ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年2月9日

生産者向け情報

安全・安心な千葉の米の生産に取り組みましょう!~適正な土壌管理で放射性セシウムの吸収抑制を図りましょう~

平成24年4月1日から、一般食品に含まれる放射性セシウムの基準値は1キログラム当たり100ベクレルとなりました。このため、米の生産に当たっては、より一層の注意が必要となります。

そこで、県では米の放射性セシウムの吸収を抑えるための技術資料を改めて作成しました。

平成27年産の作付けに向けて本資料を活用の上、消費者の皆様により安心して食べていただける米の生産に取り組みましょう。

水稲育苗対策~適切な温度管理で育苗期の病気を防ぎましょう~

近年、3~4月の育苗期間は天候が不安定なことから、細菌病の発生や育苗の失敗が見られます。

育苗時の温度管理に特に注意し、病気の発生を防ぎ、健全な苗を育てましょう。

気象変動に備えた、良質で安定した収量の米を作るための「ふさおとめ」の栽培暦

千葉県で育成し、平成10年から一般栽培されている水稲うるち品種「ふさおとめ」についての栽培暦です。近年の気象変動の中で、品種の特性を生かしながら安定して良質な米を作るために、極端な疎植を避け、適正施肥量を守り、早めの茎数の確保を心がけて栽培しましょう。

これからの気象変動に備えた、良質な米を作るための「ふさこがね」の栽培暦

千葉県で育成し、平成18年から一般栽培されている水稲うるち品種「ふさこがね」について、近年の気象変動の中でも、良質な米を作るための栽培を記しています。

「ふさのもち」の栽培暦

千葉県で育成し、平成23年から一般栽培されている水稲糯品種「ふさのもち」の栽培暦です。

電力不足に対応した米の乾燥調製作業のポイント

東日本大震災により福島第一原子力発電所等が稼働できなくなったことから、今夏の電力供給不足が懸念されます。特に本県では、電力需要が高まる8~9月に水稲の収穫・乾燥調製時期が重なることから、節電に心がけ、計画的な収穫作業を進めましょう。

  • 電力供給不足に対応した米の乾燥調製作業のポイント(PDF:186KB)

    その他(県関係機関の各種情報へのリンク)

    千葉県内の「水稲、落花生、なし、びわ、かき、みかん」の生育情報を掲載しています。

    調査をもとに千葉県の病害虫予報を発表し、注意を要する病害虫とその防除法についてまとめています。

    作物ごとに、施肥基準を掲載しています。

    千葉県内各地域における主要作物の栽培管理について月ごとに紹介しています。

    担い手支援課専門普及指導室が有用な技術や普及方法について紹介しています。

  • よくある質問

    Adobe Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    お問い合わせ

    所属課室:農林水産部生産振興課農産班  

    電話番号:043-223-2887

    ファックス番号:043-222-5713

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?

    このページの情報は見つけやすかったですか?