ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年3月14日

ページ番号:15223

8.桜をめでるみち

関東ふれあいの道(千葉県)8

コース概要

雄蛇ヶ池

JR東金駅から県立九十九里自然公園の飛地でもあり桜の名所として知られる八鶴湖を通り雄蛇ヶ池に向かいます。この雄蛇ヶ池は緑の丘陵に囲まれた静かな湖で、ハイキングやふな釣り地として親しまれています。さらにここから田畑と山林の多いのんびりした田舎の景色を見ながら歩きつづけると千葉市へと入り土気の街並みに至ります。

距離・所要時間

コース概略図

案内板路傍休憩地トイレ駐車場

見どころ

八鶴湖

三方を丘陵に囲まれた小さな湖。湖畔の桜がみごとで、花の名所として知られており、4月上旬には夜桜見物などの人出で賑わいます。またボート遊びも楽しめます。湖の東岸に最福寺、西岸に本漸寺などの古刹があります。

日吉神社

日吉神社は大同2年(807年)僧、最澄が最福寺の建立の際に、近江国坂本村の日吉神社の分霊を上総国山辺都岡山郷辺田方村鴇嶺に祀ったのが最初といわれています。嘉慶元年(1387年)城主酒井定隆により鴇嶺城の鬼門守護として現在地に移され、大豆谷外8区の総鎮守として崇敬されています。

チェックポイント

解説標識

位置:東金市
地点名:雄蛇ヶ池
撮影対象:解説標識

 

コースマップ

 

前のページコース一覧へ次のページ

お問い合わせ

所属課室:環境生活部自然保護課施設管理班

電話番号:043-223-2971

ファックス番号:043-225-1630

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?