サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成26(2014)年2月28日

平成22年千葉県毎月常住人口調査報告書(年報)

平成24年1月
千葉県総合企画部統計課
電話:043-223-2223・2224

他の年のデータへ

目次

利用上の注意

県人口の推移(エクセル:26KB)

結果概要

  1. 人口総数
  2. 人口増加
  3. 人口密度
  4. 人口性比
  5. 世帯数
  6. 県外との人口移動

統計表

付録

利用上の注意

ページの先頭へ戻る

1.平成22年10月1日以降の人口及び世帯数について

平成22年10月1日以降の人口及び世帯数は、平成22年国勢調査による人口・世帯数を基準に推計している。

<参考1>千葉県毎月常住人口調査の人口推計方法

千葉県毎月常住人口調査による各月1日現在の県及び市区町村別人口及び世帯数は、直近の国勢調査結果(5年ごとに調査)を基準とし、これに住民基本台帳及び外国人登録による人口及び世帯の増加数を加減して集計している。

よって、平成22年9月1日までの人口及び世帯数は、平成17年国勢調査結果を基準に集計しているが、平成22年10月1日現在の人口及び世帯数は、平成22年国勢調査結果とし、平成22年11月1日現在以降は、平成22年国勢調査結果を基準に推計する。

2.平成22年9月中の人口及び世帯数の増加数について

平成22年10月1日現在の人口及び世帯数は、平成22年国勢調査による人口及び世帯数となるため、平成17年国勢調査結果を基準に推計した平成22年10月1日現在の人口及び世帯数との間に、基準となる国勢調査結果の違いによる「差異」が生じる。

この「差異」を平成22年9月中の社会増加数の「その他の増加数」に計上したため第1表~第8表の統計表中数値には、「差異」が含まれている。

なお、県及び各市区町村別の「差異」については、第11表のとおりである。

<参考2>基準となる国勢調査の違いによる「差異」

区分

平成22年国勢調査結果

(A)

平成17年国勢調査結果を基準とした

平成22年10月1日現在推計値(B)

差異

(A)-(B)

人口総数

6,216,289

6,202,459

13,830

3,098,139

3,096,687

1,452

3,118,150

3,105,772

12,378

世帯数

2,515,904

2,523,514

-7,610

3.面積について

県及び各市区町村の面積は、平成21年10月1日現在、国土交通省国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」による。ただし、一部境界未定地のある市町については総務省統計局において推計した数値である。

4.市町村合併について

平成22年1月から平成22年12月までに合併した市町村については、平成23年1月1日現在の市町村の境域に組み替えて掲載した。

結果概要

ページの先頭へ戻る

1.人口総数

県人口621万人

平成23年1月1日現在の本県の人口は6,217,027人で、前年人口の6,187,319人に比べ29,708人、率にして0.48%増加した。本県の人口は、大正9年10月1日現在(国勢調査)1,336,155人で、その後増加を続け、昭和49年11月1日現在では400万人を超えて、4,002,808人となった。さらに、昭和58年10月1日現在では500万人を超え5,002,542人となり、平成14年9月17日に600万人を突破した。

平成22年国勢調査によると、本県の人口は、6,216,289人で全国第6位となっている。

図1 千葉県人口の推移(各年1月1日現在)

千葉市人口96万2千人、県人口の15.5%を占める

平成23年1月1日現在の県人口を市町村別にみると、市部(36市)のうち10万人以上の市は16市あり、そのうち千葉市が962,625人(県人口に占める割合15.5%)で最も多く、郡部人口272,219人(同4.4%)の約3.5倍となっている。以下、船橋市609,107人(同9.8%)、松戸市484,436人(同7.8%)、市川市472,954人(同7.6%)、柏市404,675人(同6.5%)の順で続き、この5市で県人口の47.2%を占めている。

郡部(17町1村)では、大網白里町が50,123人(同0.8%)で最も多く、以下、横芝光町24,601人(同0.4%)、栄町22,471人(同0.4%)、酒々井町21,239人(同0.3%)、九十九里町17,919人(同0.3%)の順となっている。

図2 10万人以上の市

2.人口増加

ページの先頭へ戻る

人口増加数2万9千人、増加率0.48

平成22年中の本県の人口増加は、増加数29,708人、増加率0.48%で、前年(33,661人、0.55%)より減少した。

近年の人口増加の推移を増加率でみると、昭和42年から49年までは4%以上の増加率であったが、昭和57年からは1%台で推移、平成5年には1%を割り、平成22年には0.48%となった。

 

自然増加数は減少

平成22年中の自然増加は、増加数2,248人(出生52,625人、死亡50,377人)で、前年の4,843人(出生52,988人、死亡48,145人)に比べ出生が363人減少し、死亡が2,232人増加して自然増加数は2,595人減少した。

近年の自然増加を増加率(各年1月1日現在人口に対する自然増加総数の割合)でみると、昭和42年から54年までは1%以上の増加率であったが、昭和55年に1%を割り、平成元年以降は0.5%を下回って推移し、平成22年は0.1%を下回る0.04%となった。

 

社会増加数は減少

平成22年中の社会増加は、増加数27,460人(転入183,829人、転出171,160人、県内の移動2人、その他14,789人)で、前年の28,818人(転入197,477人、転出171,136人、県内の移動485人、その他1,992人)に比べ転入が13,648人減少し、転出が24人増加し、県内の移動が483人減少し、その他が12,797人増加して、社会増加数は前年に比べ1,358人減少した。

近年の社会増加を増加率(各年1月1日現在人口に対する社会増加総数の割合)でみると、昭和37年から昭和50年までは2%以上の増加率で、そのうち昭和44年は、3.97%と4%に近い高い増加率であったが、昭和51年以降は1%前後の増加率で推移し、平成22年には0.44%となった。

図3 人口増加率の推移(昭和36年~平成22年)

表1月別動態別人口増加数(平成22年中)(エクセル:22KB)

 

24市町村で人口増加、最高増加率は木更津市2.70%

平成22年中の人口増減を市町村別にみると、24市町村で人口が増加し、30市町で減少した。増加数では、船橋市7,711人(県人口増加数に占める割合26.0%)で最も多く、以下、柏市が6,804人(同22.9%)、千葉市5,956人(20.0%)、木更津市3,401人(同11.4%)、習志野市3,152人(同10.6%)と続いている。逆に、減少数では市川市が2,170人で最も多く、以下、八街市1,821人、匝瑳市733人、富里市582人、横芝光町518人の順となっている。

また、人口増加率では木更津市が2.70%で最も多く、以下、習志野市1.95%、流山市1.78%、柏市1.71%、白井市1.66%と続いている。逆に減少率では八街市が2.43%で最も高く、以下、神崎町2.27%、大多喜町2.21%、横芝光町2.06%、睦沢町1.96%の順となっている。

表2人口増減数上位5市町村(平成18年~平成22年)(エクセル:29KB)

表3人口増減率上位5市町村(平成18年~平成22年)(エクセル:29KB)

 

図4市町村別人口増加率(平成22年1月~12月)

図4市町村別人口増加率(平成22年1月~12月)

3.人口密度

ページの先頭へ戻る

県人口密度1,205.6人/㎢、市町村別人口密度は浦安市が9,539.3人/㎢で最高

本県の人口密度は、平成23年1月1日現在1,205.6人/㎢で、前年の人口密度(1,199.9人/㎢)に比べ5.7人/㎢高くなった。市郡別にみると、市部1,367.4人/㎢、郡部336.4人/㎢で、市部は郡部の約4倍の人口密度となっている。

人口密度を市町村別にみると、浦安市が9,539.3人/㎢で最も高く、以下、市川市8,239.6人/㎢、松戸市7,898.8人/㎢、習志野市7,853.8人/㎢、船橋市7,112.4人/㎢と続き、逆に人口密度の低い市町村は、大多喜町82.0人/㎢、長南町137.9人/㎢、長柄町170.2人/㎢、芝山町181.4人/㎢、南房総市182.4人/㎢の順となっている。

図5市町村別人口密度(平成23年1月1日現在)

図5市町村別人口密度(平成23年1月1日現在)

4.人口性比

ページの先頭へ戻る

県人口性比99.3

平成23年1月1日現在の本県の人口を男女別にみると、男3,097,920人、女3,119,107人で男が女に比べ21,187人少なく、人口性比(女100人に対する男の数)は、99.3で前年(99.8)に比べ0.5ポイント減少した。

人口性比を市町村別にみると、勝浦市の104.6が最も高く、以下、市原市104.5、富里市103.6、君津市103.4、袖ケ浦市102.1、逆に最も低いのは御宿町の88.8で、以下、南房総市89.2、睦沢町89.5、鴨川市89.8、鋸南町91.1となっている。

100以上の市町村は15市町で、100未満の市町村は39市町村となっている。

昭和36年以降の人口性比の動きを各年1月1日現在でみると、95.9から上昇し続け、昭和44年にはじめて男性人口が女性人口を上回り人口性比が100を越え、平成6年には、過去最高の102.2となった。その後は徐々に下降し、平成19年以降は再び100を下回っている。

図6 人口性比(昭和36年~平成23年、各年1月1日現在)

5.世帯数

ページの先頭へ戻る

県世帯数251万世帯、1世帯当たり人員は2.47人

平成23年1月1日現在の本県の世帯数は2,517,792世帯で、前年の世帯数2,498,589世帯に比べて19,203世帯増加し、増加率では0.77%となり、人口増加率0.48%よりも高い率となっている。

1世帯当たり人員は2.47人で、前年の2.48人に比べ0.01減少した。また、1世帯当たり人員を市町村別にみると、東庄町の3.32人が最も多く、以下、長南町・芝山町3.21人、多古町3.09人、匝瑳市3.08人と続き、逆に最も少ないのは市川市の2.15人で、以下、勝浦市2.26人、松戸市・浦安市2.31人、船橋市2.33人の順となっている。

県の1世帯当たり人員より少ないのは9市で、多いのは45市町村となっている。

表4月別世帯増加数(平成22年中)(エクセル:21KB)

図7 世帯数及び世帯人員数の推移(各年1月1日現在)

6.県外との人口移動

ページの先頭へ戻る

人口移動総数35万4千人、移動率5.73%

平成22年中の県外との移動者総数(転入者数と転出者数の和)は、354,989人で前年の368,613人に比べ13,624人減少し、移動率(各年7月1日現在人口に対する移動者総数の割合)は5.73%と、前年の5.97%に比べて0.24ポイント低下した。

 

1万2千人の転入超過、転入超過率0.20%

平成22年中の県外からの転入者数は183,829人(前年197,477人)、転出者数171,160人(同171,136人)で、転入超過数12,669人(同26,341人)となり、転入超過数は13,672人減少した。

また、平成22年の転入超過率(各年7月1日現在人口に対する転入超過数の割合)は0.20%と、前年の0.43%に比べて0.23ポイント減少した。

なお、県外との関係は、44道府県から転入超過となり、2都県へ転出超過となっている。

表5年次別他都道府県間人口移動総数(平成3年~平成22年)(エクセル:31KB)

表6千葉県との転入・転出超過上位都道府県(平成18年~平成22年)(エクセル:23KB)

統計表

第1表市区町村別推計人口(エクセル:55KB)

第2表市区町村別自然動態(エクセル:33KB)

第3表市区町村別社会動態(エクセル:44KB)

第4表市区町村別世帯数(エクセル:37KB)

第5表市区町村別県外との移動(エクセル:156KB)

第6表月別・市区町村別人口推移(エクセル:42KB)

第7表月別・市区町村別世帯数推移(エクセル:47KB)

第8表月別・市区町村別動態推移(エクセル:92KB)

第9表県外との移動(千葉県)(エクセル:28KB)

第10表市区町村別県内からの転入(エクセル:281KB)

第11表市区町村別平成22年国勢調査と平成17年国勢調査を基準とした平成22年10月1日現在推計値との差異(エクセル:30KB)

 付録

年次別人口増加数及び動態別増加数等の推移(昭和36年~平成22年)(エクセル:24KB)

都道府県別人口推移(10月1日現在)(エクセル:30KB)

全国年齢別人口(平成22年10月1日現在)(エクセル:31KB)

千葉県年齢別人口(平成22年10月1日現在)(エクセル:25KB)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部統計課人口班

電話番号:043-223-2223

ファックス番号:043-227-4458

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?