サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 県のご案内 > 県のプロフィール > 県民の日 > 16.盛んな醸造業(しょうゆ・酒・みりん)-ふさの国のたからもの

更新日:平成29(2017)年5月10日

16.盛んな醸造業(しょうゆ・酒・みりん)-ふさの国のたからもの

日本の代表的な調味料であるしょうゆは、大豆、小麦、塩を主な原料として造られます。

江戸時代から明治時代にかけて、利根川・江戸川の水運を利用することにより、原料の調達と大消費地である江戸・東京への製品の輸送ができた銚子市と野田市では、しょうゆ造りが特に発達しました。

現在、千葉県のしょうゆ生産量は全国1位であり、国内はもとより、海外へも輸出されています。

酒とみりんは、米と水が原料であり、こちらも水運を利用した豊富かつ良質な原料の調達と製品の運搬ができた地域で、その生産が発達しました。

名水の産地である君津市久留里をはじめ、県内各地には40軒以上の酒蔵があり、こだわりの酒を造り続けています。

しょうゆ醸造所

 

前のページ次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化振興班

電話番号:043-223-2406

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?