サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年2月9日

(大多喜町)村正の池

内容

むかし、むかし、正宗(まさむね)という刀をつくる名匠(めいしょう)がいました。年を重ねるにつれて、自分のつくった刀で大勢の人が命をなくしたことを悔(く)いるようになりました。そこで諸国の寺や神社をめぐって、死んだ人の冥福(めいふく)を祈りました。

ある年のことです。笠森観音(かさもりかんのん)を参拝し、誕生寺(たんじょうじ)に行くとちゅうに大多喜の城下に宿をとりました。

夕食もおえて、ふろにはいった時でした。

テーン カーン テーン カーン

刀をうつ音が聞こえてきました。

「なかなかやりおるわい。しかしあいもかわらずすさんでおるな」とつぶやきました。

 

あくる朝、正宗(まさむね)は宿の主人に言いました。

「昨夜、この近くで刀をうっていた刀鍛冶(かたなかじ)に伝えてくだされ。鎚(つち)の入れ方が荒すぎる。ことに止めの鎚(つち)一本は荒すぎる。内側三寸のところにひびが入っている。刀うちは心でうたなくてはならぬとな」

「は、はい・・・」

宿の主人は、老人を送りだすと若者の所に行き、老人のことばを伝えました。若者は怒ったのなんのといったらありません。

「なに、旅のおいぼれにおれの腕がわかるもんか。ようし、昨夜うったこの刀をためしてやろうじゃないか」

若者は昨夜つくった刀を持って、旅の老人をおいかけました。

 

ちょうど円照寺(えんしょうじ)の入り口にさしかかった時でした。旅の老人に

「きさまか、おれの刀うちがまずいっていったのは。これが昨夜うった刀だ。受けてみろ」

叫びながら切りかかりました。

正宗(まさむね)はふりかえると、鉄のつえで刀を受け止めました。するとカチンという音とともに、内側三寸で折れ、そばの池に落ちました。

「村正(むらまさ)、まだわからぬか。心がすさんでおるのが」

旅の老人は、あみがさをとりながらいいました。

「先生。正宗(まさむね)先生ではございませんか。お許しを・・・」

「人の忠告を素直にきけぬか。このおろかものめ」

若者は正宗(まさむね)の一番弟子でした。しかし、村正(むらまさ)は自分の腕のよいのにおぼれ、生活がみだれ、破門させられていたのでした。村正(むらまさ)は自分の未熟さを恥(は)じ、その場で泣きじゃくりました。

「口惜(くや)しいか。口惜(くや)しければ、心をあらため名刀をうつのじゃ。心でうつのじゃ。心でじゃ・・・」

そう言い残すと、旅の老人正宗(まさむね)は勝浦方面にむかって、何事もなかったように歩いて行きました。

このことがあってから、この池は月夜の晩にはキラキラキラキラ光ったそうです。後にこの池は「村正の池」とよばれるようになりました。

おしまい

 

出典・問い合わせ先

  • 出典:「広報おおたきNo.421」(「ふるさと民話さんぽ」斉藤弥四郎)
  • 問い合わせ先:大多喜町外部サイトへのリンク 

ページの先頭へ戻る

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化振興班

電話番号:043-223-2406

ファックス番号:043-221-5858

※内容については、お手数ですが「問い合わせ先」の各市町村へお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?