ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年3月23日

主要設備(ガスクロマトグラフ):産業支援技術研究所・加曽利庁舎

概要他一覧

概要

気体中に含まれる成分を分離・検出する装置です。気化させることが可能であれば、液体中に含まれる成分も測定することが可能です。

特徴

  • 1台でパックドカラムとキャピラリカラムの両方が使用可能

それぞれのカラムの利点を活かした選択が可能。電子式フローコントローラを標準搭載し、両カラムでキャリアガス流量のデジタル制御が可能。

  • FTD及びTCDの2種類の検出器が使用可能

ほとんどの有機物を高感度に検出可能なFID検出器と無機ガスを含む多種類の成分を検出可能なTCD検出器を搭載し、測定対象に応じて使い分けることが可能。

製造者
株式会社島津製作所
型番
GC-2014
導入年度
2014
備考

機器設備利用の場合、分離カラムは使用される方が御用意ください。

この設備は公益財団法人JKA外部サイトへのリンクのオートレース売上金による補助事業(平成26年度機械工業振興補助事業)により整備しました。
JKA外部サイトへのリンク

主な仕様及び性能

カラムオーブン

温度範囲室温+10℃~400℃

プログラム段数20段

検出器ユニット

水素イオン検出器(FID)、熱伝導検出器(TCD)

※デュアル流路対応

キャリアガス流量制御

パックド用0~100mL/min

キャピラリ用0~1200mL/min

オートサンプラ 試料最大数150個(1.5mL試料ビン)

GC

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業支援技術研究所食品・化学技術室

電話番号:043-231-4346

ファックス番号:043-233-4861

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?