ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年6月3日

ページ番号:13024

主要設備(電位差自動滴定装置):産業支援技術研究所・加曽利庁舎

機器設備の概要、型番など

概要

モール法により食品中の食塩分、酸塩基滴定により食品中の酸度を電位差で定量する自動滴定装置です。

製造者

京都電子工業株式会社

型番

AT-710S及びCHA-600

導入年度

2018

備考

  • 分析などに要する消耗品は、原則持ち込みとなります(または相当額の消耗品を購入していただきます)。
  • ガラス器具や攪拌子などは当所のものをお使いいただけます。

主な仕様及び性能

機器設備の仕様など

構成

制御装置本体(タッチパネル式)、ビュレット駆動部、電極部(銀検出電極等)、プリンター、オートサンプラー

電位差自動滴定装置外観

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業支援技術研究所食品・化学技術室

電話番号:043-231-4346

ファックス番号:043-233-4861

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?