サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 県のご案内 > 県のプロフィール > 県民の日 > 9.水辺のくらし-ふさの国の絶景いま・むかし

更新日:平成29(2017)年5月10日

9.水辺のくらし-ふさの国の絶景いま・むかし

三方を海で囲まれた千葉県は、昔から海と関わりながら暮らしてきました。

浦安から富津にかけての東京湾沿岸では、かつては漁や海苔の養殖、潮干狩りの風景を日常的に見ることができましたが、京葉工業地域や都市化による海岸線の埋め立てや、東京湾アクアラインの建設によって様変わりしました。

大都市江戸・東京に鮮魚を提供することで発達した東京湾の漁業は、アサリ、海苔、穴子など”江戸前”ブランドとして今でも浦安市、木更津市、富津市周辺で行われています。

また、潮干狩りや海水浴、サーフィン、釣りなどのレジャーやマリンスポーツも県内各地で盛んに行われており、人々はさまざまな形で海と親しみ、海の恵みを受けています。

潮干狩り

 

前のページ次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化振興班

電話番号:043-223-2406

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?