ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年6月22日

ページ番号:6676

伝工:紐・刺繍

江戸組紐(えどくみひも)

市町村名

松戸市

製作者名

中村航太(なかむらこうた)

紹介文

組紐は、奈良時代に中国より仏教文化と供に渡来し、我が国独特の技術の発展により、日本組紐として優美な紐がつくられるようになりました。
中村さんは、松戸市内で約120年の歴史を持つ組紐づくりの四代目として、「手組み・正絹・日本製」にこだわり技術を受け継いでいます。

画像

江戸組紐中村航太

下総組紐(しもうさくみひも)

市町村名

佐倉市

製作者名

久田美智子(ひさだみちこ)

紹介文

組紐は、奈良時代に中国より仏教文化と供に渡来し、我が国独特の技術の発展により、日本組紐として優美な紐がつくられるようになりました。
久田さんは、昭和59年度に県指定を受けた実父の久松さんの下で修業を重ね、二代目としてその技術を受け継いでいます。各種工芸品展などでの入賞経験もあります。

画像

下総組紐久田美智子

お問い合わせ

所属課室:商工労働部観光企画課観光事業・団体支援班

電話番号:043-223-2416

ファックス番号:043-225-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?