ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 行財政改革 > 行政改革 > 規制改革 > 県の行政手続における押印の見直しについて

報道発表案件

更新日:令和3(2021)年3月30日

ページ番号:427239

県の行政手続における押印の見直しについて

発表日:令和3年3月29日
総務部行政改革推進課

 県では、県民等の負担軽減及び利便性の向上を図るため、行政手続のオンライン化を見据え、国の押印見直しの取組及び結果を参考に、押印見直しを行います。

 行政手続として県に提出される様式約13,500件のうち、県が押印を独自に見直せる様式約5,800件について、真に必要な場合を除き、押印を廃止します。令和3年4月以降、各所属において検討が済んだ行政手続から順次、押印を求めないこととします。

1 押印見直しの概要

(1)県の定める手続における押印見直しの考え方

  押印を求める必要性や代替手段の有無を手続ごとに確認しながら、次の1~3により、押印を見直します。

  1. 押印を求める根拠が無い手続は、速やかに押印を廃止。
  2. 認印の押印を求めている手続は、原則として押印を廃止。
  3. 登記印・登録印(例:法人の代表者印、個人の実印)の押印を求めている手続は、印鑑証明書の添付を求めていない場合、原則として押印を廃止。

(2)検討の状況

  1. 手続総数(約13,500件)のうち、県の定める手続は約7,500件、国等の定める手続は約6,000件です。
  2. 県の定める手続(約7,500件)のうち、現在、押印が必要な手続は約5,800件、押印が不要な手続は約1,700件です。
押印が必要な手続(約5,800件)の検討の状況
検討の状況 該当する手続の例
廃止・廃止予定:約4,600件(80%)

印鑑証明書を求めていない手続、補助金手続、事実の届出・報告

検討継続:約800件(13%)

第三者による証明書・承諾書、委任状、同意書、誓約書、契約手続

存続・存続予定:約400件(7%)

印鑑証明書を求めている手続、許認可申請、契約書

  • 知事部局、企業局、病院局、県議会事務局、教育庁、警察本部その他行政委員会等事務局の行政手続の件数を合算した、令和3年3月31日時点の見込み数値となります。

2 補足事項

(1)各手続の押印等の要否は、各所属において県ホームページ等により周知を順次行いますので、詳しくはそちらを御確認ください。

(2)押印廃止後であっても、従前どおり押印した場合でも受け付けます。

(3)署名を求めていた手続についても、併せて見直します。

(4)内部手続についても、行政手続と同様、令和3年度以降、押印廃止やデジタル化を順次進めます。

(5)国等の定める手続の押印見直しは、その手続を定めた国等の判断となります。

お問い合わせ

所属課室:総務部行政改革推進課行政改革班

電話番号:043-223-2460

ファックス番号:043-224-1055

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?