サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年2月9日

(大多喜町)石神のモチノキ

内容

総元(ふさもと)の石神(いしがみ)地区に小さな八幡(はちまん)神社がある。むかし、この境内(けいだい)にモチノキがあった。大きく枝を広げ、春になると鳥や虫がたくさん集まってくる、大きな大きなモチノキだった。このモチノキにこんな話が伝わっている。

 

むかし、むかし、モチノキの下での農夫たちが昼食をとっていた。

「冷てえー」

若者が額(ひたい)をおさえた。

「あれー、糞(くそ)だ。鳥の糞だ」

若い農夫は立ち上がって木を見上げた。鳥が尾をふりながらピーピー鳴いている。

「このやろう。よくもやったな」

若者が怒鳴(どな)ると、鳥は首をふってピーピー鳴いた。

「鳥にバカにされたハハハ・・・」

笑いが起きた。若者は怒(おこ)って石を投げつけた。鳥に当たらず、枝に当たって落ちた。またピーピーと首を振って鳴いた。

突然、若者は木の登りはじめた。

「やめろ。この木は神様のいる木だぞ。やめろ、やめろ」

「罰(ばち)があたるぞ、降りろ降りろ」

古老が止めた。

「罰なんか当たるもんか。迷信(めいしん)に決まっている」

途中の枝から叫んだ。もう少しで鳥に手が届く、その時だ。

「助けてくれー、しびれる」

若者が絶叫(ぜっきょう)した。

「すぐに降りろ、降りろ」

木下でみんなが叫ぶ。しかし、若者はワナワナふるえながら泣いているだけだ。そこで一人の男が助けようと登った。途中まで登ると、突然はじき飛ばされ地面にたたきつけられた。次に別の男が登ったが飛ばされて落ちた。

「お助けください。お助けください。もう、登りません」

木の下で見守る農夫達も、木の上の若者も哀願(あいがん)した。

しばらくして、若者は泣きじゃくりながら降りてきた。

 

この事件の後、石神の人たちはこのモチノキを以前より一層大事にした。しめ縄を張り御神酒(おみき)を供(そな)え、崇(あが)めた。そばを通るときには深々と頭を下げ、五穀豊穣(ごこくほうじょう)や家内安全を祈った。

しかし、木の老朽化と道路拡張のため平成三年八月一日に切り倒された。今は切り株だけが、昔この地にモチノキの大木があったことを伝えている。

おしまい

 

出典・問い合わせ先

  • 出典:「広報おおたきNo.423」(「ふるさと民話さんぽ」斉藤弥四郎)
  • 問い合わせ先:大多喜町外部サイトへのリンク

ページの先頭へ戻る

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化振興班

電話番号:043-223-2406

ファックス番号:043-221-5858

※内容については、お手数ですが「問い合わせ先」の各市町村へお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?