サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 水産業 > 水産業振興 > 水産資源増養殖の取組み

更新日:平成27(2015)年9月30日

水産資源増養殖の取組み

三方を海に囲まれた千葉県では、沖合いにはイワシやサンマ・サバ等の優良な漁場が形成されるとともに、東京湾ではノリ養殖が、さらに九十九里地域も含めた砂浜域ではアサリやハマグリなどの貝類漁場が、また房総半島等の磯根ではアワビやイセエビなどの漁場が形成されるなど水産資源に富んでおり、全国有数の漁獲量を誇っています。

しかしながら、近年は海況の変化や漁獲圧力等により、資源の減少が生じております。

そこで、ノリなどの養殖業に対し、助成や技術的指導を行い振興を図るとともに、種苗放流や資源管理の推進などを行うことにより、水産資源の維持増大に努めております。

資源増養殖の主な取り組み

海面養殖業の紹介

磯根漁業(地域特産品)の紹介

 

 

/gyoshigen/suisanshigen/images/ama.jpg

 

/gyoshigen/suisanshigen/images/katta.jpg

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部漁業資源課漁場環境整備班

電話番号:043-223-3039

ファックス番号:043-201-2616

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?