サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年3月23日

主要設備(X線回折装置):産業支援技術研究所・天台庁舎

機器設備の概要、型番など

概要

粉末等の多結晶試料に対しX線を照射し、Braggの回折条件により結晶の格子間隔を求めることにより、試料中分子の結合状態等の情報を得ることができます。

本装置は大型X-Y-Z-φ-ψの5軸ステージを持ち、0.05mmのコリメータを利用できるため、大型試料の微小部の測定が可能である。また、2次元検出器を持つためデバイ環の観察も可能です。

製造者

ブルカー・エイエックスエス株式会社

型番

D8_DISCOVER

導入年度

2012

備考

この設備は財団法人JKA外部サイトへのリンクのオートレース売上金による補助事業(平成24年度機械工業振興補助事業)により整備しました。

オートレース外部サイトへのリンク

主な仕様及び性能

機器設備の仕様など

管球

セラミックス封入型X線管球(Cu)

検出器

  • モノクロメーター付きシンチレーション検出器
  • 高速半導体1次元検出器:LYNXEYE-XE
  • 大型2次元検出器:VANTEC-500

試料ステージ

  • X-Y軸:±50mm
  • Z軸:50mm
  • φ軸:±∞
  • ψ軸::-5~55°

X線回折装置の様子

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業支援技術研究所材料技術室

電話番号:043-252-2106

ファックス番号:043-254-6555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?