サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年12月7日

主要設備(レーザードップラ式非接触振動計):産業支援技術研究所・天台庁舎

機器設備の概要、型番など

概要

光のドップラ効果を応用した測定機で、振動している測定ポイントにレーザー光を照射して、反射光波長の変化を高精度に検出し、測定ポイントの振幅が変化する速度を計測します。
無負荷・非接触で振幅速度が測定でき、接触式では困難な高速、高周波、透明、薄膜、極微小物体の振動が計測ができます。

製造者

株式会社小野測器

型番

LV-1800(本体),DS-3000(FFTアナライザ)

導入年度

2017

備考

※この機器設備は公益財団法人JKAの競輪・オートレース売上金による機械振興補助事業により整備しました。

競輪&オートレースの補助事業へのリンク外部サイトへのリンク

オートレースへのリンク外部サイトへのリンク

主な仕様及び性能

■レーザードップラ式非接触振動計(本体)

製造者

株式会社小野測器

型式

LV-1800

レーザー光源

He-Neレーザー(λ=約632.8nm)

周波数範囲 0.3Hz~3MHz
最大検出速度 10m/s(zero to peak)(20m/s(peak to peak))
最小速度分解能 0.3μm/s
■FFTアナライザ

製造者

株式会社小野測器

型式

DS-3000

周波数範囲

DC~40kHz

レーザードップラ式非接触振動

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業支援技術研究所生産技術室

電話番号:043-252-2102

ファックス番号:043-254-6555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?