ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 県税 > 県税に関するお知らせ > 県税に関する申請・届出における押印の見直しについて

更新日:令和3(2021)年4月30日

ページ番号:432212

県税に関する申請・届出における押印の見直しについて

千葉県では、県民、事業者から提出される県税に関する申請、届出などの書類について、令和3年4月1日から、原則押印を不要とすることとしました。

1 見直しの対象となる書類

県民、事業者から提出される、県税に関する申請や届出などの書類(ただし、一部を除く)

  • 様式に押印欄が設けられていても、押印していただく必要はありません。
  • 押印していただいた書類についても、従前どおり受け付けます。 

2  押印を求める書類

以下の書類については、引き続き押印を必要とします。

  • 国の法令により押印が求められているもの。
  • 本人以外の第三者が作成するもの。(委任状や承諾書など)
  • 提出に際して印鑑証明書の添付を求めているもの。(担保提供書など)
  • 金融機関の口座振替手続に関するもの。
  • 暴力団の排除に関するもの。

お問い合わせ

所属課室:総務部税務課企画税制班

電話番号:043-223-2128

ファックス番号:043-225-4576

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?