ここから本文です。

更新日:令和6(2024)年7月18日

ページ番号:7094

生育情報

千葉県内の落花生、なし、びわ、かき、みかん及び水稲の生育情報を紹介します。以下からダウンロードできます。

生育情報一覧

落花生

【調査概要】

なし

【調査概要】

びわ

【調査概要】

かき

  • 令和6年6月号(PDF:196.8KB)NEW!!
    5月の気温は平年より高かったため、開花期は平年より早くなっています。生理落果が終了したら直ちに摘果を開始し、目標の着果数に調整します。梅雨期は病害虫防除も重要な時期となるので、適期防除を心がけましょう。
  • 令和6年5月号(PDF:315.4KB)
    3月の天候は寒暖の差が大きかったため、発芽は前年より遅くなっています。5月は、大玉で高品質な果実生産を目指す上で重要な摘蕾及び授粉作業が始まるので、適期作業に努めましょう。
  • 令和5年12月号(PDF:98.5KB)

    本年は収穫が早く始まり、果実の大きさは平年並みで、糖度は「松本早生富有」は高い傾向でした。落葉後から発芽前までに整枝・せん定を実施しましょう。また、うどんこ病、落葉病、発芽前の3月中下旬、カイガラムシ類は休眠期の12~2月がそれぞれ防除適期となります。

  • 令和5年11月号(PDF:89.1KB)
    10月の平均気温は平年よりやや高く、雨量がやや少ないが、果実の生育は平年並みで
    す。11~12月は基肥の時期です。地温があまり下がらないうちに施しましょう。
    また、落葉後枝幹の中に潜んでいる害虫の幼虫の防除時期になります。
  • 令和5年10月号(PDF:96.4KB)
    9月は気温が高く、果実の肥大は進んでいます。10月は中晩生品種の収穫時期を迎え
    収穫が本格化します。早穫りを避け、適期収穫に心がけましょう。また、翌年の生育と
    着果量を確保するため、適切に追肥を行いましょう。
  • 令和5年9月号(PDF:101.5KB)
    8月は気温が平年より高く推移し、日照時間も多かったため、「西村早生」及び「松本早生富有」は果実の生育が平年より進んでいます。また、「西村早生」は着色が平年より早くなっています。収穫はヘタ部の着色程度で判断します。早生品種は果頂部とヘタ部の着色に差が生じやすいので注意しましょう。
  • 令和5年8月号(PDF:96.1KB)
    7月は中旬以降高温・乾燥が続いていますが、果実の生育は3品種ともに平年より進んでいます。枝葉が込み合っている所では枝の整理を行い、樹の内側の日当たりを良くしましょう。降雨が1週間以上ない場合はかん水を行いましょう。8月下旬~9月上旬はうどんこ病、炭疽病の防除時期となります。
  • 令和5年7月号(PDF:93.2KB)
    6月の気温は平年より高く、果実の発育は平年より進んでいます。摘果を不整形果や病害虫被害果を中心に、枝管理を込み合った所の枝葉の間引きを中心に行います。炭疽病やカキノヘタムシガ等に対する病害虫防除も重要な時期となります。
  • 令和5年6月号(PDF:89.4KB)
  • 令和5年5月号(PDF:100.3KB)
  • 過去の生育情報

【調査概要】

みかん

  • 令和6年6月号(PDF:166.2KB)NEW!!
    開花期が終わり、生理落果期となっています。夏肥の施用や黒点病の防除、さらに極早生及び早生温州の着果量、肥大を確認して粗摘果を行いましょう!
  • 令和6年1月号(PDF:118.4KB)

    今年度の気象は平均気温が全体的に平年より高く、年平均では1.4℃平年より高くなりました。降水量は全体的に平年より少なく、日照時間は全体的に平年より多くなりました。ミカンの着色は平年並み~平年より早く、糖度は平年並み~平年より高くで、酸度は低い傾向でした。

  • 令和5年12月号(PDF:120.7KB)
    普通温州の成熟は平年並み~やや早い傾向です。
    完全着色した果実から減酸、食味を確認し、順次収穫しましょう!
  • 令和5年11月号(PDF:111.2KB)
    早生温州の成熟は平年より前進傾向です。完全着色した果実から食味を確認し、順次
    収穫しましょう!
  • 令和5年10月号(PDF:121.3KB)
    極早生温州がまもなく収穫期に入ります。食味を確認し、着色の進んだ果実から順次
    収穫しましょう!また、早生温州は樹上選果を進め、収穫に備えましょう。
  • 令和5年9月号(PDF:122.6KB)
    9月1日現在の果実の生育は「日南1号」は平年よりやや遅く、他の品種はほぼ平年並みで肥大しています。今後は病害虫防除に気を付け、極早生温州は樹上選果を、普通温州は仕上げ摘果を進めましょう!
  • 令和5年8月号(PDF:126.3KB)
    8月1日現在の果実の肥大は「興津早生」、「大津4号」及び「青島温州」は平年より進んでおり、「日南1号」は平年並みとなっています。極早生、早生温州は8月上旬、普通温州は8月中旬に仕上げ摘果を行いましょう!
  • 令和5年7月号(PDF:116KB)
    樹の着果量に応じて粗摘果を進めましょう!早生温州では7月上旬まで、普通温州では7月中旬までに、葉果比10~15 を目安に行ってください。
  • 令和5年6月号(PDF:106.9KB)
  • 令和5年1月号(PDF:215.7KB)
  • 過去の生育情報

【調査概要】

水稲

令和6年

水稲育苗

 ~台風被害の対応に係る技術資料~

(1)露地プールを用いた「コシヒカリ」稚苗育成技術(PDF:538KB)

(2)遅植え「コシヒカリ」栽培暦(PDF:123KB)

(3)苗箱数を削減するための厚播き及び疎植栽培技術ー収量と玄米品質を低下させないポイントー(PDF:777KB)

【調査概要】

【水稲栽培の基本情報(水管理)】(PDF:108KB)

【水稲栽培の基本情報(穂肥)】(PDF:97KB)

【水稲栽培の基本情報(収穫)】(PDF:104KB)

【水稲栽培の基本技術(収穫後の管理)】(PDF:176KB)

病害虫発生予報(農林総合研究センター病害虫防除課)

【飼料用米品種の栽培暦】(PDF:381KB)

【生産者向け情報(水稲栽培暦等)】

【フィールドノート(担い手支援課)】

お問い合わせ

所属課室:農林水産部生産振興課園芸振興室

電話番号:043-223-2872

ファックス番号:043-222-5713

落花生については農産班(電話番号043-223-2887)
水稲については水田農業対策室(電話番号043-223-2891)
なし、びわ、かき、みかんについては園芸振興室(電話番号043-223-2872)
までお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?