ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年7月5日

ちばの木材

ちばの木(県産材)利用への取組について

森林の持つ水源のかん養、山地災害の防止、地球温暖化防止等の公益的機能が十分に発揮されるためには、適切な生産活動を通じて生産された県産材を消費し、林業・木材産業の活性化を図り、森林の循環利用を促進していくことが重要です。

そのため、ちばの木の需要拡大を図り、ちばの森林を守り育んでいきます。

公共建築物等への木材利用

千葉県内の公共建築物等における木材利用促進方針

千葉県では、木材利用促進法第8条第1項の規定に基づく「千葉県内の公共建築物等における木材利用促進方針」を平成23年3月31日に策定しました。

この方針は、公共建築物等における木材利用を促進することで、森林資源の循環利用を図り、千葉県内の森林の整備を進めていこうとするものです。

公共建築物の設置する木材利用促進法第8条第1項の規定に基づく方をはじめ、県民の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

千葉県内の公共建築物等における木材利用促進方針の策定

市町村の公共建築物等における木材利用促進方針

市町村では、木材利用促進法第9条第1項の規定により、市町村の木材利用促進方針を定めることができます。

県内では、平成30年6月30日までに下記の33市町村において方針が策定されています。

  • 八千代市(平成30年5月24日策定)
  • 佐倉市(平成30年3月30日策定)
  • 御宿町(平成30年2月13日策定)
  • 神崎町(平成30年2月1日策定)
  • いすみ市(平成29年12月8日策定)
  • 東庄町(平成29年12月15日策定)
  • 九十九里町(平成29年9月1日策定)
  • 芝山町(平成29年6月9日策定)
  • 多古町(平成28年12月1日策定)
  • 君津市(平成28年7月1日策定)
  • 匝瑳市(平成28年3月25日策定)
  • 大網白里市(平成28年3月23日策定)
  • 館山市(平成27年5月22日策定)
  • 鴨川市(平成26年12月22日策定)
  • 勝浦市(平成26年8月6日策定)
  • 銚子市(平成26年8月1日策定)
  • 木更津市(平成26年4月25日策定外部サイトへのリンク
  • 千葉市(平成26年3月25日策定)
  • 富里市(平成26年2月1日策定)
  • 印西市(平成26年1月28日策定)
  • 横芝光町(平成25年4月1日策定)
  • 南房総市(平成25年4月1日策定)
  • 富津市(平成25年3月7日策定)外部サイトへのリンク
  • 茂原市(平成24年11月28日策定)外部サイトへのリンク
  • 香取市(平成24年11月28日策定)
  • 山武市(平成24年11月28日策定)外部サイトへのリンク
  • 一宮町(平成24年11月28日策定)
  • 睦沢町(平成24年11月28日策定)
  • 長生村(平成24年11月28日策定)
  • 白子町(平成24年11月28日策定)外部サイトへのリンク
  • 長柄町(平成24年11月28日策定)
  • 長南町(平成24年11月28日策定)
  • 鋸南町(平成24年11月28日策定)

ちばの木の香る街づくり推進事業

公共建築物や多くの県民が利用する展示効果の高い民間施設において、県産木材を使用した内装等の木質化や木製品の設置に係る経費を支援することにより、県産木材の利用促進を図ります。

県産木材を使用した内装や木製品の設置に係る補助金の募集の開始について

住宅への木材利用

ちばの木の家づくり推奨店木造住宅1

ちばの木認証センターでは、サンブスギに代表される千葉県産木材(ちばの木)を使用した木造住宅の需要を拡大するため、「ちばの木の家づくり」を実践する工務店等を「ちばの木の家づくり推奨店」として認定しています。
「地元の木で家をつくりたいけれど、どこに頼めばよいのかわからない。」という方はお近くの推奨店を訪ねてみてはいかがですか。

ちばの木の家づくり推奨店外部サイトへのリンク

ちばの木で住まいづくり支援事業

木造住宅への県産木材の利用促進(住まいづくりの千産千消)を図るため、県産木材を一定量以上使用した木造住宅の新築に要する木材購入費用への助成事業を行う木材団体(ちばの木認証センター)に対して助成を行っています。

詳細は、ちばの木認証センターへお問い合わせください。

ちばの木認証センター(千葉県木材振興協会)外部サイトへのリンク
電話番号:0475-53-2611

ちばの木に関する制度

ちばの木認証制度木材1

公共事業における木材利用の促進や消費者の環境・健康志向など、県産材利用のニーズが高まってきていることから、産地の明確な木材及び木材製品の供給が求められています。
また、違法伐採対策として、政府及び県等の調達の対象を合法性・持続可能性が証明された木材及び木材製品とする措置が導入されたことから、これらの証明制度が必要とされています。
そこで、ちばの木認証センターでは、産地及び合法性等の証明を併せて行い、法令等の手続が適切に行われた千葉県産の木材及び木材製品を「ちばの木」として認証することにより、「千産千消」として県産材の利用拡大を図っています。

ちばの木認証センター(千葉県木材振興協会)外部サイトへのリンク

美しいちばの森林づくり「ちばの木づかい」CO2固定量認証制度

県では、県産木材の住宅利用によるCO2固定量を認証することで、県産木材の利用を推進するとともに、県民の皆様に森林や地球環境の保全に対する認識を深めていただく契機とするため、「ちばの木づかい」CO2固定量認証制度を創設しました。

美しいちばの森林づくり「ちばの木づかい」CO2固定量認証制度

その他の木材利用

木質バイオマス

木質バイオマスの林地残材の効果的な収集、搬出について実証し、普及を図るとともに、間伐材等から生産された薪等の供給体制を整備し、施設園芸用暖房機等の導入に向けた取組を支援しています。

木育

木育(もくいく)とは、木に対する親しみや木の文化への理解を深め、材料としての木材の良さやその利用の意義を学ぶことです。県内では、木工技術出前授業による授業や林業普及指導員による林業体験の指導をとおして、子供たちに森林・林業・木材の大切さを伝えています。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部森林課林業振興室

電話番号:043-223-2966

ファックス番号:043-225-7448

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?