ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年6月13日

ページ番号:2905

視覚障害のある人が銀行を利用する際の配慮に係る検討会

千葉県では、「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」に基づき、誰もが暮らしやすい社会づくりを進めています。
その一環として、視覚障害のある人が銀行サービスを利用しやすくするためにはどのような配慮が必要かについて、障害当事者と銀行が直接話し合う場を設け、検討を行ってきました。
この度、話し合いの成果がまとまりましたので、お知らせいたします。
なお、地元銀行(千葉銀行、京葉銀行、千葉興業銀行)が共同歩調をとって障害者と話し合い、その要望を踏まえた措置をとることは、全国でもほとんど例のないものと聞いており、極めて意義深いものであると認識しております。

検討会の開催状況

概要

名称

視覚障害のある人が銀行を利用する際の配慮に係る検討会

構成メンバー

  • 千葉県視覚障害者福祉協会
  • 千葉市視覚障害者協会
  • 千葉銀行
  • 京葉銀行
  • 千葉興業銀行
  • 障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり推進会議

委員名簿

第1回検討会(平成22年1月27日開催)

第2回検討会(平成22年3月4日開催)

話し合いの成果

(1)窓口サービスにおける「代筆」の取扱いを整理しました。

視覚障害のある人の中には、自書することが困難な人が多くいます。

これらの方が窓口で、口座開設や振込等の手続を行おうとしても、申込書類に自書ができないため、銀行で代筆を断られたり、はじめから申込みを諦めてしまうということがありました。

そこで、行員が代筆できる書類の範囲や、代筆を行う際の手続(身体障害者手帳による本人確認や複数の行員の立会など)を整理し、視覚障害のある人の利便性の向上を図ったものです。

(2)視覚障害のある人が窓口を利用して振込をする際の手数料を、ATM(現金自動支払機)利用の場合と同額に引き下げました。

現在、各銀行では、視覚障害のある人が一人で利用できるATMの設置が進んでいます。しかしながら、このATMでは、振込を行うことができません。

そのため、視覚障害のある人は、窓口で振込をせざるを得ませんが、その場合、振込手数料がATM利用時より割高になってしまうため、視覚障害のある人から改善の要望が出ていました。

そこで、今回の話し合いを踏まえ、視覚障害のある人が窓口で振込を行う際の手数料をATM利用の場合と同額としたものです。

(3)ATMの操作方法を行員が丁寧に教えてくれることを確認しました。

これまでのATMはタッチパネルによる操作を基本としていたため、視覚障害のある人はこれを利用することが困難でした。近年「ハンドセット」という受話器により、視覚障害のある人が、預金の引き下ろしや入金等を行うことができる機種が普及してきていますが、視覚障害のある人の多くは、「ハンドセット」の操作方法を知らないため、「ハンドセット」の利用が進んでいませんでした。

そこで、視覚障害のある人が店舗で行員に申し出れば、「ハンドセット」の操作方法を丁寧に教えてくれることを確認しました。

(4)その他

窓口対応における細かな配慮などについて、双方で確認し合いました。

参考

  • 1は、京葉銀行は平成19年2月から、千葉銀行は平成22年2月19日から、千葉興業銀行は3月1日から対応済み
  • 2は、千葉銀行は平成22年2月19日から、京葉銀行及び千葉興業銀行は3月1日から対応済み
  • 1、2とも、銀行により取扱方法に若干の違いがありますので、詳しくは各行に御照会ください。

今後の取組み

今回の話し合いの成果を、県内の他の金融機関や、さらには全国の金融機関に広めていくよう、関係機関への働きかけを行っていきます。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部障害者福祉推進課共生社会推進室

電話番号:043-223-2338

ファックス番号:043-221-3977

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?