変色していたり影のあるもの

✖眼鏡のフレームが非常に太く、目や顔を覆う面積の大きいもの

✖背景に壁の柄や本人の影があるもの

✖髪色や着衣の色が背景の色と近く、区別のつきにくいもの

 

 

写真の規格について、詳しくは外務省ホームページ外部サイトへのリンクをご覧ください。

 

パスポート用の写真は、その有効期間中、諸外国の出入国管理を担当する係官がパスポート写真と所持人との同一性の確認を容易に行えるものであることが重要であり、写真の顔の大きさ以外にも顔の向きや眼鏡等についても国際規格で規定されています。

今後、各国では入国審査の際に、本人確認のために電子機器を用いた顔認証による本人確認を行うことも予想されます。このため、写真の規格が国際規格に則ったものであることが非常に重要です。

4.本人確認の書類

有効な原本(コピーは不可)

中学生以下の方で本人確認書類が用意できない場合は、親権者の下記1又は2の書類を持参してください。

代理申請の場合は、申請者の本人確認書類に加え、代理人の本人確認書類も必要です。本人確認書類の氏名、生年月日、性別、ふりがな、住所、本籍地は戸籍や住民票の記載と一致しているものに限ります。

  1. 次のものは1点

    日本国旅券(失効後6か月以内の旅券を含む)、運転免許証、マイナンバーカード(個人番号カード)、写真付き住民基本台帳カード、船員手帳、小型船舶操縦免許証(海技免状)、猟銃・空気銃所持許可証、戦傷病者手帳、宅地建物取引士証(宅地建物取引主任者証)、電気工事士免状、無線従事者免許証、官公庁・公団・事業団・公庫等の職員の身分証明書(写真のあるもの)、身体障害者手帳(写真貼替防止のあるもの)等

  2. 次のものは2点(イ+ロ)または(イ+イ)※ロ+ロは認められません。

    • (イ)健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証(健康保険証)、介護保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証、船員保険証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書(手帳)、船員年金証書(手帳)、恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(登録印も併せて持参)
    • (ロ)学生証(写真付きのもの)、会社の身分証明書(写真付きのもの、通行証や外務員証等では受付できません。)、公の機関が発行した資格証明書(写真付きのもの)、身体障害者手帳(写真貼替防止のあるもの以外)、失効旅券(本人の確認ができるもの)、母子健康手帳(中学生以下)

※社員証は、「写真」・「氏名」・「生年月日(又は住所)」の記載があるものに限る。

上記で該当がない場合は、事前にご相談ください。

※マイナンバー通知カードは、本人確認書類として使えません。

5.前回取得した旅券

失効した旅券も可能な限りご持参ください。申請受付時に確認のうえ、失効処理(穴あけ)をしてお返しします。

 6.住民票について

千葉県に住民登録をされている方が、県内パスポート申請窓口で申請をする場合には、住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)を利用して現住所を確認しますので、提出不要です。

ただし、次のいずれかに当てはまる方は、住民票を1通提出してください。

  • 住基ネットの利用を希望しない方
  • 住民登録の変更直後に申請される方 ※千葉県の住基ネットにデータが反映されないため
  • 千葉県内に住民登録のない方(居所申請) ※ただし、一時帰国の方(外国に在留し、日本国内に住民登録のない方に限る。)を除きます。

※住民票を提出していただく場合は、

記載内容が最新で、発行の日から6か月以内のもの

マイナンバー(個人番号)の記載のないもの

をご用意ください。

※県内パスポート申請窓口は、パスポート取扱窓口をご確認ください。

受取までの日数

下記の日数は、すべて土曜・日曜・休日・祝日・年末年始(12月29日から1月3日まで)を除きます。

※葛南地域振興事務所は受取りのみです。(申請はできません。)

※申請日を含めた日数となります。

※申請・受取ができる市町村窓口については、パスポート市町村窓口についてをご確認ください。

受取までの日数

区分

中央・東葛飾

各旅券事務所

葛南地域振興事務所

(受取のみ)

各地域振興事務所

(東葛飾を除く)

市町村

新規申請

6日

7日

9日

パスポート市町村窓口

について

パスポートの受取と手数料

  • パスポートは年齢に関係なく、本人でなければ受け取ることができません。
  • パスポートは、6か月以内に受け取らない場合失効しますので、必ずお受け取りください。
    受け取らなかった場合は、次回の申請時に支障が生じます。
  • 手数料はパスポート受取時に、千葉県収入証紙と収入印紙で納めてください。

※年齢は、「年齢計算に関する法律」(明治35年法律第50号)により計算されます。この法律によると年齢は誕生日の前日に1歳加算されます。このため12回目の誕生日の前々日までに申請を行った方は、12歳未満の手数料となります。

手数料一覧

区分

手数料合計額

千葉県収入証紙

収入印紙

新規

10年旅券(20歳以上)

16,000円

2,000円

14,000円

5年旅券(12歳以上)

11,000円

2,000円

9,000円

5年旅券(12歳未満)

6,000円

2,000円

4,000円

限定旅券

6,000円

2,000円

4,000円

パスポート申請上の注意事項
渡航関連情報(海外危険情報等)外部サイトへのリンク
外務省のホームページへリンク

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部中央旅券事務所旅券第一課

電話番号:043-238-5711

ファックス番号:043-238-5710

所属課室:総合企画部東葛飾旅券事務所旅券第一課

電話番号:047-366-4414

ファックス番号:047-366-4919

※中央旅券事務所は千葉市に、東葛飾旅券事務所は松戸市にあります。お近くの事務所に、電話又はメールにてお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?