ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年10月18日

麻しん(はしか)の発生に関する情報|香取健康福祉センター(香取保健所)

  • 麻しんは、平成27年3月27日付けで、世界保健機関西太平洋地域事務局により、日本が排除状態にあることが認定されましたが、その後も海外で感染した患者を契機とした国内での感染の拡大事例が散見されます。
  • 香取保健所管内で平成30年10月16日現在、香取保健所管内での発生はありませんが、麻しんは感染力が非常に強く、今後も予防接種を受けていない方を中心に感染が拡大する可能性があり、注意が必要な感染症です。

麻しん(はしか)の症状

麻しんの主な感染経路は空気感染で、その感染力は非常に強く、感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。

※麻しんを疑う症状が出た場合は、必ず事前に医療機関に電話でその旨を伝え、医療機関の指示に従い受診してください。

予防接種をしましょう

麻しんは予防接種による感染予防が有効です。

定期予防接種は早めに受け、海外に旅行される方、2回予防接種をしていない方は、かかりつけ医などにご相談の上、接種を検討しましょう。

麻しん定期予防接種
第1期 1歳以上2歳未満
第2期 5歳以上7歳未満の者であって、小学校就学前の1年間

(定期予防接種の詳細は、お住まいの市町村保健センターにお尋ねください。)

医療機関の方へ

麻しんを疑う患者が受診した場合は、予防接種歴の確認や院内感染対策の実施など麻しんを意識した診療を行うとともに、臨床症状等から麻しんと診断した場合は、速やかに最寄りの保健所に届け出していただくとともに、検体採取と5類検査票の記入にご協力お願いいたします。

採取する検体の種類

(1)血液(2~5ml):密閉できるEDTA又はクエン酸入り試験管(ヘパリン入り試験管不可)

(2)尿(10ml程度):密封できる滅菌スピッツ

(3)咽頭ぬぐい液(綿棒1本):密封できる滅菌スピッツ

※できるだけ3検体すべての採取をお願いいたします。

関連資料(医療機関向け)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部香取健康福祉センター健康生活支援課

電話番号:0478-52-9161

ファックス番号:0478-54-5407

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?