• 病院紹介
  • 病院ご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年8月22日

患者さんのご紹介に関する各診療科の方針

消化器内科

主な診療対象は、逆流性食道炎、食道動脈瘤などの食道疾患、潰瘍性大腸炎などの消化器疾患、肝炎、肝硬変、肝臓病などの肝臓疾患、胆石、膵炎などの胆道・膵臓疾患の内視鏡的治療などです。露口院長、中堀医療局長、杉田医師の3名の常勤医にて診療を行っており、患者さんの症状に応じて、有効かつ負担が少ない診療を行っております。

詳しくは、消化器内科のページ及び露口院長の挨拶のページをご覧ください。

外科

主な診療対象は、消化器外科(食道がん、直腸がん等)、肝胆膵外科(肝臓がん、胆管がん、胆嚢がん、膵臓がん、十二指腸がん等)、乳がん、そけいヘルニア、肛門部疾患です。患者さんの状態に応じた過不足無い手術を基本方針とし、日進月歩の医療の中で、常に新しく、低侵襲の医療を心がけております。

詳しくは、外科のページ乳腺外来のページをご覧ください。

緩和ケア外来

基本的にはどのような疾患であっても、緩和ケア対象の患者さんであれば、お受けする方針です。患者さんをご紹介頂ける医療機関の皆様におかれましては、下記につき、事前にご留意頂ければと思います。

心肺蘇生(DNR)について

基本的に当院では「心肺蘇生は行わない」ということを、患者さんやご家族へご説明頂ければと思います。

当院へ転院されてからも、病態の急速な進行や全身状態の悪化により、急変し亡くなる可能性があります。心肺停止状態の場合、心肺蘇生を実施しても救命の可能性は高くありません。心肺蘇生をしない場合、看取りの医療として、苦しみを和らげる緩和医療を実施します。

予後告知について

予後3か月という告知の患者さんが、転院後急変し数日または数週間で死亡されるケースや、反対に状態が安定し、予後判定期間以上生存しているケースなどもございます。予後については、それぞれの医療機関の担当医から具体的な数字を出して患者さんやご家族に説明されることがほとんどであると思いますが、その際に、予後については確定的ではなく、あくまでも目安の期間であることを患者さんやご家族に理解していただけるよう、十分な説明をお願いします。

療養が長期間に及ぶことが見込まれる場合

当院は急性期病院であり、緩和ケア病棟がありません。患者さんをお受けする場合は、一般病棟でコントロールします。幸いにも、治療やケアが奏効し、数か月単位で状態の安定が見込まれるケースや、在宅で看取りをご希望される場合は、訪問看護等を導入し、在宅療養を支援させていただいております。その際は、地域包括ケア病棟で準備を整えさせていただく場合もございます。

また、在宅療養が難しい患者さんについては、療養型病院等の他施設をご紹介させていただく場合があります。

緩和ケアサポートチームについて

当院では、医師、緩和ケア認定看護師、訪問看護師、看護師、薬剤師、理学療法士、MSW、カウンセラー、NSTにより構成される、緩和ケアサポートチームが活動を行っております。

上記のメンバーでラウンドを行い、より良い治療やケアが実施できるようサポートしております。

詳しくは、緩和ケア外来のページをご覧ください。

整形外科

当科では、上位頸椎から足の先まで、そして関節リウマチ、痛風などの代謝性疾患、外傷治療など、ほとんど全ての整形外科疾患に対応しています。

診断は単純レントゲンのほか、必要に応じてCT、MRIも用いながら、迅速に検査ができる対応を心がけております。また、手術も行っており、術後はできるだけ早期にリハビリテーションを行い、身体機能の再建・社会復帰を目標としています。

詳しくは、整形外科のページ整形外科(専門外来)のページをご覧ください。

小児科

当科では、一般的な小児科疾患に対応しております。成田赤十字病院の医師が外来診察を行っており、より高度な対応が必要と判断した場合は、成田赤十字病院にて検査・治療を行います。

なお、予防接種及び小児科循環器疾患(学校の検診等で心臓疾患が疑われる場合)には対応しておりませんので、成田赤十字病院など、専門医の受診をお願いします。

また、外来診療のみのため、入院対応はできません。

詳しくは、小児科のページをご覧ください。

脳神経外科

主な診療対象は、脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、未破裂脳動脈瘤等)、頭部外傷(軽微なもの、頭蓋骨骨折、急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、慢性硬膜下血腫等)、脳腫瘍、頭痛や手のしびれなどの一般的症状です。この他、てんかん、頸動脈ステントの専門外来も設けております。

なお、緊急の開頭手術や特殊治療が必要となる場合は、近隣の脳神経外科施設や専門医療機関への紹介をさせて頂きます。

急性期治療が終了した後は、リハビリテーション病院への転院や、施設入所の必要性について、患者さん及びご家族の方と御相談させて頂きます。また、慢性期の通院経過治療を、かかりつけの開業医の先生にお願いする場合もございますので、ご理解いただけますよう、よろしくお願い致します。

詳しくは、脳神経外科のページをご覧ください。

婦人科

当科では、一般的な婦人科疾患に対応しております。

なお、対応困難な方については、他院に紹介させて頂いております。また、外来診療のみのため、入院対応はできません。

詳しくは、婦人科のページをご覧ください。

泌尿器科

当科では、一般的な泌尿器科疾患(前立腺疾患、膀胱疾患、男性生殖器疾患、尿路結石症、尿路感染症、神経因性膀胱など)に対応しており、手術適応の患者については、手術及び入院治療も行っています。

詳しくは、泌尿器科のページをご覧ください。

皮膚科

当科では、皮膚炎、水疱症、水虫・疥癬・蜂窩織炎などの感染症、皮膚腫瘍の治療を行っています。また、日帰り可能な皮膚手術も行っております。

なお、重症薬疹、血行再建の必要な末梢動脈疾患及びパッチテストには対応しておりません。

詳しくは、皮膚科のページをご覧ください。

耳鼻咽喉科

当科では、一般的な耳鼻咽喉科疾患に対応しております。

なお、頚部膿瘍、気道閉塞、気道異物や、緊急手術には対応しておりません。また、外来診療のみのため、入院対応はできません。

詳しくは、耳鼻咽喉科のページをご覧ください。

歯科

当科では、う蝕、歯周病、補綴治療(クラウンや義歯)などの一般歯科治療のほか、口腔顎顔面領域に生じる粘膜疾患、腫瘍、嚢胞病変、顎骨炎などの歯性感染症、顎骨骨折などの顎顔面外傷、顎関節疾患、埋伏智歯などの難抜歯、唾液腺疾患など幅広く扱っております。

また、一般歯科診療所では治療困難な全身疾患や心身障害を持つ患者様の歯科治療も行っております。

なお、保険外診療については対応しておりません。また、当院で治療が困難な症例については、千葉大学医学部附属病院や成田赤十字病院、旭中央病院などの3次医療機関と連携を取って治療にあたります。

詳しくは、歯科のページをご覧ください。

精神科

当科では、精神障害、統合失調症、うつ・そううつ、認知症(周辺症状のコントロール)、神経症(不安障害・脅迫)、発達障害など、一般的な精神科疾患に対応しております。ただし、外来診療のみのため、入院診療はできません。

また、アルコール依存症、薬物(違法)依存、摂食障害には対応しておりません。精神科指定医のため、他科や開業医での対応が可能な患者さんについては、他科を紹介、または受診をお受けできない場合がありますので、御了承ください。