ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年3月23日

主要設備(冷熱衝撃装置):産業支援技術研究所・天台庁舎

機器設備の概要、型番など

概要

高温と低温環境を短時間で交互に繰り返し、電子部品・電子機器等の急激な温度変化における信頼性試験を行う装置です。
導体抵抗評価装置と連動させることで、導体部における短絡や剥離の進行をリアルタイムで検証できます。

製造者

エスペック株式会社

型番

TSE-12-A,AMR-040-UD

導入年度

2017

備考

※この機器設備は、平成28年度経済産業省補正予算「地域新成長産業創出促進事業費補助金」(地域未来投資の活性化のための基盤強化事業)により導入しました。

主な仕様及び性能

切り替え方式

試験槽昇降2ゾーン方式

高温制御範囲

+60~+200℃

低温制御範囲

-65~0℃

抵抗測定範囲

1mΩ~1000kΩ

試験槽寸法

W320×H148×D230mm

冷熱衝撃装置

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業支援技術研究所生産技術室

電話番号:043-252-2102

ファックス番号:043-254-6555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?