ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年9月14日

屋外広告業の登録制度

お知らせ

  • 屋外広告業者登録一覧をデータ更新しました。(平成28年8月31日現在)
  • 登録の更新について
    この登録の有効期間は5年間ですが、その後も県内で業を続ける場合は、有効期間満了の30日前までに登録の更新申請を行う必要があります。平成23年度に登録(新規・更新)された方は今年度更新手続が必要です。
    千葉県では、当該更新登録の申請については登録申請期限日(有効期間満了の30日前)以前であれば随時受付していますので、お早めの申請をお勧めします。
  • 住民票について
    • 住民票の住所が千葉県内となっている個人については、住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)を利用して確認しますので、登録申請・変更届出の際に住民票の添付が不要です。
      [参考]条例に基づく本人確認情報の利用
    • 住民票の住所が千葉県外となっている個人については、登録申請・変更届出の際に個人番号(マイナンバー)が記載されていない住民票の添付が必要です。
      ※平成28年1月1日より行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(マイナンバー法)が施行されたことに伴い、個人番号(マイナンバー)が記載されている住民票は、原則として受理することはできませんのでご注意ください。
      ※市役所等で住民票を取得する場合は「個人番号記載なし」の住民票を発行申請してくださるようお願いします。
  • 屋外広告業の登録申請、変更届出に関する法人の「誓約書」の提出方法が変更になりました。

平成26年7月から、法人の登録申請、変更届出の添付書類として提出いただく「誓約書」は、代表取締役のみ(代表者印を押印したもの)を提出いただくこととなりました。来庁による申請の場合、平成26年12月26日まで(郵送による申請の場合、平成26年12月31日消印分まで)は、変更前の「誓約書」提出方法(役員全員分(役員の私印を押印したもの))でも受付を行います。なお、平成27年1月1日以降は、変更後の提出方法のみ受付を行いますので、御留意ください。

詳しくは、登録申請等の書き方(「屋外広告業の登録の手引き」平成28年5月版)を御確認ください。

屋外広告業の登録窓口は、平成25年4月1日から、本庁舎13階に変更になりました。

  • 屋外広告業の登録制度について

平成16年に屋外広告物法が改正されたことに伴い、平成17年12月に千葉県屋外広告物条例を改正し、屋外広告業の登録制度を導入しました。
このため、平成18年4月以降に千葉県内(千葉市、船橋市及び柏市を除く。)(以下「県内」という。)で屋外広告業を営む方は、千葉県で屋外広告業の登録を受けなければならないこととなっています。

目次

  1. 屋外広告業とは
  2. 登録制度の概要

(注意)登録等に必要な書類は、2.(3)「登録等の手続」をご確認ください。

 

千葉県屋外広告業者登録一覧(PDF:440KB)((PDF:1,350KB)平成28年8月31日現在)

 1.屋外広告業とは

屋外広告物の表示または掲出物件の設置を業として行うことをいいます。

単に屋外広告物の印刷、製作等を行うだけで、実際に屋外広告物を表示し、または掲出物件の設置を行わない場合は、屋外広告業に該当しません。

 2.登録制度の概要

 (1)目的

良好な景観の形成や公衆に対する危害の防止を図るためには、広告物自体の制限に加えて、違反を繰り返す業者を取り締まることが効果的と考えられます。

このため不適格な業者を排除するとともに、優良な業者の育成を図るため、現行の届出制度に代わり登録制度を導入することとしました。

 (2)登録制度の概要

[主なポイント]

  • <1>県内(千葉市、船橋市及び柏市を除く。)で屋外広告業を営む場合、千葉県に登録が必要となります。
  • <2>屋外広告業の登録をするには、一定の要件を満たす必要があります。
  • <3>屋外広告業の登録後は、営業所ごとに屋外広告業の登録を受けている旨の標識の設置などを行う必要があります。
  • <4>登録の有効期間は5年間となります。その後も営業を続ける場合は、登録の更新を行う必要があります。
  • <5>登録内容に変更がある場合、届出の手続が必要となります。(廃業等の場合も同様です。)
  • <6>県条例などに違反した場合は、登録の取消しや罰則などの処分を受ける場合があります。

[説明]

<1>

屋外広告物法では、都道府県、政令指定都市及び中核市が、屋外広告物条例を制定することにより、それぞれの行政区域に係る屋外広告物の制限を行うこととされていることから、千葉県内においては、千葉県、千葉市外部サイトへのリンク船橋市外部サイトへのリンク外部サイトへのリンク及び柏市外部サイトへのリンクが各々の屋外広告物条例に基づき事務を行っているところです。

このため屋外広告業の登録(届出)についても、各々の自治体での手続が必要となります。

【県条例第17条の2第1項関係】

<2>

  1. 登録申請者が以下に該当する場合、登録できません。(登録の欠格要件)
  • 登録の取消し処分のあった日から2年を経過しない者であるとき。
  • 登録の取消し処分のあった日の30日以前に屋外広告業者の役員であった者で、その処分のあった日から2年を経過していない者であるとき。
  • 営業の停止を命ぜられ、その停止の期間が経過しない者であるとき。
  • 他の都道府県等の屋外広告物条例に基づく処分に違反して罰金以上の刑に処せられ、その執行が終わり、または執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない者であるとき。
  • 営業所ごとに業務主任者(屋外広告物に関する知識を有する者として認められた者)を選任していないとき。
  • 法人の役員、あるいは、屋外広告業に関し成年者と同一の行為能力を有しない未成年者の法定代理人(法定代理人が法人である場合にあっては、その役員を含む。)が、上記の欠格要件のいずれかに該当するとき。
  • 申請書もしくは添付書類等において、重要な事項について虚偽があり、もしくは重要な事実の記載が欠けているとき。

【県条例第17条の5関係】

  1. 登録する場合、屋外広告物に関する知識を有する者として以下の者を、業務主任者として営業所ごとに置かなければなりません。
  • 屋外広告士(屋外広告物法第10条第2項第3号イの試験に合格した者)
  • 屋外広告物講習会修了者
  • 職業能力開発促進法に基づく、広告美術仕上げに係る職業訓練指導員免許の所持者、技能検定に合格した者または職業訓練を修了した者など

【県条例第17条の11関係】

<3>

知事の登録を受けて屋外広告業を営む者は、営業所ごとに、公衆の見やすいところへ千葉県屋外広告物条例施行規則(以下「県規則」という。)で定められた様式の標識を掲げることが必要となります。

また、営業所ごとに、県規則で定める帳簿を備え付け、5年間保存することが必要となります。

詳細は“(4)登録後にしなければならないこと”を参照してください。

【県条例第17条の12及び第17条の13関係】

【県規則第28条及び第29条関係】

<4>

県条例では、登録の有効期間は5年としており、その後も、営業を続ける場合は、更新の有効期間の満了の日の30日前までに、更新の登録の申請を行う必要があります。

【県条例第17条の2第2項及び第3項関係】

【県規則第18条関係】

<5>

登録した内容に変更が生じた場合は、変更があった日から30日以内に県に届出が必要となります。

また、屋外広告業を廃業する場合や法人が合併する場合などは、廃業等の届出が必要となります。

詳細は“(3)登録等の手続「イ変更の届出」、「ウ廃業等の届出」”を参照してください。

【県条例第17条の6及び第17条の8関係】

【県規則第22条及び第24条関係】

<6>

県条例(他の自治体の屋外広告物条例を含む。)に違反すると、登録の取り消し、もしくは6ヶ月以内の期間を定めた営業の停止、または、罰金刑に処せられる場合があります。

詳細は“(5)監督処分等”を参照してください。

【県条例第17条の15及び第21条関係】

 (3)登録等の手続

  • 屋外広告業の登録や届出の手続をする場合は、必要事項を記入した書類及び添付書類を千葉県に提出してください。(正・副各1部を提出。副は写しでも可)
  • 登録の手続は、県内で営業する事業所の数に関わらず、1事業者ごとの手続となります。
  • 登録申請手数料は、登録申請の審査事務に要するものであり、登録されなかった場合や、登録申請を取り下げる場合であっても還付されません。
  • 郵送で提出された場合に、内容に不備があるなどの事由により来庁していただく場合もありますので、ご了承ください。
  • 県で登録した場合、登録した旨の通知書を送付いたします。

(※平成18年4月1日から登録申請の受付を開始しました。)

【提出先】

千葉県県土整備部都市整備局公園緑地課景観づくり推進班(本庁舎13階)

〒260-8667葉市中央区市場町1-1
電話043-223-3998または3279(直通)

【提出方法】

申請等の書類を持参してください。
郵送の場合は、申請書のおもての余白に千葉県収入証紙を貼り付けてくださるようお願いします。

千葉県収入証紙が貼られていない場合は受け付けできません。

【受付時間】

月曜日から金曜日(休日を除く。)の午前9時から正午まで及び午後1時から午後5時まで

 ア新規・更新の登録申請

【申請方法】

必要な書類を持参または郵送してください。

【提出部数】

正副1部ずつ提出してください。

【申請手数料】

申請書のおもての余白に千葉県収入証紙(10,000円分)を貼り付けてくださるようお願いします。

「千葉県収入証紙について」・・・千葉県収入証紙の販売場所等は、こちらからご確認ください。

【提出書類】

更新の登録申請の場合は、登録有効期間の満了の日の30日前までに申請する必要があります。

更新の際、有効期間の満了の日が土・日曜日に当たる場合、その前日までに手続を済ませてくださるようお願いします。

登記事項証明書及び住民票は申請日の前3ヶ月以内に発行されたものを提出してください。

申請区分ごとの必要書類

書類

申請者の区分
個人 法人

屋外広告業登録申請書(別記第13号様式)

必要

必要

略歴書(別記第14号様式)

必要

必要
代表取締役及び取締役全員

※監査役は含まない

誓約書(別記第15号様式)

必要

必要
代表取締役

※代表者印を押印したもの

住民票(住民票の住所が千葉県外の場合のみ、マイナンバー(個人番号)の記載されていないもの) 必要 -

登記事項証明書

-

必要

業務主任者の資格を証する書面(以下のうちいずれかの書面の写し)

  • 屋外広告士登録証
  • 屋外広告物講習会修了証書
  • 技能検定合格証書(広告美術仕上げ)
  • 職業訓練指導員免許証(広告美術仕上げ)
  • 職業訓練課程(広告美術仕上げ)の修了証

必要

必要

※申請者個人又は法人の役員が未成年である場合は、上記の他にも提出していただく書類がありますので申請前にお問い合わせください。

 イ変更の届出

【届出方法】

届出の書類を持参または郵送してください。(手数料は不要です。)

届出書類には、切手を貼った返送用封筒を同封してください。

【提出部数】

正副1部ずつ提出してください。

【提出書類】

変更のあった日から30日以内に届け出る必要があります。

登記事項証明書及び住民票は申請日の前3ヶ月以内に発行されたものを提出してください。

申請区分ごとの必要書類

書類

申請者の区分

個人

法人

変更の届出

屋外広告業登録事項変更届出書(別記第17号様式)(PDF:72KB)
屋外広告業登録事項変更届出書(別記第17号様式)(ワード:31KB)

※届出書のほか、変更事項に応じて以下の書面を提出

区分

個人 法人

氏名(名称)、住所、法人の代表者

住民票

(住民票の住所が千葉県外の場合のみ、マイナンバー(個人番号)の記載されていないもの)

登記事項証明書

県内にある営業所の名称・住所

登記事項証明書
(商業登記の変更を必要とする場合のみ)

法人の役員

-

  • 登記事項証明書
  • 略歴書

※新たに就任された役員の方のもの

略歴書(別記第14号様式)(PDF:34KB)

略歴書(別記第14号様式)(ワード:62KB)

  • 誓約書

※代表取締役

(代表者印を押印したもの)

誓約書(別記第15号様式)(PDF:28KB)

誓約書(別記第15号様式)(ワード:45KB)

申請者が未成年者である場合の法定代理人、法定代理人の住所

業務主任者、所属する営業所名

業務主任者の資格を証する書面
(登録申請時と同じ)

 ウ廃業等の届出

【届出方法】

届出の書類を持参または郵送してください。(手数料は不要です。)

届出書類には、切手を貼った返送用封筒を同封してください。

【提出部数】

正副1部ずつ提出してください。

【提出書類】

屋外広告業廃業等届出書(別記第19号様式)(ワード:32KB)

届出を行う者は、以下の表の区分によります。

廃業等に至った日から30日以内に届け出る必要があります。

原因別届出を行う者

原因

届出を行う者

屋外広告業を営む者が死亡した場合

相続人

法人が合併により消滅した場合

法人を代表する役員であった者

法人が破産手続開始の決定により解散した場合

破産管財人

上記以外の理由で法人が解散した場合

清算人

屋外広告業を廃止した場合

屋外広告業者であった個人または法人を代表する役員

(4)登録後にしなければならないこと

 ア標識の掲示

千葉県内で営業を行う営業所ごとに所定の標識を掲げなければなりません。

標識(別記第24号様式)(ワード:29KB)

標識を掲げない場合、5万円以下の過料処分になる場合があります。

 イ帳簿の備付け

千葉県内で営業を行う営業所ごとに、営業に関する所定の帳簿を備え、5年間保存しなければなりません。(電子データでの保存可。)

帳簿(別記第25号様式)(ワード:27KB)

帳簿を備付けない場合、5万円以下の過料処分になる場合があります。

 (5)監督処分等

 ア登録の取消しまたは営業の停止命令

以下に該当する場合、登録の取消しや6ヶ月以内の期間で営業の停止に処される場合があります。

  • 不正の手段により登録を受けたとき
  • 登録の要件に適合しなくなったとき
  • 変更の届出をせず、または虚偽の届出を行ったとき
  • 県条例(他の自治体の屋外広告物条例を含む。)または、これに基づく処分に違反したときなど。

 イ罰則

以下に該当する場合、30万円から10万円以下の罰金刑に処せられる場合があります。

  • 登録を受けずに屋外広告業を営んだ者
  • 不正の手段により登録を受けた者
  • 営業の停止命令に違反した者
  • 業務主任者を選任しなかった者
  • 変更の届出をしない者、または虚偽の届出をした者など。

罰則以外にも、軽微な義務違反の場合、5万円以下の過料処分の規定があります。

 (6)その他(登録簿の閲覧・登録謄本の交付など)

登録した屋外広告業者は「屋外広告業者登録簿(以下「登録簿」という。)」に登載され、登録簿は千葉県県土整備部公園緑地課で、一般の閲覧に供することとします。

また、登録簿の謄本は、1通につき400円(交付請求書に千葉県収入証紙を貼付)で交付します。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部公園緑地課景観づくり推進班

電話番号:043-223-3998・3279

ファックス番号:043-222-6447

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?