ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年8月2日

ページ番号:914

ちばのふるさと料理-太巻き寿司(祝)

七五三や喜寿など、各種の祝の時「祝」の文字を入れて、料理をひきたたせます。

太巻き寿司(祝)写真

【材料:1本分】

  • すしめし--------600g
  • 卵焼き----------1枚
  • のり------------3枚
  • かんぴょう(茶)--約70g
  • 山ごぼう--------2本

巻き方

  1. のり3枚を(1)1/3、2/3、(2)1/2、1/2、(3)1/4、1/4、1/3に切ります。
  2. 1/3、2/3、1/2、1/3ののりで、文字になる部分を作るためにそれぞれ2つ折りにし、煮たかんぴょうをはさみます。
    1/4、1/4ののりは「、」を作るために山ごぼうを芯にして巻きます。
  3. 1/2ののりを巻き簾の上におき、かんぴょうを一列に並べ、すし飯をおいて四角の細巻きを作ります。
  4. 文字を作ります。
    • (1)巻き簾に卵焼きをおき、中心8~9cm巾にすし飯を広げます。
    • (2)中央より1cm手前に凹をつけ、1/4ののりで巻いた山ごぼうをはめこみ、すし飯をうすくのせて平らにならします。
    • (3)2/3ののりの折り目(輸)を手前にして山ごぼうの上にのせ、手前に折り、折り目の内側にすし飯をおき、のりを手前にたおします。
    • (4)卵の中央部より1cm向こう側に四角の細巻きをのせます。
    • (5)両方の間にすし飯を入れ、1/3ののりを垂直に立てます。
    • (6)1/3の山ごぼうで「ネ」の「,」をつくり、すし飯を補います。
    • (7)四角細巻きの上、手前半分にすし飯をおいて、1/3ののりをやや手前に倒しながら立てます。
    • (8)すし飯を補いながら1/2ののりを向う側に立て先を折ります。
  5. すし飯を補い、形を整え巻き上げます。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部担い手支援課専門普及指導室

電話番号:043-223-2911

ファックス番号:043-201-2615

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?