ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月9日

国民健康保険制度改革について

平成27年5月27日に「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法の一部を改正する法律」が成立しました。

この法律は、「持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法律」に基づく措置として、持続可能な医療保険制度を構築するため、国保を始めとする医療保険制度の財政基盤の安定化、負担の公平化等の措置を講ずるものです。

これにより、平成30年度から、次のとおり国民健康保険制度が改革されることとなりました。

制度改革の概要

現在は市町村が個別に国保運営を行っていますが、平成30年度からは都道府県が財政運営の責任主体となり、市町村とともに国保運営を担うことになります。都道府県は都道府県内の統一的な運営方針である「国保運営方針」を平成29年度末までに定めることとされています。

市町村は、地域住民と身近な関係の中、資格管理(被保険者証の発行など)や保険料(税)率の決定、保険料(税)の賦課・徴収、保険給付、保健事業など、地域におけるきめ細かい事業を引き続き行います。

千葉県国民健康保険運営協議会

千葉県では、平成30年4月1日から財政運営の責任主体となることに伴い、国民健康保険運営方針等の重要事項の審議を行うため、新たに千葉県国民健康保険運営協議会を設置しました。

千葉県国保運営方針等連携会議

千葉県では、国保運営方針の作成及び制度改革の実現に向けて、千葉県と県内市町村(代表15市町村)、千葉県国民健康保険団体連合会が定期的に協議を行うため、千葉県国保運営方針等連携会議を設置しています。

市町村別の標準保険料の試算結果について

国の示す一定の条件下で、平成30年度の予算編成や保険料の急激な上昇を抑制させる激変緩和措置について市町村と協議するため、国通知に基づき平成29年度予算による標準保険料の試算を行いました。

「市町村別の標準保険料の試算結果」のページへ

千葉県国民健康保険運営方針(骨子案)に関する意見募集

千葉県国民健康保険運営方針(骨子案)に関する意見募集は終了しました。提出いただいた御意見等を参考に、国民健康保険運営方針の策定に向けた検討を進めていきます。

「千葉県国民健康保険運営方針(骨子案)に関する意見募集」のページへ

千葉県国民健康保険財政安定化基金

平成30年度から都道府県が財政運営の責任主体となることから、国民健康保険の財政の安定化を図るため、国の補助を受け、国民健康保険財政安定化基金を設置しました。

制度改革に関するご意見・お問い合わせ

制度改革に関するご意見等を募集しています。ご意見等がございましたら、下記「お問い合わせ」の保険指導課国保広域化準備室までお願いいたします。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部保険指導課国保広域化準備室

電話番号:043-223-2591

ファックス番号:043-221-5769

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?