ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月1日

ハバノリの生産紹介(ちばの水産業)

鴨川市天津地区・小湊地区を中心とした外房でハバノリは生産されており、地元での消費は余りありませんが、東金、海匝等の東総地域で『ハバノリをふりかけた雑煮でないと正月が来た様な気がしない』と珍重されています。

  • 11月下旬頃の気温・水温の低下とともにハバノリは外房の磯に芽を出します。
  • 漁業者は、冬から春にかけて10~15cmに成長したハバノリを摘み取ります。

  • 摘み取ったハバノリは石などの異物を取り除き海水で洗い、2~3cmに裁断します。
  • すき水(海水)のなかで、ノリ簀の上に枠をのせたものを厚みが均一になるようにハバノリを広げます。

  • 乾し台にノリ簀を並べ、天日で乾かします。1枚の乾燥重量は地区により異なり、天津・小湊地区では1.5g程度、夷隅地区では5~8g程度です。
  • 10枚単位で袋に入れて出荷されます。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部漁業資源課栽培漁業班

電話番号:043-223-3035

ファックス番号:043-201-2616

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?